チャールズ・バベッジ






「我が名は蒸気王。
ひとたび死して、空想世界と共に在る者」




 身長:250cm / 体重:500kg超(どちらも鎧込み)
 出典:蒼天のセレナリア史実
 地域:欧州
 属性:混沌・中立 / カテゴリ:人
 性別:男性
 CV:稲田徹
ソーシャルゲーム『Fate/Grand Order』に登場するキャスター(魔術師)のサーヴァント(英霊)。
重厚な鎧に身を包んだ男……というよりスチームパンクロボットにしか見えない
キャスターのサーヴァントである
(大事なことなので二回言いました)。

デザインモチーフは山高帽と燕尾服の英国紳士。

+ 史実のチャールズ・バベッジについて

  • ステータス
マスター:主人公 (Grand Order)
筋力:B++ 耐久:B++ 敏捷:D++ 魔力:A 幸運:E 宝具:A++

変化球なキャスター達がFateシリーズで度々登場しながらも、
直接戦闘は(程度の差はあれど)他のクラスに比べて苦手で、魔術系で相手を陥れたり搦め手をしたりする
という共通点があった中、それを豪快にぶち破ってきたのがこの人チャールズ・バベッジ。
というのも、彼の戦闘手段は完全に肉弾戦。巨大な杖剣を振り回し、攻撃は鋼鉄のボディで耐え抜き、蒸気高圧噴出で縦横無尽に飛び回る。
筋力と耐久の高さがキャスタークラスの常識に完全に当てはまらない。

英霊としてのバベッジは解析機関の完成により実現するはずだったと夢見る 「蒸気文明により悪が駆逐された世界」を聖杯に望む。
この蒸気文明の理想を具現化させた固有結界が機械鎧と一体化したバベッジ自身であり、
彼の宝具「絢爛なりし灰燼世界(ディメンジョン・オブ・スチーム)」である。キャスターにあるまじき身体ステータスの高さもこの宝具によるもの。

存在が内包する固有結界そのもの、という点ではネロ・カオスの同類といえる。
鎧内部が具体的にどうなっているのかは不明。少なくともバレンタインイベントではチョコレートを摂取することが可能という旨が明かされているが「魔力源として」というニュアンスも滲ませており、中の人がどうなっているのかはやはり謎。
「彼の夢見る蒸気文明の世界」という発動条件を見る限り、少なくとも人間時の脳が内部にあるのだろうか。死後にその脳だけを保管されている逸話(※史実参照)もある事だし。
見た目が見た目である為期間限定イベント等ではド真面目にギャグをやっている事が多く、
「からくりバベジン」「ヤカン鶴」等名前による出オチ担当が多い。
また、イベント時には特殊形態に変形して礼装などに顔を出す事もある。
これも「絢爛なりし灰燼世界」のちょっとした応用、なのだろうか・・・?
他にも、イベントクエストでバベッジに似た小型のロボット兵士が雑魚敵として大量に現れることもある。

見た目がギャグ、とは書いたが本人のキャラクターとしてはいたって常識人、というかむしろサーヴァント達の中でもトップクラスに「よくできた良識人」でさえある。
学者系サーヴァントの登場がFGOを境に増えたが、ほぼ全員と面識があり何より敬意を持たれているのが彼の人徳をうかがわせる。
ニコラ・テスラやトーマス・アルバ・エジソンなど一癖も二癖もある科学者系サーヴァントが揃ってバベッジを称えているあたり、「コンピュータの父」という肩書は伊達ではない。
蒸気機関ではなく電気技術により発展した現代文明とそこで生きる人々に関しても
「自分の望みとは異なるが、これはこれで悪くはない」という感想を持ちそれを壊すことは望まないなど、
人類の発展と幸福を心から願う科学者としての姿勢は全くブレない。

重厚なロボットの戦士」という見た目から一部のユーザーには絶大に支持される人気を得ており、
「バベッジのフィギュアとかプラモデルの発売はまだか!」とか某戦国最強がDVD・ブルーレイの付録としてペーパークラフトが作られていたのだからバベッジも…」など熱烈に立体ファングッズ化を待望されているとか。

キャラクター強化クエストという名の「幕間の物語」も、そのカオスさというかぶっ飛びっぷりから語り草となっている。
そのチャールズ・バベッジ幕間の物語のタイトルは…「鋼鐵機動戰記C・バベッジ」。このタイトルだけで察していただきたい。

「故に、行こう。私を目覚めさせた選ばれし者よ。
蒸気の勇者(スチーム・ブレイブ)よ!」

+ 彼の初登場にして檜舞台「第四章 死界魔霧都市ロンドン」にて

+ すこし昔、はるか彼方、サーヴァント・ユニヴァースの何処かで……

+ 出典の「蒼天のセレナリア」ってなんだ?


MUGENにおけるチャールズ・バベッジ

  • jaki氏製
仮面ライダーキックホッパー仮面ライダーギャレンなどを作成したjaki氏による手書きのバベッジである。
『Fate/Grand Order』出身のキャラクターはマシュ・清姫沖田スカサハなど女性陣数名がMUGEN入りしているが、男性陣ではバベッジが初である。

デカキャラであり、ニュートラルの状態(上記のドット絵)の前に伸ばした手が通常の画面サイズ(4:3)の半分を超えた位置にまで及んでいる。というか、試合開始時に対戦相手のデフォルト位置まで届いている。
そのため、凄まじいリーチの長さを誇るが、同時に巨大な喰らい判定という弱点を抱えている。
攻撃は弱中強の3ボタン+へビィアクション(ふっ飛ばしや大足払いに使用。ガード割り効果は無い)の計4ボタン。
エスケープ+弱同時押しで投げ。
ちなみに投げ間合いは見た目よりだいぶ狭い。

バベッジ特有のシステムとして「スチームゲージ」及び「オーバーロードゲージ」「令呪」が搭載されている。
スチームゲージ
強ボタンでの必殺技使用時に必要な独自ゲージ。1回の使用ごとに50%消費され、非コンボ中に自然回復する。
オーバーロードゲージ
機動力の増加などを行う自己強化技「オーバーロード」の使用に必要。時間経過とともに貯まって行き、オーバーロードの効果持続中は常に消費する。
オーバーロードゲージが尽きると強化が強制解除される上にダメージまで受けてしまうので、適切な手動解除などゲージ管理には気を使う必要がある。
令呪
「霊基修復」(いわゆる喰らい抜け)使用時に消費する。
ラウンドごとに1画増加し、3画までストック可能。
3画ある状態で体力が0になると、自動で3画消費リザレクション技「霊基復元」が発動する。(体力回復は2割強。ゲージは全回復)

デフォルトAIは搭載されていないが、ver0.80にAir氏による外部AIが作成されている。

2017/7/28時点でver0.80。
ニコニコ動画での出番はまだ少ないが、見た目のインパクト、キャラとしての完成度、ストーリーに組み込みやすい人柄などから今後の活躍が大いに期待される。

FGO本編で因縁のあるキャラの相手役として登場。実際に動くと迫力が凄い

出場大会

  • 「[大会] [チャールズ・バベッジ]」をタグに含むページは1つもありません。