マシュ・キリエライト





「まだまだ未熟なサーヴァントですが、先輩の力になれるよう努力します」

プロフィール

 真名(本名):マシュ・キリエライト
 性別:女性
 身長:158cm
 体重:46kg
 出典:『Fate/Grand Order』
 地域:カルデア
 属性:秩序・善
 分類:地

 筋力:C 耐久:A 敏捷:D 魔力:C 幸運:B 宝具:―

TYPE-MOONのFateシリーズのソーシャルゲーム『Fate/Grand Order』(以降「FGO」)の登場人物。事実上の本作メインヒロイン。
CVは初期は種田梨沙氏だったが病気療養のため途中から高橋李依氏に変更になっている。

同作における人類史の存続を主目的とする魔術師達の組織「人理継続保障機関フィニス・カルデア」に所属する一人の少女。
魔術世界とはまったく縁のない一般人サンプル枠で奇跡的に採用され、日本からやってきた主人公と最初のコンタクトを取った機関の人間であり、
同作における最初に仲間となる戦力、シールダー(盾使い)のサーヴァント。

サーヴァントとはいうものの、他のサーヴァント達が基本的には過去等の著名な神話の英雄歴史の偉人の魂を英霊の座から呼び寄せ、
魔力で霊基を組み上げ現界している言わば霊の類なのに対し、彼女は実の肉体があり、れっきとした現代人である。
これはある事情でとある英霊の霊基と肉体が融合した結果であり、作中ではデミ・サーヴァントという区分にされている。
戦闘時に使う盾や鎧等はその英霊由来のものであり、彼女自身は魔術知識がそれなりにあるだけの普通の女性。

主人公のことはサーヴァントである以上「マスター」とも呼ぶが、
「自分に外の世界の様々なことを教えてくれる、人生の先輩」というニュアンスで「先輩」と呼ぶことのほうが多い。
基本的にカルデアで生を受けて18年間外に出ておらず、世間の知識は機関内にあった本からの知識を除けばをまったく知らない。

何故か廊下の床で眠りこけていた主人公を相棒の謎の生物フォウと共に起こし、
機関の所長オルガマリー・アニムスフィアや魔術顧問のレフ・ライノール、医療顧問のDr.ロマンことロマニ・アーキマン等を紹介して回る。
そして同機関の観測機械である「疑似地球環境モデル・カルデアス」の「2017年以降の未来が観測されない」問題について、
48人のマスター候補が主人公を含めて投入され、物語が始まるはずだったのだが……。

+ マシュの半生及び力を預けた英霊について。本編六章以降のネタバレ

+ ネタバレっぽい余談

所謂「最初から貰えるゲーム上の戦力キャラ」であり、ストーリー上の主要人物の一人。
「シールダー」という存在自体はかつて『Fate/stay night』のほうでボツになったクラスでありサーヴァントのキャラクター。
(そちらではマスターを正当防衛で殺害、そのままマスター不在の結果暴走している「捨てられた子犬系キャラ」だったとマテリアル談)
5人編成(+フレンドからのサポートorゲストキャラクター一人)のパーティで戦うFGOだが、編成においてはパーティコストの概念があり(レシオ的なもの)、
サーヴァントはゲーム中のレア度が高くなればなるほど基本的にコストがかかる仕様だが、マシュはなんと「0」
また、他のサーヴァントが各種アイテムを消費してレベル上限を開放していくシステムを採用している本作において、
マシュのみはメインストーリーの進行に合わせて段階的にレベル上限が開放、宝具性能やビジュアル面も変化していく特徴がある。

ゲーム内ユニット性能としては見た目に違わない所謂盾役で、宝具およびスキルはすべて防御向けのもの。
スキル構成はパーティ全体防御力アップ+ダメージ一定量カットの「今は脆き雪花の盾」、
一ターン一人に無敵付与+NPゲージ(所謂必殺技ゲージ)獲得となる「時に煙る白亜の壁」、
そしてターゲット自身集中+NPゲージ獲得量アップの「奮い断つ決意の盾」。
宝具は「仮想宝具 疑似展開/人理の礎(ロード・カルデアス)」。これはマシュ自身が自分に憑いた英霊の正体をよく分かっていない為、仮称での宝具名。
六章にて英霊の正体が判明し、名称も変わる(上記のネタバレ折り畳み項参照)。
効果はパーティ全体防御力アップ+ダメージ一定量カットと、上記のスキルの一つをちょっと強くした程度。
スキルと別個でタイミングを分けて使えば防御スキルの効果切れによる隙を見せづらくなる。
六章での英霊判明後は、更に味方への攻撃力アップ効果が付属する(自分は攻撃力アップはしない)。

御覧の通り完全に防御に特化しており、敵の強力な攻撃は決意の盾でターゲット集中してメインアタッカーを保護、
その自信の保護も白亜の壁で無敵をつけることで完全にやりすごすことも容易。
無敵貫通でやられそうになっても雪花の盾で防御自体を底上げして一定量ダメージをカットでしのぐ、
逆に防護貫通スキルで雪花の盾の防御アップ効果やダメージカットを素通りされそうになっても白亜の壁で防ぐ、と鉄壁の構成となっている。
また決意の盾はもう1つの効果であるNPゲージ獲得量アップも強力で、スキルLvを上げるとあっという間に宝具が打てるようになるので、
気軽に宝具をぶっ放してパーティーの防御力アップを付与していける。

このように仲間防御に特化したその性能や先述した編成コスト、クラス相性の関係で固定パーティが組みづらいゲームバランスから、
初心者から上級者に至るまで、彼女を組み込んだパーティーの活躍の場は非常に多い。
レア度の高いサーヴァントばかりの編成にしようとしてもコストパフォーマンスの良さからとりあえず入れておけば節約になるので
「とりあえずコスト削減でマシュ入れよう、邪魔になることはないし」と重宝するのは勿論、
高い防御性能を活かして筋肉モリモリでいかにも強そうだが実は紙装甲な男性バーサーカー達を保護する見た目ギャップの酷い編成、
コマンドカード構成からアーツカード(NPゲージを貯めるのに優れたコマンドカード)で染めたパーティーに投入、
回復要員を更に加えることで高速で宝具を回してひたすら耐久……等々、様々なパーティーで優秀な盾役として仕事をこなしてくれる。
特に一番最後のパーティーついては敵の耐久が跳ね上がって殺られる前に殺るのが難しい場面では有用で、
7章ではゲストキャラであるマーリン(セイバーの関係者である魔術師、無敵スキル+回復系宝具持ち)との組み合わせが非常に重宝される。
……そこ、安い女とか都合の良い女とか言わない!

本人は特に意識していないがなかなかの戦闘力のボディをしており(ネロ曰く「余には及ばぬがなかなか立派」)、
ユーザーからは「マシュマロボディ」等と茶化されたりもしている。
実は主人公にはパートナーという以上の感情、有体に言ってしまうと恋愛感情を抱いているのだが、本人はその自覚というか、
その感情がそういうものだとは2017年現在の最前線のシナリオでも未だ気付いていない
(メインライターたる奈須きのこは声優に「恋を知らない少女のイメージで」と演技指示したとか)。
主人公が女の場合まずくないか?というのは正直もう突っ込んだら負け状態である。

+ せーんぱい♪

余談だが、流行時期の近い『艦隊これくしょん~艦これ~』に登場する浜風とは
銀髪、髪型(どちらも右目を隠したボブヘアー)、巨乳、物憂げな雰囲気などよく似ており、
「マシュは浜風がサーヴァント化したものではないか)」と冗談交じりに囁かれたり、
二次創作などでは衣装を入れ替えたり等されている。(通称:マシュ風、浜マシュ)
……身も蓋も無い事を言えば「似た髪型のキャラクター」というのは結構存在しており(例:魂魄妖夢)、
彼ら彼女らを混ぜ合わせてネタにされる事も少なくない。
浜風もMUGENで作られているので、そっくりさんネタのチームやタッグでの出番にも期待されている。

あと盾持ちだけど間違っても英霊の真名がキャプテンアメリカとかだったりはしない。


MUGENにおけるマシュ・キリエライト

へちょ氏による原作のスプライトを使用したものが公開されている。
原作の性能を意識してかシステムはアドバンシングガードやシールド等防御よりのシステムを搭載。
必殺技も当身や必殺技属性の攻撃を受け止めて前進する技など全体的に防御を意識した性能。
2ゲージ超必殺技「仮想宝具 擬似展開/人理の礎(ロード・カルデアス)」は展開中はゲージを消費し続けるが相手の攻撃を受け続けている限りゲージが増え無敵が続くという珍しい技。
3ゲージ技「いまは遥か理想の城」は今まで自分が受けたダメージを当て身で相手に返すという大技。
ただし一度使えばダメージ累積はリセットされ、無敵等で回避されてもリセットされるため使い所は難しい。
AIはデフォルトでは搭載されていないが、外部AIとしてちぃたま氏のものが公開中。

デフォルトで高橋版のボイスが同梱されているほか、コン氏によるボイスパッチも公開されている。
こちらは種田版と高橋版両方が入っており、後者は宝具音声が『FGO』本体の2017年7月更新で変更されたものに変わっている。

出場大会