レイア・ビゼット



「やるしかないかぁ~…」
年齢 15歳
性別 女性
身長 154cm
3サイズ B71 W55 H80
体重 48.5kg
誕生日 5/19
職業 魔導師
好きなこと 食べ歩き・何も考えずのんびりすること
嫌いなこと 面倒なこと(主に人付き合い)・したくない努力をすること

ウルトラマンエックスなどのウルトラシリーズのキャラ製作で知られるbakisimu氏の製作したオリジナルキャラクター。
2017年6月10日公開開始。その後2017年11月19日までの更新で技が追加され性能が調整されていった。
特に2017年11月の更新ではボイスとカットインが追加され、キャラの性格的な魅力と見栄えの面が大きくパワーアップしている。
CVはネット声優の雨田杏南氏が当てている。
魔法剣士タイプのキャラクターであり、魔法を使用することで使用回数に応じて剣が魔法剣に強化されるシステムが特徴。
未強化の状態では性能が低めなので厳しく、序盤でどうにか魔法の回数を稼いで後半に巻き返すコンセプトで作られたとのことである。

公開当初の製作動画。
17年11月更新版。ボイスと追加技がよく分かる

魔導師がメインの職業であり、魔法の勉強をしているが、
人付き合いが苦手なため、一人でも戦えるように我流の剣術を習得している。
武器の木刀は修学旅行で買ったものだが、魔力適正の高い素材を使っているため杖としても使える。

+同梱txtより設定や背景ストーリーなど
魔法の勉強をしていて魔導師メイン…だが人付き合いが苦手なのでからソロで戦うために我流の剣術を磨いている。

魔法の基本はこなせるが応用は苦手、
剣術はある程度勉強しているが独学なので隙が多い。
偶然使えるようになった魔法剣を駆使してぎりぎり一人前といったところ。
一応剣術もあわせて一人で色々できるので一人パーティのようなバランス配分。

武器は木刀、魔力適正が高い素材でできているため杖としても使える。修学旅行のときに購入した代物。

レイア・ド・スペシャルは古文書を読んで見つけた呪文を適当にアレンジして使用する技、なので自身で命名。
フランス語の様な感じだが文法として怪しいのでおそらく語感とノリで付けている。

戦闘中にMUGEN世界に飛ばされたので、
飛ばされた時と同じように戦っていれば元の世界に戻れるかもしれないと思って戦いに身を投じる。
(以上、同梱のtxtファイルより転載)

+技の元ネタについて
作者が他に製作したキャラとそのファン層から、特撮キャラの技が元ネタだと思われる事もあるが、
おそらく技への影響が大きいのは『魔導物語シリーズ(ぷよぷよシリーズ)』だと思われる。
魔法の名称の大半は魔導物語、ぷよぷよシリーズに登場する魔法名になっている。
同シリーズに登場するシェゾの闇魔法に「アレイアード・スペシャル」という魔法があるので
ゲージ技もそこが名前の由来だと思われる

また、芭菜子=アマソネの作者oga氏によってVRChat用のアバターも公開されている。
VRアバター紹介動画


MUGENでの性能

基本動作に関してはメイン職は魔法系なのでそこまで機敏で無いとのこと。
通常攻撃は弱、中、強の3ボタン式であり、地上では弱攻撃の連打キャンセルが可能。
木刀を使って攻撃するため、中、強攻撃のリーチは少し長めだが、
木刀部分にもしっかり食らい判定が付いているため、相手の反撃には注意する必要がある。

コマンド技としては魔法攻撃と木刀を使った技が搭載されており、魔法の使用回数に応じて木刀のコマンド技が魔法剣に強化される。
魔法攻撃としては火球を飛ばす飛び道具のファイヤー、冷気を地を這う飛び道具にして飛ばすアイス、
隙は大きいが相手の位置をサーチして威力高めの雷を落とすサンダーがある。
サンダーは飛び道具発生確定は早いのだが、相手の位置をサーチするタイミングも早いため動き回る相手には当たりにくい。
他の魔法も割と微妙な性能をしているが、後述する強化目当てにできるだけ魔法を使っていく立ち回りが序盤は求められるだろう。

そしてこのキャラの魔法の最大の特徴は魔法使用時の属性強化である。
各属性の魔法を一定の回数(デフォルトは5回)使用すると、画面に炎や氷などの対応する属性のアイコンが表示されるようになる。
この状態になると後述するようにコマンド技が魔法剣に変化して性能が強化される。
さらに通常技に関しても属性のアイコンに応じて性能が強化される。
  • 炎のアイコン
    • 通常技の攻撃判定強化。
  • 氷のアイコン
    • 相手に通常技をガードされた時の有利フレームが2F伸びる。
  • 雷のアイコン
    • 移動速度、バックステップ速度が増加する。
どの強化も有用なので速めに強化して後半で巻き返したい。
強化に必要な回数は自由に設定でき、最初から全属性が強化された全開モードで戦うことも可能。
ちなみに特殊カラーの12Pでは最初から全属性が強化済みである。

コマンド技は次のような技が揃っている。17年8月の更新で追加されたコマンド技も多い。
+xボタン系のコマンド技(振り下ろし→ファイヤースラッシュ、下段突き→ファイヤースラスト)
  • 「振り下ろし」
木刀を振り下ろす中段攻撃。発生は遅めだが上手く相手のガードを崩すために使いたい。
  • 「ファイヤースラッシュ」
「振り下ろし」が強化された技で炎の剣を振り下ろす中段技。コンボ補正が緩めで火力が高い。
  • 「下段突き」
木刀を下方向に突き出す立ち下段技。中段技と合わせて相手のガード崩しに。
  • 「ファイヤースラスト」
「下段突き」が強化された技で突き出した剣の先から地面に炎が発生するようになる。
剣部分は下段判定のままなので「ファイヤースラッシュ」との二択で崩しが狙える。
設置のような形で飛び道具が発生し、持続も長いので起き攻めにも使えるかも。

+yボタン系のコマンド技(斬り上げ→アイススラッシュ、突き→アイススラスト)
  • 「斬り上げ」
木刀で切り上げる技。未強化だと当てても不利だが、ノックバックが大きく未強化時のコンボの締めに適した技。
  • 「アイススラッシュ」
「斬り上げ」が強化された技で氷の剣で切り上げる。攻撃と同時に地を這う冷気の飛び道具が出る。
有利フレームが長くコンボ始動技にもなる優秀な技。
  • 「突き」
少し前進しながら木刀を正面に突き出す技。中距離の牽制やコンボの締めの選択肢として使えるか。
  • 「アイススラスト」
「突き」が強化された技で、氷魔法で地面を滑って魔法剣で攻撃する突進技。
移動速度と距離が大幅に伸びているので遠距離からの不意打ちや、
アイススラッシュの飛び道具部分が遠距離で当たったときに使いやすい。

+zボタン系のコマンド技(跳躍斬り→サンダースラッシュ、対空突き→サンダースラスト)
  • 「跳躍斬り」
飛び上がりながら木刀を振り上げる技。昇竜技のように見えるが、無敵が無いため注意が必要。
上半身の食らい判定は小さくなるので対空目的で活用したい。
  • 「サンダースラッシュ」
「跳躍斬り」が強化された技で電撃をまとった剣になる。無敵が開始から上昇中に付くようになる。
非常に出が速く無敵時間も長めなので、対空はもちろん接近戦時の割り込みやリバーサルでの切り返しにと頼れる技。
大抵の行動を一方的に潰せてしまえるため、AI戦においては大いに活躍してくれる。
ただし、空振ったりガードされると大きな隙を晒すことになるため過信は禁物。
  • 「対空突き」
木刀を斜め上に突き出す技。「跳躍斬り」よりはリスクの小さい対空用の技として使える。
  • 「サンダースラスト」
「対空突き」が強化された技で、剣の先から斜め上に雷の球が飛ぶようになる。
魔法剣部分が空中ガード不可なので近距離で空中の相手を落としたり、
飛び道具部分で遠距離の相手にジャンプをさせないように牽制する役割を担える。


超必殺技は炎の竜巻を発生させる1ゲージ技「ファイヤーストーム」、複数の稲妻を落とす0.5ゲージ技「ライトニング」などを搭載。
1ゲージ技の「エレメンタルスラスト」は木刀で3連突きを放った後に渾身の一撃を叩き込む技で、
属性強化がされていると対応する突きが強化され、見栄えが派手になる。
3属性全てが強化済みならば最後の一撃にダウン効果が付くが、未強化の属性が一つでもあると相手はダウンしないので注意。
2ゲージ技は「レイア・ド・スペシャル」で、闇属性魔法で捉えた相手をX字に切り裂く技である。

デフォルトでAIも搭載されており、AI戦では一般的な並~強キャラ位の強さに仕上がっている。
魔法使用による性能強化という面白いコンセプトで技も揃っており、今後の活躍に期待したい。
改変や外部AIの作成などはご自由に、とのこと。

出場大会


出演ストーリー