マッチョマン

プロフィール

ファミコン時代にビック東海が発売したバカゲー『突然!マッチョマン』の主人公。
本名はジャクソンだが、作中で彼の名が呼ばれる場面は無いので本名の印象は非常に希薄で、
ゲームのタイトルにもなっている「マッチョマン」でイメージする人の方が多いだろう。
なのでスーパーマン/クラーク・ケント、キン肉マン/キン肉スグル等の例にならって項目名は本名ではなく変身後の「マッチョマン」で作成する。

服用すると超人と化す薬マッチョマックスペレーを開発した科学者。
無線で薬の注文を受け、セスナ機で向かったところ撃墜されてトロッポ島に不時着。
実は薬を注文してきたのは宇宙人で、島は怪物の巣窟になっていた。
彼は島中に散らばってしまったマッチョマックスペレーを拾い集め、マッチョマンとなって戦いに挑む。
+マッチョ薬を狙う宇宙人とは…!?(ネタバレ注意)

科学者としては行動力ありすぎという事なのか、海外版では海兵隊員AmazonAmagonという設定に変更されている。

通常状態は機関銃を武器として戦う。
弾数制限があり、弾切れが起きると銃を鈍器として振り回すしか攻撃手段が無くなってしまう。
しかしゲーム開始時に300発という多量の弾丸を所持しており、敵を倒すと弾薬補充アイテムを結構頻繁に出すので
きちんとプレイしていれば弾切れの心配はあまり無い。
問題はボスが硬すぎて数十発以上(硬いボスだと150発以上)の弾丸が必要になり、ボス戦でやられてしまうと下手をしたら詰む。
当時のアクションゲームの常として耐久力は無く敵の攻撃に当たると一発で死ぬ
敵の攻撃はなかなか厳しく、このままではクリアは難しい。
そこで敵を倒して得たマッチョマックスペレーを使用すると突然マッチョマンに変身する

マッチョマン状態では最大14発の耐久力を持ち、機関銃の8倍の威力を持つアッパー(ザコは1~2発で倒せる。ボスもたいてい瞬殺)と
耐久力を1つ消費してしまうものの、機関銃の16倍の威力の光線マッチョビームを発射できる。
通常状態の貧弱さとマッチョマン状態の強靭さの差が極端で、変身すると一気に楽勝になってしまうところがゲームの醍醐味となっている。
後半ステージの多くは攻略情報が「変身すれば楽勝」だけになってしまうらしい。
マッチョマン状態ではBGMが専用のものになり、これが癖になるかなりの名曲。
ゲーム全体で「マッチョマンに変身しろ」と推しているような造りだが、上手いプレイヤーは変身せずにクリアも達成している。

通常状態での各ステージのBGMも結構いい感じで、まさに「Welcome to this crazy island!」なイカレっぷりが楽しい2面の曲や、
純粋に熱くかっこいい終盤の曲など良曲が多い。
だが、いかんせんゲームがマッチョ前提なのでなかなか聴くことができないのが少し残念なところ。

RTA
変身なしクリア
TAS
マッチョ時BGM(アレンジ)


MUGENにおけるマッチョマン

STG氏が製作。海外名の「Amagon」名義になっている。

格ゲー風にジャンプがレバー上になっている等いくつかの操作がファミコンそのままではないという点を除いては原作の仕様を再現しており、
変身前は機関銃で戦い、弾が切れると打撃攻撃しか出せなくなる。敵の攻撃を食らうと一撃で死亡。
一応弾切れ状態も再現されてはいるのだが、格ゲーで300発も弾を撃つかと言うと、
撃ち終わる前に相手か自分がやられているだろうからあまり現実的では無い。
トレーニングモードで試すくらいしか見る機会は無いだろう。

機関銃の威力は敵の体力と連動しており、1発で「敵の最大ライフの1/100」のダメージを与える。つまり100発当てないと倒せない。
だが敵に接近して撃っていれば弾が連続ヒットするので、結構簡単に即死連続技ができてしまったりする。マッチョに変身する意味無し……?
機関銃を撃った時のゲージ増加量がかなり多く、撃っていればあっという間にゲージが溜まる。
そして1ゲージ消費でお待ちかねのマッチョマン状態変身となる。

マッチョマン状態では 機関銃の50倍の威力を持つパンチ 100倍の威力を持つビーム(つまり即死) で攻撃できる。
本人はアーマーで耐久15発。強すぎる。

BGMを自分で演奏しており、通常時は一面のBGMを演奏、変身するとあのBGMになってくれる。

機関銃でゲージを溜めてマッチョマンに変身、というのが基本的な戦術になるはずだが、
ここで 機関銃がヒットしたらそのまま勝ってしまう という性能が贅沢な悩み。
1ラウンド目でゲージを溜めつつ即死コンボでそのまま勝利、2ラウンド目の開幕で変身という手順がいいか。

デフォルトAIは入っていない。
改変は自由とのこと。


出場大会

  • 「[大会] [マッチョマン]」をタグに含むページは1つもありません。