ヒーマン


"I HAVE THE POWER!(力は我に在り!)"

ヒーマン(He-Man)とは、アメリカの玩具シリーズ『魔界伝説ヒーマンの闘い(英題:Masters of the Universe)』の主人公である。
Dr.ワイリーのロボットと間違えた人はこちらを参照
Masters of the Universeシリーズ(通称MOTU=モツ)はマテル社の看板商品であり、1980年代のアメリカで人気を博し
アニメや実写映画(邦題:マスターズ/超空の覇者)も作られるほどのブームとなった。
日本でも当時タカラが玩具を輸入・販売していた。そしてイマイチ売れなかった。
2000年代に入ってもアニメやフィギュアがリメイクされたりと、本国で今なお根強い人気を誇るシリーズである。

なお「ヒーマン」とはMOTUの世界エターニアにおける勇者の称号のようなものであり、彼自身の本名はアダムという。
グレイスカル城の王子であり、パワーソードを介して城に宿る先祖の力を得ることでヒーマンへと変身する。
そして恋人のティーラ(Teela)やペットのクリンジャー(Cringer)ら頼もしい仲間達と共に、
城に宿る究極の力を狙う、叔父にして宿敵であるスケルター(skeletor)率いる悪の軍団と戦う…というのが大まかなあらすじである。
ちなみにアダムがヒーマンの正体であることはごく一部の人達しか知らず、
父王ランダー(Randor)や臣下達からは少々貧弱で頼りないと思われている様だ。その割にすごくマッチョに見えるんですが。
また、生き別れた双子の妹アドラ(Adola)がおり、彼女が主人公のスピンオフ作品『Princess of Power』も存在する。

見た目などが『英雄コナン』のような蛮族(バーバリアン)を想起させ、いかにもファンタジーの世界観で暴れ回ってそうだが、
MOTUは剣と魔法に加え銃、マシーンなんでも来いであり、この格好で宇宙船を乗り回してカッ飛んだりしている。
と言っても日本でも蛮族じゃないだけで忍者宇宙で刀を振り回す作品はたくさんあるが。
刀ではないが元からアメリカのパルプマガジン(三文小説)なノリの『コブラ』も似たようなものである。

…とまあ端的に作品概要と彼について語ってみたが、
恐らく日本のネット界隈(ツイッターやニコ動)的にはこのMADのなんか陽気に歌ってる奴という形で知名度があろうか。

こちらはアニメ版OPより、アダム王子の勇姿


MUGENにおけるヒーマン

Kain the Supreme氏が製作したものが存在する。氏の製作したコンプゲーの中に入っている。
ドットKOF風の手描き。
イントロの一つでパワーソードを掲げヒーマンに変身する演出がある。
4ボタン式であり、通常技は全て手によるもの(キックは無い)。ランとバックステップを搭載。
通常投げは2種類あり、それぞれ前・後に投げる。
普段は素手だが、a+x同時押しで背負ったパワーソードを握る「剣モード」に移行する。剣モードでは通常技のうち2種が剣を使ったものに変化する。
素手モードの必殺技は氷の息吹と地震とダッシュパンチの3種。
氷の息吹は当たった相手を少しの間凍らせる(追撃可能)。地震はボタンが強いほど遠くに衝撃波を発生させる。
素手時の超必殺技は1ゲージ消費のフライングボディプレス。相手を踏み台にして跳ねた後に繰り出す。
剣モードの必殺技も同じく3種。
剣をブーメランのように投げる技、竜巻を起こして近くの相手を巻き上げる技、剣で斬りつける技を搭載している。
剣モードの超必殺技は、アッパーで斬り上げた相手に空中でエネルギー波を浴びせるというもの。こちらも1ゲージ消費。
どちらのモードも使いやすく分かりやすい技が揃っており、特筆するほど強力ではないが扱いやすい感じ。
AIはどうやら入っていないようだ。

また、ヒーマンの宿敵であるスケルターも同じくKain the Supreme氏がMUGEN入りさせている他、
上述の双子の妹、アドラの変身後の姿であるシーラ(She-Ra)もHystalin氏とRyou Win氏の合作で製作されている。
後者は技のモーションなどから恐らくベースはリリスだと思われる。
グレイスカル城のステージも作られている。

出場大会

  • 「[大会] [ヒーマン]」をタグに含むページは1つもありません。