間桐雁夜








「ああ、きっと会える。それはおじさんが約束してあげる」






   誕生日:3月22日
   血液型:AB型
   身長:173cm
   体重:55kg
   イメージカラー:青緑
   特技:文書作成
   好きなもの:小旅行、写真撮影
   苦手なもの:豪奢なもの
   天敵:間桐臓硯、遠坂時臣

『Fate/stay night』の過去を描いた作品『Fate/Zero』の登場人物。「まとう かりや」と読む。
ドラマCD及びアニメ版の声優は新垣樽助氏。


(Fate/Zero時点における)間桐家の次男で兄は間桐鶴野(まとうびゃくや)。間桐慎二、間桐桜にとっては叔父にあたる。
魔術師としての素質を全く持っていなかった兄に対し、並程であるが魔術師として才があった人物。
しかし、間桐の家の魔術体系のおぞましさに恐怖・嫌悪し、家出。そのまま実家と縁を切った。
しかし諸事情あって家に戻り、魔術師として突貫の施術を受け、第四次聖杯戦争にバーサーカーのマスターとして参戦することとなる。

+ 間桐雁夜の聖杯戦争参加まで(stay nightプレイ済みなら気にしないでいいネタバレ)

個人としての雁夜の能力は間桐家の翅刃蟲を呼び寄せて襲わせる程度(ただしこの蟲、牛骨すら噛み砕ける顎と鋭い刃のような翅をもっている)。
それどころか雁夜は上述通りの虚弱体質(食事は固形物すら摂取出来ない)の為、基本ひ弱な病人?である。
だが間桐家にあるまじき反骨精神とガッツの持ち主であり、実際信念の為に「死にそう」と散々身内に言われていたにもかかわらず、
物語終盤まで気力で生きている。
また、マスター適性はにわか仕立てにしては中々のもので、魔力消費の高いバーサーカークラスかつサーヴァント自身のランクの高さも加えると法外になる魔力の供給を、刻印蟲の力があったとはいえ終盤まで維持し続けたのは賞賛に値する。

+ Zero終盤までの雁夜の動向

+ 雁夜おじさんの型月界隈からの扱いとか

+ サーヴァント:バーサーカーについて軽く解説(真名バレ有)


MUGENにおける間桐雁夜

サクラ氏による風雲イリヤ城風手書きドットのものが公開されている。
というかカブトムシを多数飛ばして戦う、所謂弾幕キャラ。
ゲージ技としてバーサーカーも召喚できるが、原作通り使役中は体力が削れていく。その代わり攻撃が当たれば即死級のダメージとなる。
通常でも凶、12Pカラーでは狂上位にまで達する。
また原作再現?として相手には非常に弱体化する。
AIも常時起動のものがデフォルトで搭載されている。

出場大会


*1
その手に取ってさえしまえば他の英霊が所有している武器ですら「自らの宝具」として支配できる他、
本来なら英霊相手に全く威力を発揮しない近代兵器、果ては何の変哲もない金属棒ですら魔力で強化して武器とする事ができる。
劇中では切断された街灯に始まり短機関銃や対物ライフル、果てはF-15戦闘機までも宝具化して戦っていた。
F-15戦闘機が装備していたバルカン砲は特に気に入ったらしく、『Fate/Grand Order』にも持ち込んで本来の最終宝具であるアロンダイトを投げ捨ててぶっ放している。
但し、宝具化できるのはバーサーカー自身が「武器」として認識できる物に限られる。
丸太やお弁当の箸はギリギリ武器として使える認識のようだ