謎のヒロインXオルタ




「ブオン、ブォンブオン、
 バキューンズキューン、ズシャー!
 ……はっ!? 見ましたね、私の秘密のイメトレを!」

プロフィール

 真名:謎のヒロインX
 身長:154cm
 体重:42kg
 出典:2017年バレンタインイベント
 地域:サーヴァント界
 属性:中立・悪
 性別:女性
 じまんのつるぎ『邪聖剣ネクロカリバー』はあやしいつうはんでかった。

 筋力:A 耐久:B 敏捷:B 魔力:A+ 幸運:C 宝具:A++
 CV  :川澄綾子
 ILLUST:BUNBUN


iOS&Android用アプリ『Fate/Grand Order』に登場するバーサーカーのサーヴァント。
イベント「復刻:チョコレート・レディの空騒ぎ -Valentine 2016- 拡大版」に合わせて、2017年2月8日期間限定実装。

氾濫するセイバー(及びアルトリア顔のヒロイン)の抹殺を使命とする「対セイバー用決戦兵器」謎のヒロインX
を倒すために生まれた「対・対セイバー用決戦兵器」。
もう訳が分からない、だって?
━━━考えるな。感じるんだ。

+ ヒロインXって誰?


X因子を触媒に練成され、その身にオルタニウム結晶を宿した、世にも珍しい文系バーサーカー。
まじめで控えめな態度の少女。
好物は甘味。隙あらば高級和菓子を所望してくる、割と金のかかる腹ぺこ。
+ 詳細設定
オフの日は黒い円卓型のこたつから一歩も出ず、読書をしたり音楽を聴いたりして過ごす。
基本ずぼらで面倒くさがり。
他人からの命令や指図には、皮肉を返しつつもそれなりに素直に従うのは不思議。
甘いもので釣ると早い。

元々は暗黒の騎士団ダーク・ラウンズ(R.O.U.N.D.S)に所属する(ヴィラン)、ペンドラゴン卿であったが、
壊滅に瀕したダーク・ラウンズの最後の希望、のようなものとして、
師のマスター・アグラヴェインに記憶を封じられ、逃がされた。
ダース・ベイダー新円卓に属するヒーロー、賢人バベジンの追っ手を倒して
惑星ロジアンを脱出したヒロインXオルタは、なんやかんやあった末に謎のヒロインXと出会い、
記憶を失ったままルームメイトとして学園生活を送る事となった。
+ 通称「えっちゃん」。

メイン武装は、ツインブレードやチェーンソーなど自在に変形する“邪聖剣ネクロカリバー”。
他にも念動力“オルタ・チョーク”や、腕先から魔力を放出する絶技“オルト・ライトニング”など、
どこかで見たような多彩な技を駆使する。
どう見てもダース・モールです。本当にあ(ry

「オルトリアクター臨界突破。我が暗黒の光芒で、素粒子に還れ! 『黒竜双剋勝利剣(クロス・カリバー)』!!」

宝具は、A+ランクの対人宝具「黒竜双剋勝利剣(クロス・カリバー)」
通販のカタログスペックを信じるなら、いつか星をも断つ(だろう)とされている“邪聖剣ネクロカリバー”で
敵をX字に切り裂く。
ちなみに、A+というのはFate世界観における通常宝具の最高ランクの威力、かつ一時的に約2倍の出力を出す方法が存在する、という意味。
ゲーム内演出や効果・設定を見る限り、とにかく出力だけが凄くて、呪いやら祝福やらといった付随効果は無い模様。
そしてよく壊れて爆発する。 変形機能なんてつけるから・・・

彼女の所有スキル「∞黒餡子」は、初登場のイベント時には「∞チョコレート」であった。
ぶっちゃどっちにしろ元ネタは「インフィニティ・ガントレット」である。


Fate/Grand Orderでの性能

設定や外見のかわいさ、モーションの格好良さなどから人気を博す一方、
性能的には非常にピーキーで、実装から長らく「最弱の☆5」と呼ばれる時期が続いていた。
ダメージ計算において1.5倍の与ダメの代わりに常に被ダメ2倍という共通特性を持つバーサーカークラスにおいて、
彼女は高レアバーサーカーに多い暴力的なバフを持っておらず、場持ちをよくするスキルも力不足なため、
単純に大ダメージで場を荒らす鉄砲玉運用も、デメリットを相殺してメインアタッカーにする運用にも向かなかったためである。

彼女の最大の特徴はスター(次ターンの攻撃時のクリティカル発生率を上げるアイテム、相手を攻撃することで生成)の生成能力、
およびバーサーカーのクラス特性と自身のスキルを併用することでそれを任意のタイミングで 他のキャラに 集中させられることにある。
つまり、バーサーカーの火力で雑魚を処理しつつメインアタッカーのダメージを底上げする、
サポート型のサブアタッカーであるので、他のバーサーカーとは全く違う運用が要求される。

宝具は、まさかのセイバークラスのサーヴァント特効単体ダメージ攻撃。
セイバー根絶を目指してたのって、ヒロインXのほうじゃなかったっけ・・・?
しかも、本来のライバルであるはずのヒロインXはアサシンなのでこの特効が入らないというオチがつく。
+ この謎の補正に関して、ゲーム中での解説は未だ無い。

+ 余談
+ さらに余談


MUGENにおけるえっちゃん

  • シェイ氏製
シェイ氏によるMMDモデルを素体とした半手描きドットのものが存在。
FGO原作の攻撃モーションをほぼ網羅しており、
スキルも格闘ゲーム向けにこじつけ解釈して実装されている。
2017年7月にβ版が完成、公開された。

攻撃は弱中強の3ボタン。他に高速移動ボタン1つ、ゲージ技専用ボタンが2つあり、
操作感は東方緋想天に近い。
曰く「格闘ゲーム初心者でも操作しやすいキャラ」がモットーとの事で、
とっさに出しやすいダッシュ・ステップ、ヒット確認の猶予時間が長い基本コンボ、
簡単なコマンド入力の必殺技(波動・逆波動・下下の3種類のみ)、レバー+ボタンで出る超必殺技など
人操作での動かしやすさが特徴。

デフォルトでAIが搭載されており、実用レベルは2段階に変更可能。よく動くがあまり強くはない。
こちらも人操作で倒せる前提で調整されているらしい。

なお、MUGEN1.1専用。
ライトセイバーの軌跡描写や一部の攻撃の瞬間ズーム演出などに新MUGENおよび1.1の新規機能が使われており、
1.0以前のバージョンでは動かない。


出場大会

  • 「[大会] [謎のヒロインXオルタ]」をタグに含むページは1つもありません。