ケイオス





「私の名はケイオス、覚えておきたまえ
                                                                  フォッフォッフォッ~」
 年齢:?歳
 生年月日:8月16日
 国籍:香港(中国)
 身長:185cm
 体重:?
 血液型:B型

コナミから発売された格闘ゲーム『マーシャルチャンピオン』に登場するキャラクター。
名前の綴りは「Chaos」。カオスの英語読みで、メジャー所で言えばイグニスの技で有名。
格ゲーでは『プライマルレイジ』に同名のキャラが存在するが特に関係はない。
海外版ではティティ肖像問題から彼女と名前が入れ替わりになっている。

香港出身の、素性が謎に包まれた怪しすぎる男。
キョンシーのような格好をした作中きってのイロモノで、額に札(「」と書いてある)が貼られていたり、足首のみで跳ねるように移動したりする。
両手に装備した鉄の爪をメインウェポンとし、一旦戦い出すと誰にも止められない残虐性を見せるという危険人物である。
元ネタはキョンシー…なのはもちろんとして、爪のデザインから某エルム街の殺人鬼も入っていると思われる。
更にはED(後述)を見るに、ティム・バートン監督の映画『シザーハンズ』も混ざっていると専らの評判。

異様に白い肌に やたらと長い つま先や、 上半身を全く動かさないまま 足を宙に浮かせて蹴りを繰り出したり、舌を異常に伸ばして攻撃したり、
どこぞの犯罪組織のナイフ使いのごときジャンプ攻撃でアクロバティックに襲いかかったり、
大破壊投げよろしく通常投げでは片手一本で相手をぶん回す怪力を披露したりと、外見や挙動のことごとくが変態的人間離れしている。
とは言え、人間なのかキョンシーなのかは実の所良く分からない(ホームステージにはっぽい人がいるけど)。
ひょっとしたらそれら以外のナニカ、という可能性も捨て切れない。
また、似た様な得物を使う方々と同じく戦闘中は奇声を発して暴れ回るが、その勝利セリフは意外と紳士的な口調である。
戦いになるとテンションが上がるタイプなのかも知れない。

必殺技は前方へ連続突きを繰り出す「百烈突拳」と、炎を纏った異様に長い舌で攻撃する「カメレオンアタック」。
見た目はともかく 性能自体はオーソドックスな部類だったりする。
威力・間合い共に高性能な通常投げも持っており、イロモノながら結構扱いやすいキャラと言える。

+ 「またこの手で…人を、キズつけてしまった…」

…とまぁ、アクの強い面々の中でも際立つ個性を持ったイロモノである。
だが悲しいかな、同作には彼女が君臨していたのでそのままひっそりと埋もれていったのであった。
「十分濃ゆいのにもっと凄い奴がいたので目立てなかったイロモノ」 という点では、後発のこの人と相通ずるものがある。…かも知れない。


MUGENにおけるケイオス

  • Joey Faust氏製作
富士山バスター』キャラを多数手掛けたJoey Faust氏のケイオス。
音声は原作のものだが、キャラ名は海外版…即ち「 ティティ 」である。
と言ってもmasa00341氏のティティとはファイル名が被らないので安心。
氏の他のキャラ同様、単体ではなくコンプゲーキャラとして公開されており、入手にはキャラパックをDLする必要がある。
ちなみに同氏のボビー、マハンバ、ホイも同じパックに入っている。
AIはデフォルトで搭載済み。
キャラクターサイズは縮小されていない。
他キャラも同様だが、原作の上・中・下段の3ボタン式ではなく、弱・中・強パンチ/キックの6ボタン式。
他、弱攻撃がかなりの連打が利く、カメレオンアタックが多段になっている等アレンジは割と利いている。
特に弱攻撃連打は根元から当たればノックバックも少なく、かなりの体力を奪い去れるが、デフォルトAIは簡易なためそのような動きはされない。
ボイスは原作の物だが、プレイの直撮りらしく、後ろでマハンバステージのBGM(アフリカンチックなもの)が鳴り響いている。


  • サクラカ氏製作
語るスレ及び、下記の動画にて公開されている。
国内と海外で名前が違うのでフォルダ名は「 kyonsi 」になっている。
NGI氏のをベースに製作されたそうだが、原作のシステムは再現されておらず、MUGENデフォルトの仕様で試合をする。
必殺技は原作の2つの他に、オリジナルの投げ超必が2つ追加されている。
音声は 「同じ名前のよしみ」 で『闘神伝』シリーズのカオスのものが使われており、
「残酷カットォォ!!」 と叫びながら百烈突拳を繰り出し、前述の投げ超必や、やられボイスの一部では異様な奇声を放つ。
…が、しかし、そもそも両者は甲高い奇声を上げつつキモい動きで戦うイロモノ同士だったので 違和感は全く無かった。

追加された2つの超必殺の内、2ゲージ消費の移動投げが強力。
これは突進後、相手の上に正座馬乗りになって高速で突きを連打する技なのだが、
突進中無敵、投げ技なのでガード不能、突進距離はかなり長く、回避できても突進の終わり際に隙が全く無い、とかなりの高性能。
AIは相手の必殺技へのカウンター気味に用いてくるが、これをとりあえず乱発してくるようにしたら相当な猛威を振るいそうである。
この他、リーチの長い変態的なキックをはじめとする怪しい動きの数々は魅力的ではあるが、
所詮ケイオスというか所詮マーシャルチャンピオンなので基本の立ち回りで頼れる技があまり無く、やはりゲージ技が生命線となりそう。

AIはデフォルトで搭載されている。
なお、基本技を食らった相手が赤く点滅する仕様となっているので、
気になる人は「palfx.time = 20」を一括置換で「;palfx.time = 20」へ変更してやるとよい。
動画コメントに公開場所も記載
製作者による紹介動画(15:12~16:23)

「貴方の血で私の勝利を乾杯しよう」


出場大会

  • 「[大会] [ケイオス]」をタグに含むページは1つもありません。