クラッカー・ジャック





格闘スタイルボクシング+野球+サッカー(雑誌『ストリートファイターぴあ』)
出身地:アメリカ
誕生日:6月14日
身長:189cm
体重:98kg
血液型:B型
好きなもの:野球 サッカー その土地土地の酒
嫌いなもの:群れる事
(以上、格闘スタイル以外は『シャドルー格闘家研究所』より)
「張り合いがないんだよ!」
カプコンの3D対戦格闘ゲーム 『ストリートファイターEX』 シリーズに登場するキャラクター。
「C.ジャック」とも略記される。担当声優は銀河万丈氏
デビュー当初は「クラッカー・ジャック」と表記されていたが、実はアメリカの老舗スナック菓子のブランドに同名のものがあり、
家庭用版『EX2 PLUS』以降では同ブランドに配慮して「 ジャック 」のみの表記になっている。
シリーズの途中で衣装が変更されたキャラの一人であり、
初期は黒いテンガロンハットに白いシャツ、赤いネクタイと黒いズボンという服装だった。
その外見は『快傑ズバット』の主人公「早川健」を演じた 宮内洋 がモチーフとされており、実際開発中での名称も「ミヤウチ」だった。

ラスベガスの用心棒組織「クラッカーズ」のナンバーワンと言われた男
ボクシング蹴り技も使う)と野球とサッカーを組み合わせたまったく新しい格闘技の使い手。
ブレア・デイムの旅に用心棒として同行する。

組織の名前は『ストV』公式サイト内のCAPCOM公式ブログ『シャドルー格闘家研究所』にて上記の個人プロフィールと共に初めて明かされ、
封印されてしまった「クラッカー」という名前の設定が組織名「クラッカーズ」として残った形になる。
さらに「自由な生活とライバルとの戦いを終わらせるためにクラッカーズを抜け、現在はフリーの用心棒をしながら世界を旅している。木製のバットが宝物」
という設定が公開された。つまり「今ではもうクラッカーでは無くなって、ただのジャックである」という説明にもなっている。
なお、公開当初は「出身国:日本 誕生日:アメリカ」という盛大な誤植があったがすぐに修正されている。

必殺技溜めコマンドの突進技「ダッシュストレート」に「ダッシュアッパー」、
ボタン同時押しで溜めて溜め時間に応じて腕が巨大化して威力が増える「ファイナルパンチ」と、
ほぼM・バイソンコンパチと言っていい構成をベースに、
バイソンの課題であった飛び道具対策として、弾をバットで打ち返す「ホームランヒーロー」と弾を蹴り飛ばす「サッカボールキック」を持つ。

『EX』シリーズは作品が進んで行くにつれて無印ストIIに出演した面々は含めて全員参戦したのだが、
その中で 本田とバイソンだけが欠場。
バイソンの場合は間違いなく性能丸かぶりのこいつがいたからであろう。(つまり性能的にはバイソンも登場していたようなもの)
本田は……うん、人気が無かったんじゃないかな……

「どうだい!参ったか!」


MUGENにおけるクラッカー・ジャック

armin_iuf氏製作

手書きのスプライトを使用しており、技は原作に存在したものを搭載している。
ただ、ファイナルパンチは無い模様。

3ゲージ技(メテオコンボ)の「ホームランキング」はヒットすれば7割5分持って行く凄まじい火力を持つ。
ぜひともこれを狙っていきたいものだが、1ゲージ消費技も頼りになる技が揃っており、
攻撃発生まで無敵が続く突進技「クレイジージャック」と打撃技「グランドスラムスマッシャー」による切り返しや
体力3割持って行く移動投げ「レイジングバッファロー」による崩しなどが有力。
3ゲージ技のためにゲージを温存するか、1ゲージ技を適宜活用して戦うか、どちらも魅力的である。

エクセルやガードブレイクといった原作のシステムは無く、エリアルレイブなどマーヴル要素が多少入っている。
すぐに分かる特徴はチェーンコンボが入っていること。単純に手数が増え、飛び込みでも空中から複数回の攻撃ができる。

挑発のモーションに喰らい判定を付け忘れているのか、終わるまで完全無敵。攻撃避けみたいなことになっている。

AIはデフォルトで搭載されている。
ゲージ技は積極的に使っていくタイプで、3ゲージ溜まるまで温存する方針では無いのでホームランキングはほぼ見られないだろう。
行動の精度はいささか甘く、特にエリアルレイブはしょっちゅう失敗するのが残念なところ。

作者が外国人なので日本語がよく分からなかったのか、登場シーンで「どうだい、まいったか!」と言ってしまう事がある。

フォルダ名は「jack」になっているので別のジャックを上書きしてしまう危険性があるため、「c_jack」などに変更しておいた方がいいかもしれない。

出場大会

  • 「[大会] [クラッカー・ジャック]」をタグに含むページは1つもありません。