ブレイド(マーベル)


概要

アメリカ・マーベルコミック発刊の漫画『ブレイド(Blade)』の主人公。
マーベルに縁のあるメーカーの格ゲー同名の中ボスがいるが、
名前の由来だとかそういう関係は恐らく無いと思われる。ラッツ&スターの歌手?違う違う、そうじゃない

人類の天敵としてヴァンパイアが存在する作中世界において、ヴァンパイアハンターを名乗り日夜ヴァンパイアを狩り続けている。
本名をエリック・ブルックス(Eric Brooks)と言い、1929年にロンドンに生を受ける
母は妊娠中にヴァンパイアに襲われ絶命、胎内にいたエリックは半人半吸血鬼(ダンピール)として産まれた。
そのためヴァンパイアでありながら日光の下でも自由に活動することが出来るようになった。
やがて成長したエリックは母を殺したヴァンパイアへの復讐を決意し、吸血鬼狩りを開始、現在に至る。
その性質からヴァンパイア達には「デイ・ウォーカー(日の下を歩む者)」と呼ばれ恐れられている。

戦闘では吸血鬼としての高い身体能力を活かし、徒手空拳や火器・刀などの様々な武器を使って戦う。
また超回復力、老化遅延や人間の数倍の超感覚などの様々な力を持っている。
一応世界観が繋がっているため、原作ではゴーストライダーなどの他のヒーローと共闘することもある。

過去にウェズリー・スナイプス主演で映画化され、シリーズ化するほどの人気作となった。
またその続編としてテレビドラマ化もしている(主演:カーク・ジョーンズ)。
更には2011年にマッドハウスによりテレビアニメ化し、
以後『アルティメット・スパイダーマン』、『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』にもゲスト出演するなど、
映像化の機会には比較的恵まれていると言える。


MUGENにおけるブレイド (マーベル)

海外製作者のFede de 10氏によるものが存在。
現在は海外サイト「Mugen Multiverse」にて代理公開されている。
DopeFiend氏が製作したDCヴィラン、オノマトペア(Onomatopoeia)の改変キャラで、MUGEN1.0専用。
ヴァンパイアハンター繋がりからか、イントロの一つでは別作品の吸血鬼バイトで登場する。
…それ以外のイントロは改変元そのままだったりするが

マヴカプを参考にしたコンボゲー風のシステムをしている。6ボタン式。
チェーンコンボ・エリアルレイブが可能で、デフォルトではコンボ成功時に画面に英字(YES、GOODなど)が表記される。
また必殺技キャンセルして超必殺技に繋げることも出来る。
なお、通常技及び必殺・超必殺技の多くは改変元であるオノマトペアのものを踏襲しているが、
相手を気絶させる麻酔銃や、バイクで相手を撥ねる超必殺技など、ブレイド独自の技もしっかり搭載されている。

コンフィグテキストが付属しており、数値をいじることでコンボ表記の有無、ライフルの変更、その他各種設定の調節が出来る。
デフォルトでAIも搭載済み。一般的な強ランクキャラと闘わせると立ち回りでやや押されがちであるが、
超必のバイクがAI殺しなのか、連続で使用し逆転勝ちすることもある。
紹介動画(公開先のURLは古いものなので注意)

出場大会

  • 「[大会] [ブレイド(マーベル)]」をタグに含むページは1つもありません。





添付ファイル