スレンダーマン


"We didn't want to go, we didn't want to kill them,

but its persistent silence and outstretched arms horrified and comforted us at the same time…

1983, photographer unknown, presumed dead."


(僕たちは行きたくなかったし、僕たちはみんなを殺したくなかったけれど、

あいつのいつまでも続く沈黙と伸ばされた腕は、僕たちを怯えさせながら同時に安楽にもさせた............

1983年、撮影者不明、撮影者は死亡したと推定される)


アメリカの電子掲示板サイト「サムシング・オーフル・フォーラム」において創り出された架空のキャラクター。

痩身で異常に背が高いのっぺらぼうの男で、背中からは黒い触手が生えており、黒いスーツにネクタイを身に着けている。
主に子供を付け狙い、拉致したりトラウマを与えたりする。
その姿を見たり近づいたりするとスレンダー病と呼ばれる病気にかかり、
写真に写れば関わったもの全てが不幸に見舞われる。
スレンダー・ウォークと呼ばれる瞬間移動能力を持つ、森によく出現するといった情報もある。

始まりは2009年6月8日に立てられたスレッド「create paranormal images through Photoshop(Photoshopでパラノーマルな画像を創り出そう)」において
ビクター・サージ氏により投稿された1枚の写真である。
この写真は、子供達が遊んでいる中、写真の奥に長身でのっぺらぼうの男が写り込んでいるというもの。
最初は写真のみの投稿であったが、その後サージ氏によって冒頭の文章が書き込まれ、男に「スレンダーマン」の名前が付けられた。
これをきっかけに、多数の書き手により様々な画像や文章が創り出され、設定が付け加えられていった。
スレンダーマンは掲示板内に留まらず都市伝説としてインターネット上へと広まっていき、
ドキュメンタリー、ゲーム、映画とその幅を広げつつある。
特にフリーゲーム「SLENDER: THE EIGHT PAGES」は、「スレンダーマンから逃げながらMAP上に点在するアイテムを収集する
という単純ながら奥深いシステムが評価され、システムを踏襲した派生作品が次々と誕生している。

+スレンダーマンのテーマ(youtube)


サンドボックスゲーム「Minecraft」に登場する敵キャラ「エンダーマン」は、
長い手足に高い身長、見つめただけで襲い掛かってくる、テレポート能力を持つなど、スレンダーマンとの類似性が多く見られる。


MUGENにおけるスレンダーマン

  • Israel Guevara Suazo氏制作
身長がカンフーマンの半分ほどしかないちびキャラ。MUGEN1.0以降専用。
試合中はスレンダーマンのテーマ曲を流す。
長く伸びる腕や炎、瞬間移動を使う。
AIは未搭載。

  • R@ce45氏制作
アフロン氏のオズワルドを改変して製作されたキャラクター。
Israel Guevara Suazo氏によるオリジナルポトレが用いられている。
サウンドカラーはThrillo氏の製作。
「HL」というactファイルはハンニバル・レクターをインスパイアしたカラーとのこと。
ATHO氏によるスプライトパッチが施されたものが最新版である。

全体的に改変元の面影を強く残しており、カードを用いたカーネフェルじみた格闘を行う。
しかし声は全て消去、一部スプライトを触手や爪での攻撃に差し替え、イントロには独自の不気味な演出を採用など、しっかり差別化されている点も多い。
ニュートラルポーズで放っておくと狂気を及ぼす動きを始める。
KOされると謎の電子音声が鳴り響き、勝利時などにも不気味な悲鳴が上がるなど、とにかくSAN値が削られる。
性能としては、オズワルドにあった設置飛び道具「Q」の削除、「ワルドー烈火」の削除などが特徴的。
代わりに突進性能が上がっており、ゲージ溜めやエリアルコンボなどのシステムが加わっている。
「Joker」の高性能っぷりに磨きがかかっており、ぶっちゃけ主力技。改変元に比べ威力の上昇や無敵時間の増加などが施されている。
反面、ゲージへの依存はより高まっており、切り返しもゲージ技頼り。アフロン氏特有のシステムである特殊な受け身が生命線となってくる。
当て身技の「K」が成立時に瞬間移動するものであるため、意外にスレンダーマンらしさが再現されていると言える。

AIは未搭載だが、ホルン氏によりAIパッチが公開されている。
レベル最大で「Joker」を超反応で使用するようになり、かなりの強さを発揮する。

スレンダーマン専用の森ステージがいくつか公開されているが、大半がMUGEN1.1専用の様子。

出場大会