謎のヒロインXオルタ






「ブオン、ブォンブオン、
 バキューンズキューン、ズシャー!
 ……はっ!? 見ましたね、私の秘密のイメトレを!」

プロフィール

 真名:謎のヒロインX
 身長:154cm
 体重:42kg
 出典:2017年バレンタインイベント
 地域:サーヴァント界
 属性:中立・悪
 性別:女性
 じまんのつるぎ「邪聖剣ネクロカリバー」はあやしいつうはんでかった。

 筋力:A 耐久:B 敏捷:B 魔力:A+ 幸運:C 宝具:A++
 CV  :川澄綾子
 ILLUST:BUNBUN

概要

iOS&Android用アプリ『Fate/Grand Order』に登場するバーサーカーのサーヴァント。
イベント「復刻:チョコレート・レディの空騒ぎ -Valentine 2016- 拡大版」に合わせて、2017年2月8日期間限定実装。

氾濫するセイバー(及びアルトリア顔のヒロイン)の抹殺を使命とする「対セイバー用決戦兵器」謎のヒロインX
……を倒すために生まれた「対・対セイバー用決戦兵器」。
もう訳が分からない、だって?───考えるな。感じるんだ。
+ヒロインXって誰?
アルトリアの項目にもあるが、元々はエイプリルフールのネタである。
元々、アルトリアオルタや赤セイバー、さらにその赤セイバーの衣装替えであるセイバーブライドと水着姿のキャスター、
アルトリアの幼いころのセイバーリリィと逆に成長した乳上ランサーバージョンとそのオルタなど、
アルトリアの亜種と言うべきキャラが大量に出始めたことに対する自虐ネタを本家アルトリアにやらせていたのだが、
後に『Fate/GrandOrder』にて正式に独立したキャラとなった。
コミカルな派生キャラの独立…ということで、格闘ゲーム界隈で無理矢理例えるならミスXが単独キャラとして登場するようなものであり、
Xオルタに至ってはその暴走版クローンが出てくるようなものである。
もはや無茶苦茶ってレベルの話では無く、登場前に川澄女史や島崎氏などの声優陣からも、
「ヒロインX自体がオルタみたいなものだから、ヒロインXオルタは在りえないだろう」と笑い話にされていたのだが……どうしてこうなった。

+余談
真名は「謎のヒロインX」であり、つまりは彼女もアルトリアと言える。
これによって、アルトリアによる同ゲームの基本7クラス制覇に王手がかかることになった
キャスターのクラスが未登場。アルトリア顔のキャスターはいるが赤い方なのでノーカウント)。
ただ、従来のオルタキャラが「伝承の別側面」あるいは「黒化・闇落ちキャラ」といった存在であったのに対して、
彼女の場合はある種のクローン体のような存在、即ちアルトリアとモードレッドのような関係という解釈も出来る。
ただしえっちゃんの場合は中の人まで同じなので、より近い存在と言えるかもしれない。
ちなみにモードレッドの中の人はオリオンやナイチンゲール等も演じる沢城みゆき女史。

X因子を触媒に練成され、その身にオルタニウム結晶を宿した、世にも珍しい文系バーサーカー
通称の「えっちゃん」は、記憶喪失状態でヒロインXと会った際に「エックスオルタ」を思い出せず、
中途半端な発声から「え」一文字の短い名前と勘違いされ、呼びにくいからと付けられた愛称。

真面目で控え目な態度の少女。
好物は甘味。隙あらば高級和菓子を所望してくる、割と金のかかる腹ぺこ。
オフの日は黒い円卓型のコタツから一歩も出ず、読書をしたり音楽を聴いたりして過ごす。
基本ずぼらで面倒くさがり。
他人からの命令や指図には、皮肉を返しつつもそれなりに素直に従うのは不思議。
甘いもので釣ると早い。

眼鏡+セーラー+コート+マフラー+ガーターの普段着姿(ページ上部の画像)、体操服+スパッツの学園運動着姿、
ヴィラン時代のバトルコート姿、と再臨(Lv限界突破)の度にがらっと衣装が変わる。*1
どれもそれぞれの萌え要素があるため、彼女をどの再臨段階の衣装で運用しているかによってマスターの性癖がバレる
着せ替え感が楽しいともっぱらの評判。

尚、担当絵師はTYPE-MOONでは小説作品『ファイヤーガール』の挿絵も手掛けているBUNBUN氏。
…え?どっかで見た絵柄だって?あれはabec氏です!BUNBUN氏とは近所付き合いもあってサイン会とかに代理で来る位仲が良いけど別人です!


すこし昔、はるか彼方、サーヴァント・ユニヴァースの何処かで……

元々は暗黒の騎士団ダーク・ラウンズ(R.O.U.N.D.S)に所属する(ヴィラン)、ペンドラゴン卿であったが、
壊滅に瀕したダーク・ラウンズの最後の希望、のようなものとして師のマスター・アグラヴェインに記憶を封じられ、逃がされた。
ダース・ベイダー新円卓に属するヒーロー、賢人バベジンの追っ手を倒し、
惑星ロジアンを脱出したヒロインXオルタは、なんやかんやあった末に謎のヒロインXと出会い、
記憶を失ったままルームメイトとして学園生活を送ることとなった。

メイン武装は、ツインブレードやチェーンソーなど自在に変形する「邪聖剣ネクロカリバー」。
名前からしてPCエンジンの“夜、一人で遊んではいけない怪作RPG”『邪聖剣ネクロマンサー』に登場する同名の魔剣が元ネタか。
幸い、これで斬ってもスプラッタに鮮血が飛び散ったりはしない
他にも念動力「オルタ・チョーク」や、腕先から魔力を放出する絶技「オルト・ライトニング」など、
どこかで見たような多彩な技を駆使する。
どう見てもダース・モールです。本当にあ(ry

魔力転換炉「オルトリアクター」は、体内に秘めるオルタニウム結晶を触媒として、カロリーを魔力へ変換する。
「和三盆の成分バランスが最大効率です。あとお茶も欲しいです」と彼女は強調する。
召喚直後の寒がりなえっちゃんは、恐らく魔力を補う為に慢性的なカロリー不足に悩まされている状態と思われる。

「オルトリアクター臨界突破。我が暗黒の光芒で、素粒子に還れ! 『黒竜双剋勝利剣(クロス・カリバー)』!!」

宝具は、A+ランクの対人宝具「黒竜双剋勝利剣(クロス・カリバー)」
通販のカタログスペックを信じるなら、いつか星をも断つ(だろう)とされている「邪聖剣ネクロカリバー」で敵をX字に切り裂く。
ちなみに、A+というのはFate世界観における通常宝具の最高ランクの威力、かつ一時的に約2倍の出力を出す方法が存在する、という意味。
ゲーム内演出や効果・設定を見る限り、とにかく出力だけが凄くて、呪いやら祝福やらといった付随効果は無い模様。
そしてよく壊れて爆発する。変形機能なんて付けるから…

もう一つ、設定を見る限りは宝具レベルと思われるアイテム「インフィニティ・ジェム」「∞黒餡子」を所持している。
欲求(ソウル)、糖分(パワー)、売り場(スペース)、原価(リアリティ)、製作(タイム)、需要(マインド)という、六つの原始力によって作られたもので、持つ者に無限の力を与える…らしいのだが、本人はよく分かっていない。
ちなみに初登場(バレンタインイベント)時には「∞チョコレート」であった。
そして2018年のバレンタインイベントではチョコで出来た宇宙船で襲来した。


Fate/Grand Orderでの性能

設定や外見の可愛さ、モーションの格好良さなどから人気を博す一方、
性能的には非常にピーキーで、実装から長らく「最弱の☆5」と呼ばれる時期が続いていた。
ダメージ計算において1.5倍の与ダメの代わりに常に被ダメ2倍という共通特性を持つバーサーカークラスの中で、
彼女は高レアバーサーカーに多い暴力的なバフを持っておらず、場持ちをよくするスキルも力不足なため、
単純に大ダメージで場を荒らす鉄砲玉運用も、デメリットを相殺してメインアタッカーにする運用にも向かなかったからである。

彼女の最大の特徴はスター(次ターンの攻撃時のクリティカル発生率を上げるアイテム、相手を攻撃することで生成)の生成能力と、
バーサーカーのクラス特性と自身のスキルを併用することで、それを任意のタイミングで 他のキャラに 集中させられることにある。
つまり、バーサーカーの火力で雑魚を処理しつつメインアタッカーのダメージを底上げする、
サポート型のサブアタッカーであるので、他のバーサーカーとは全く違う運用が要求される。

その後、強化によって「刹那無影剣」という強力なバフを手に入れたこともあって「最弱の☆5」と呼ばれることは無くなり、
相変わらずピーキーな性能も逆に「このキャラがいないとパーティー設計が成り立たない」とコアなファンの獲得に繋がっている。
また2019年には「∞黒餡子」が大幅に強化された。

宝具は、まさかのセイバークラスのサーヴァント特効単体ダメージ攻撃。
セイバー根絶を目指してたのって、ヒロインXの方じゃなかったっけ…?
しかも、本来のライバルであるはずのヒロインXはアサシンなので、この特効が入らないというオチがつく。
この謎の補正に関してゲーム中での解説は未だ無いが、色々と解釈の余地はある。
ヒロインXの「かんぺきなぎそーこーさく」に騙された結果とする、 えっちゃんドジっこ可愛いよ説
マスター・アグラヴェイン等ヴィラン陣営も含めて騙された結果とする ギャグ時空説
えっちゃんが心の底では既にXを倒すべき仇敵と見ていないという キマシタワー友情と使命の葛藤説 など。
システム上、バーサーカーのクラスはシールダーとフォーリナー以外に大ダメージを与えるので、通常攻撃だけでも問題なく倒せる。
特にスカサハ=スカディとの相性が抜群に良く、高難易度ではセットで使用されることも多い。


MUGENにおけるえっちゃん

シェイ氏によるMMDモデルを素体とした半手描きドットのものが存在。
服装は第一形態(眼鏡+セーラー+コート+マフラー+ガーター)。
FGO原作の攻撃モーションをほぼ網羅しており、
スキルも格闘ゲーム向けにこじつけ解釈して実装されている。
2017年7月にβ版が完成、公開された。

攻撃は弱中強の3ボタン。他に高速移動ボタン1つ、ゲージ技専用ボタンが2つあり、操作感は『東方緋想天』に近い。
曰く「格闘ゲーム初心者でも操作しやすいキャラ」がモットーとのことで、
咄嗟に出しやすいダッシュ・ステップ、ヒット確認の猶予時間が長い基本コンボ、
簡単なコマンド入力の必殺技(波動・逆波動・下下の3種類のみ)、レバー+ボタンで出る超必殺技など、
人操作での動かしやすさが特徴。

デフォルトでAIが搭載されており、実用レベルは2段階に変更可能。よく動くがあまり強くはない。
こちらも人操作で倒せる前提で調整されているらしい。

なお、MUGEN1.1専用。
ライトセイバーの軌跡描写や一部の攻撃の瞬間ズーム演出などに新MUGENおよび1.1の新規機能が使われており、
1.0以前のバージョンでは動かない。


出場大会

  • 「[大会] [謎のヒロインXオルタ]」をタグに含むページは1つもありません。

*1
ちなみに、普段着であるセーラー服姿はヒロインXの体操服との対比であると思われるが、元ネタと思われるものも存在する。
それが「マスターアルトリア」である。



アニメ誌『月刊ニュータイプ』の企画「My Favorite SABER Project」において、
2011年11月10日~2012年1月30日に行われた「セイバークラス以外でセイバーが召喚されるなら?」
というアンケートで「サーヴァントではなく、マスターになってもらいたい!」という回答が1位を獲得した。
結果を受け、ニュータイプ誌2012年6月号で武内崇氏がピンナップで描き下ろしたのが、
この「マスターアルトリア」である。
青いセーラー服姿で右手に令呪、左手に竹刀袋を携えている。
竹刀袋の中身はこの時点では不明であったが、
PS Vita版『Fate/hollow ataraxia』内でプレイ出来た対戦型タワーディフェンスゲーム、
『カプセルさーばんと』で敵マスターとして登場してきた際には、竹刀袋の中身は真剣であった。