ゲージMAX!!クレイジータッグランセレバトル


最初から全員ゲージMAXで参加させればいい

解説

かってオクライマー杯と呼ばれた狂キャラのタッグ大会があったのは覚えているだろうか。
様々な事情により惜しまれながら凍結されたあの大会である。

凍結となった一番の原因は 『ゲジマユ』 状態による想定ランク越え。
この問題を解決するために悩んだ末に出した答えが 全員ゲジマユにすればいい

斯くして本大会が開催される運びとなった。
基本的には自分も相手もゲジマユなため、頼りは自分の持ちうる性能とタッグ相性が勝負のカギを握る。

果たしてオクライマー杯のリベンジになるか…注目である。


なお、某R氏勢は多数参加のため、特別枠としてチームで戦うことになっていることを付け加えておく。


ルール

【参加条件】
  • 基本的に試合中常時ゲージMAX(以下ゲジマユ)にすることができるカラー、及び設定項目を持っているキャラ
    (ゲジマユ記述の追加、ゲージ本数の制限等は一切行いません)。
  • 狂下位~中位クラスに相当し得るキャラ。

【全試合共通ルール】
  • 試合は全てランセレで決定したタッグ戦で行われる。
  • 1試合60秒、2本先取のタッグ戦。
  • エラーはすべて無効試合とする。

【大会ルール】
  • 今大会は4つのフェイズに分けられて行われる。

【第1フェイズルール】人数:200枠
  • ポイントを集め勝ち抜けて次のフェイズに進む。
  • ポイントはタッグポイント(以下TP)と呼ばれ、ランセレに選ばれることで1TP、試合に勝つことで1TP得ることができる
  • TPを5以上集めることで次のフェイズに進出できる。
  • 負けてもペナルティ等は一切無し。
  • 80名勝ち抜けると第1フェイズ終了となる。

【第1フェイズ終了後】
  • 第1フェイズ終了後のみ、最低試合数(3回未満の登場回数)を満たせなかったキャラのみ救済措置として補欠選出戦が行なわれ、それ以外は脱落となる。
  • 例として1TPしか持っていない場合、最速で5TPを満たすためには2回試合を行わないといけない
    その最速試合回数でTPを満たせれば第2フェイズに進出できる(満たしたキャラ全員進出)。
  • 規定試合数でTPを満たせなくなることが確定した場合敗退となるが、確定した時点でも残りの規定試合数分は出場する。
  • 補欠選は40名前後にて行う予定だが上記の試合数条件に該当するキャラが少ない場合、
    さらに予備選を行い40名程度の人数にして開始とする。
  • さらに補欠選終盤人数が少なくなった場合、○○枠のキャラを使用する。

【第2フェイズルール】80枠+α
  • 基本は第1フェイズと同じ、第1フェイズで集めたTPに加えさらにTPを集め10TP以上にすることで第3フェイズに進出できる。
  • このフェイズよりジョーカータッグ、全26タッグがランセレに紛れ込む52名(一部固定タッグ)がランセレに紛れ込む。
    ジョーカータッグに勝つと無条件で第3フェイズに進めるが、負けるとそれまで集めたTPが半分になる。
    なおジョーカー戦のみランセレで選ばれた際の1TPをもらうことができない(勝つか負けるかのみでTPが増減する)。
    上記ジョーカータッグに勝った場合は必ずTPは10となり、それ以外では状況によっては11TPになる場合もあり後者の方が僅かながら有利となる。
  • 50試合ごとにジョーカータッグと強制戦闘が発生する。
  • ジョーカータッグは負けるとランセレから除外される。また勝ち抜けキャラ数が30名を超えると全て撤退する。
  • 40名勝ち抜けると第2フェイズ終了となり、それまでに10TPを満たせなかったキャラは全て脱落となる。
    また第1フェイズと異なりこちらは最低試合数の設定が無いため、結果ランセレで空気のまま脱落してしまうこともあるためランセレ運もこのフェイズでは非常に重要な要素となる。
【第1&第2フェイズ共通ルール】
  • ゲージ本数が多い方のキャラがタッグの先頭になる。
  • 一度ランセレで選ばれたキャラは10試合のインターバルを課す(人数が少なくなるなどした場合行なわない場合がある)。
  • 引き分け時、勝利TPはもらえないがランセレに選ばれたことによるTPは得ることができる。

【第3フェイズルール】人数:40枠
  • 2つのチームに振り分けて対抗戦を行い、最後にタッグを組んで試合をできなかったチームは敗退、
    勝利チームに属していたキャラ全員(20名)が第4フェイズへ進出となる。
  • チーム決めは一巡目で試合を行ない、勝ったキャラ、負けたキャラを2つのチームに振り分けていく。

チームが確定した時点で同チーム内でのキャラ対戦は以降一切無くなる。これは第4フェイズも同様。
  • 第2フェイズまでに溜めたTP(10TPor11TP)を所持した状態でフェイズを開始し、1ラウンド負ける度に1TP減っていく。
  • 0TPになってしまったキャラは試合終了後にランセレから除外され、戦績表では脱落扱いとなる。

【第4フェイズルール】人数:20枠
  • 進出したキャラすべてに10TPが改めて支給され(第3フェイズ最後まで残っていたキャラはそれまでのTPを引き継ぐ)、進出確定までに0TP(脱落)となったキャラは10TPでスタートし、生き残っていたキャラは持っているTP+10でスタートするのでかなり有利な展開となる。
  • 全試合1試合ごとに対戦相手がランセレで選ばれる、対戦相手はこれまでに脱落したキャラ全員+ジョーカー勢。

一巡目のみ対戦相手は第2フェイズで未登場のジョーカー固定となる。
  • ランセレで選ばれたキャラは試合終了後ランセレから除外、すべてのキャラが除外されたら1ターン終了、
    再びランセレに復帰する、これを繰り返すサバイバル戦となる。
  • 1R負けるごとに1TPを失う、またそのターン中試合を行うことができなかったキャラがいた場合、1TP支払い次のフェイズに移行する
  • 試合終了後に0TP、もしくは試合せずTPを支払い0TPになった場合脱落となる。
  • ターン終了時1名、もしくはターン開始時2名が残った時点でその残った1名、もしくは2名が優勝者となる。

【第3&第4フェイズ共通ルール】
  • 1p側(ランセレ画面左側)で選択されたキャラが常に先頭になる(ゲージ本数の多寡は無視される)。
    予めキャラ側にゲージ本数の多寡に影響されない場合はこの限りではない。
    例として通常ゲージが5本以上必要な状況でもそれ以下で「ゲージMAX状態」(Power=PowerMax)を条件にしているキャラもいる。
  • 負けに加え、引き分けでもTPが1減少する。

第4フェイズでは第3フェイズで進出したキャラ同士内の対戦は一切無いため、ジョーカーや第2フェイズで惜しくも取り残された優勝候補有力キャラとの対戦を如何に回避できるかが優勝を掴み取るための重要な要素となる。

出場選手

+ 通常選手

+ ジョーカー枠(ネタバレ注意)

関連大会


コメント

  • 作成乙。・・・すごい情報量だ。だから今まで作る人がいなかったのかな? -- 名無しさん (2017-07-28 00:32:51)
  • Gomyunggookが出てきた時のBGMって何という曲なんでしょうか? -- 名無しさん (2017-07-31 11:46:20)
  • ペラ勢は客寄せパンダだった可能性が微レ存・・・・・? -- 名無しさん (2017-08-18 02:44:14)
名前:
コメント:


マイリスト