ガジェット

「きさまの力 ためさせてもらう」

原作でのキャラクター

デッドダンスに登場するキャラクター。
同作のプレイヤーキャラクターの一人ヴォルツの弟で、顔に覆面をかぶせたコンパチ系のキャラ

元々は将来を期待されていたプロレスラー。
対戦相手をアクシデントで殺してしまいプロレス界から追放される
その後「格闘神」と出会い殺戮主義に魅了される。
持ち前のパワーと残虐性で相手の命が尽きるまで戦い続ける殺人マシーン。

……と言う触れ込みであったが、実際には格闘神の支配を打ち破ることができる強者を求めている様子で、
琴乃との対戦時には戦ううちに真意を理解されていく。
兄ヴォルツとの直接対決では激闘の末に死亡したような展開になるが、エンディングでは生存が判明し、共にプロレスジムを開いている。
なお、ガジェットの覆面は死の塔にいた時のままである。覆面レスラーとして生きていく事にしたのだろうか。

原作TAS動画の後半。
ちょうどヴォルツvsガジェットから始まる。


MUGENにおけるガジェット

ヴォルツを製作した、ですからー氏によるものが存在する。
他キャラと同じく我慢補正、11段階のAIなどを搭載。
原作における必殺技のレベルアップ制は存在しない模様。

ヴォルツとは性能が差別化されており、打撃技が得意なスタイル。
突進技「ライトニングタックル」が当てた後かなり有利で、さらに連続技を繋げていける。
対飛び道具無敵の技、中段技などキック技が豊富。
コマンド投げや超必殺投げは地上ですぐに掴むタイプではなく、軽く跳躍する移動投げになっている。

出場大会

  • 「[大会] [ガジェット]」をタグに含むページは1つもありません。