シェン・ウー





「お前なら満足できそうだ…!」


格闘スタイル: 我流(ステゴロ
誕生日: 9月10日(29歳)
身長: 188cm
体重: 97kg
血液型: B型
出身地: 不明(上海育ち)
趣味: 強い奴と戦うこと、格闘技観戦
大切なもの: 力の証明
好きな食べ物: 上海カニ
嫌いなもの: クラゲ(ナヨナヨしているところが特に嫌)
得意スポーツ: 卓球

THE KING OF FIGHTERS』 2003から登場するキャラクター。漢字で書くと「神・武」
上海で知らぬ者はいないという名うての喧嘩屋。 ステゴロというのは拳を中心に戦うこと全般、つまり 「拳闘」 のこと。
平たく言うとチンピラで、三度の飯より強いやつとの戦いが好き。 いい年こいて落ち着きがないとか言ってはいけない。
「神武」 という漢字表記が示すように名前は喧嘩屋稼業の通り名で、本名は不明。
『ブラッディロア』 の深龍や漫画 『グラップラー刃牙』 の花山薫、『るろうに剣心』 の相楽左之助などに
設定・外見で共通する部分が見られるが、実際にモデルとなっているのかどうかは言及されていない。
中の人はやSVCサガットを担当している水津浩志氏。

 2003でアッシュデュオロンと主人公チームを組んで初登場。
 アッシュが上海に滞在していた際に知り合っており、彼に持ちかけられたKOF出場の話に
 「面白そうだから」 と二つ返事で乗った。(アッシュは既に申請を済ませていたのだが)
 ただしアッシュやデュオロンの素性や真の目的については知らない、と言うよりはあまり興味がないらしい。
 とにかく勝負事が大好きで、アッシュやデュオロンともいずれは拳を交えたいと思っているようだ。
 エンディングでは無界に逃げられた(実際はシェンたちの方が転送させられた)
 のが癪だったらしく、「遥けし彼の地より出ずる者たち」 に対して執念を燃やしている。
 なお左のOP絵では招待状を破り捨てているように見えるが、実際はアッシュが(無意味に)燃やした
 というかシェン(とデュオロン)は招待状をもらっていないはず。

XIではアッシュとともにアイルランドに赴き、オズワルドと対面。
ポーカー勝負を挑むが、表情が非常に顔に出やすいため軽く手を見破られている。
「とっておきの強い相手」 を紹介することを条件に再びアッシュのチームに加わるが、普段から喧嘩っ早い性格が災いし、
オズワルドの探している 『竜丸』 を持っていた上海のとある薬屋が薬を分ける条件に 「憎きシェンを倒すこと」 を要求したとのことで
結果的にオズワルドと利害が一致し(というのも変な話だが)、お互い合意の上で戦うこととなった。 要するにアッシュの一人勝ち。
どちらが勝ったのかは明らかになっていない。

KOFXIIIではデュオロンエリザベートとチームを組んで出場する事に。
公式ストーリーでは、自分を暗殺しようとしたチャイニーズマフィアのボスへの報復に
ダンプカーでパーティ会場に突っ込んで、会場にいる全員をその場でボコボコにするという無茶苦茶をやっていた。
しかしながら、デュオロン曰く「シェンにとっては、ごく当たり前の、日常のひとコマにすぎない」らしい。どんな生活してんだ。
「口が達者で高慢で鼻っ柱が強い」エリザベートはことごとくシェンの嫌いなタイプの女性に当てはまるとのことだが、
デュオロンになだめられて何とかイラつきを抑えているようだ。
しきりに「アッシュにハメられた」と口にしているが、これがXIでのオズワルドとの一戦の件のことなのか、別のことなのかは不明。
戦闘前の特殊イントロではアッシュに「あのあと大変だったんだからな!こっちは!」と怒ってはいるが……。
少なくともアッシュの「陰謀」絡みのことではないようだが、「――前みてェにいっしょになって陽気に騒ぐにゃ、テメエのやらかしたことに落とし前はつけてもらわねえとよ」と相当怒っている様子の割には
「俺の舎弟みたいなモンだから、1発思いっ切りブン殴ってチャラにしてやる」と言うのが実にらしい。
そして、「全部片付いたら、アッシュのおごりで蟹を食べる」という約束をデュオロンと交わし合ったのだが……



細かいことは気にしない豪胆な直球キャラだが、出生や過去の経歴がほとんど不明で、意外と謎が多い。
辛うじて分かっているのは、上海の寂れた場所にある食堂の味がお気に入りな事くらいか。(XII、XIIIストーリー参照)

性格は熱くなったかと思えば急に冷静になれる一面も持ち合わせており、ゲーム中のイメージとは裏腹に案外常識人。
アッシュのコケティッシュで謎めいた言動に適当に突っ込みを入れつつも、あまり深く関与はせず我が道を行っている。
だからこそ、なんだかんだでアッシュやオズワルドのような得体の知れない人物とうまくやっていけるのだろう。
しかしあくまでキナ臭い裏社会の喧嘩稼業を生業としており、周囲に合わせて自分の生き方を変えるような性格でもないため、
近年急速な発展を遂げ大都会へと変貌していく上海は、徐々に住みにくくなってきたと感じている。

……と思いきや、鎮元斎とは面識があったことが判明した。
シェン「てめェ!まァだ現役でいやがんのか?いい加減に引退しやがれ、この妖怪ジジイ!」
鎮「ほっほっほ……そういうおぬしもまだまだヤンチャをしとるようじゃのう」
シェン「人をガキ扱いすんじゃねえ!いい機会だぜ、俺が引導を渡してやらァ!」

2人がいつごろから知り合ったのかは不明だが、鎮が健在であることに、珍しくシェンには「心臓に悪い」と言うほど不気味なことらしい
鎮はシェンのことを「小僧」と呼び、たまには酒を手土産に遊びにこいと誘っている
また、チンはXIIIでは相手のことを「おまえさん」もしくは「おぬし」と呼称が完全に統一されているなか、シェンだけ小僧よばわり
直接面識が無い(?)ケンスウもチンからシェンの話を聞かされていたらしい……何者だこのジイサン。
シェンもケンスウを「あの妖怪ジジイの弟子にしちゃあ歯ごたえがなさすぎる」と、知っているようだ。


 開発陣の間では同系統のラルフとキャラがかぶらないように神経を遣われているらしい。
 2003発表当時はアッシュの絵があまりにキモかったため、外見がそれっぽいシェンが主人公だと勘違いする人…
 もといアッシュが主人公だと認めたくない人が続出した。
 また金髪逆立ちヘアーという辺りでリョウとも被り気味で、XIIIでは彼に「髪形変えるか染めろ」と言ったり、ユリに比較されたりしている。
 当初はやや存在感に欠ける感は否めなかったが、いくつかのサイドストーリーで描かれるシェンを通して
力が全てだと思っている一匹狼だが、一方で物事を理性的に考えることもでき、人脈もあるが、しかし結局スマートな生き方はしない」
…という、彼ならではのキャラクター像を出すことに成功している…と言えるのではないだろうか。
「龍が如く」に出ても違和感がない人と言われることもある。

キャラデザはまだしも、技や戦い方からは全体的に地味な印象を受けるものの、
登場キャラクターが20名とされるリストラの激しいXIIにも まさかの 参戦。
気付けば周りが個性的な連中ばかりでパッとしないが、少なくとも製作側から忘れ去られるような地味キャラではないらしい。
初登場の2003時のグラはスプライトの枚数が少なく動きがガクガクだったが、XIで人並みに絵が追加され、
XIIからの新ドットでは他キャラ共々ぬるぬると動いている。

なおMIAのアッシュのストーリーにおいて、シャオロンが「シェン・ウーさま…」と言う場面があることから、
ファンの一部では「シェン・ウーさま」とわざと様付けで呼ばれることもある。
アッシュの台詞にもあるが、シェンは付けされる印象のある人々のイメージから、
およそかけ離れた存在なのは違いないのだが…。


原作中の性能

飛び道具と対空技を持たず、ひたすら近距離で戦うパワータイプ。 全キャラ中屈指の攻撃力を誇る。
2003では戻り際にまで判定がある遠Bの性能が異様に良く、コマンド投げ「截攻崩撃」 のスカりモーションに飛び道具を跳ね返すバグ?
があったのだが、XIからは正式に飛び道具を弾き飛ばす(反射ではなく、自分の後方へ)「弾拳」 という技が追加された。
+ 参考動画
弾き返しが成立するとゲージが増加し、そこから弾拳を含む全ての技にキャンセルをかけることが可能になる。
これを利用することで飛び道具乱射型の技を全て弾き飛ばすことが可能。
ただし複数回判定が存在し、なおかつ二度目の弾拳が発生する前に二段目がヒットする飛び道具は全段弾き飛ばしは不可能。
(アッシュの強「ヴァントーズ」、「テルミドール」 やマキシマの 「ファイナルキャノン」 など)
一段目で前方転身や絶!激拳の無敵でカウンターすることは可能。
ちなみに後ろへ弾き飛ばした弾は一応攻撃判定があるものの、後ろへ飛ばす関係上当たることは滅多に無いが、
そのような珍しいケースになると空中にシェンの分身が現れるという奇妙なバグが発生したりする
なおXIIからは截攻崩撃に代わるコマ投げに変更されたが、XIIIで飛び道具弾きの方も復活している。

リーダー超必 「爆真」 は自分を殴って気合いを入れ、金色のオーラを放ちつつ攻撃力を上げる技。
どう見てもスーパーな野菜の人とか湘北高校の赤い頭とか言わない。
単発では発動に時間がかかる上に攻撃範囲が狭いが、発動まで完全無敵で発動時の気(打撃判定)
で大ダメージを与えることができる。 XIではボスキャラ以外はカウンターで即死寸前になる。
不破師範の 「闘神翔」 に似た性質だがもしかして彼をストーk(ry
ドリームキャンセルで出すと攻撃判定は無くなるが、発動が早くなり連続技に組み込める。
この辺の性質はまことの 「丹田練氣・攻めの型」 に似ているがもしかして彼女をスt(ry
この技を組み込むことで攻撃力アップと技の隙消しによるコンボ延長が同時にできるため、
連続技のダメージの底上げどころか通常コンボの倍以上のダメージ(7割~)を与えることが可能。


XIIでは読み合い重視のゲーム性により全体的な火力は下がったものの、
優秀な飛び込み技からの近距離戦でのラッシュ力は相変わらず。
タイミングはややシビアだが激拳からの派生技を絡めた連携は強力であり、
またロマン技の領域だが、激拳は最大まで溜めると超必に匹敵する威力に変化するようになった。
この他にも弾拳はコマンド投げになっている等、随所に変更点が散見される。
絶!激拳は激拳からの派生や吹っ飛ばし攻撃からの追撃やCCの締め、リバーサル等、汎用性が高い一方で
爆真は効果が全身攻撃判定のみになっており、単体威力も絶!激拳に劣るなど若干使い辛いが、
通常技に仕込んでおくなど、使い方次第では化ける・・・?
総じて読み合いを重視した立ち回りからワンチャンスを見つけて攻めて行くと言う
XIIのゲーム性と一致した良キャラの一人と言えるだろう。

アッシュ編最終章のXIIIでは、過去最高と思われる強さを引っ下げて登場。
今作での長所を上げて行くと・・・

 ・ガードポイント付きの遠C、しゃがみCのアッパー、横に長いジャンプDなど通常技の対空が優秀
 ・判定が強く遠め対空に使え、ガードされても有利な地上ふっとばし
 ・これまた鬼判定、且つ、発生がかなり早く空対空として脅威となるジャンプふっとばし
 ・一部キャラを除き1発でガードクラッシュを引き起こす最大タメ強激拳(ヒットすると追い討ち可能なダウン)
 ・1F投げの弾拳、さらに追い討ち可能なEX弾拳
 ・ガードされても隙が小さくヒット時は追い討ち可能な中段技のEX伏虎撃(~降龍撃)
 ・突進スピード・距離ともに優秀、上方向にも攻撃判定が広く無敵時間もある絶・激拳
 ・発生3Fで無敵付き、めくりにもバッチリ対応し威力も3割強と超実用的になった爆真
 ・ドライブキャンセル、ハイパードライブ発動による高威力コンボ。即死も辞さない。(レシピも比較的シンプル)

中でも最大タメ強激拳は、ドロップ溜めでBとDを押しっぱなしにして緊急回避ができないライデンに対する切り札として重宝。
このためライデン対策としてチームに入れるプレイヤーも多かった。

総合評価では流石に問題児達ほどではないが、それに追髄する強キャラとして堂々君臨。
エリザベートらと共に「上の中」あたりのキャラと言われている。
とにかくゲージが欲しいので、大将が適任ポジションだろう。

家庭用のXIIIでは、空対空で猛威を振るった空中ふっとばしの発生が遅くなったり、
弾拳は投げるまで5Fかかる&無敵時間もなくなってしまったり(EX版は発生3Fで無敵あり)、
EX伏虎~降龍の硬直が増大したり、激拳キャンセルのゲージ溜め効率が落ちたり、
最大タメ強激拳はガードクラッシュ値が半分程度まで落ち込んだり、
ふっとばしのボイスがアケの「どりゃああ!」から「そりゃぁ!」と変更され迫力ダウンしてしまったり(重要)
節々でカドが取れてしまったが、京を除いて他の強キャラもだいたい下方修正を受けたので
依然評価は高い方である。むしろアケ版XIIIがやりすぎていた感がある。
先日、家庭用からの逆移植となる「XIII CLIMAX」のアーケード稼働が発表されたが
そちらでも存分に暴れ回ってくれる事だろう。

余談として、XIIIからパーソナルアクション(所謂挑発モーション)で「もう一戦やろうぜ」と言うようになった。
まだ試合が終わってないのに再戦を要求するあたり、どうやら彼は我々が想像するよりも遥かにバトルジャンキーだった様だ。


MUGENでのシェン


+ NAO&M.氏製作 2003仕様+AKOFアレンジ
+ Tin氏製作 2003仕様+MVCアレンジ
+ Jin氏製作 XI仕様+アレンジ
+ jjong1917氏製作 Shen-1917
+ ナナキ氏製作 餓狼MOWアレンジ
+ MDK氏製作 XI仕様+アレンジ
+ アフロン氏製作 XIII仕様
+ みなみ氏製作 アッシュチーム
+ 高崎舟氏製作 2000+2001+SP仕樣
+ 斑鳩氏製作 XI仕様
+ RYO2005氏製作 ROTD仕様

改変キャラとして、某有名動画の主人公である "KIWAMI" が製作されている。
ストーリー動画の出演数も30とかなり出番が多い。
主人公やそのまわりの親友・悪友役が多く、隙あらば「もう一戦」を要求してくるバトルマニアだが、
情に厚く良くも悪くもあまり物事を深く考えない性格で、「愛すべきバカ」として人気を博している。



   「もう一戦やろうぜェ!」


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧