American idiot

「さぁ、見せてもらいますよ」

「十分に楽しむには、少し時間が短すぎました」

Tommy-gun氏が作成した花京院典明のアレンジキャラ。

ポートレイトはグラサンのブッシュ元大統領*1、アイコンはグリーン・デイ*2、見た目は恐怖を乗り越えた花京院と訳の分からないキャラ。
名前は「アメリカの馬鹿」という意味である。
さすがに大統領を馬鹿呼ばわりは不味かったのか、現在のポトレは『仮面ライダー555』のセンチピードオルフェノク・琢磨逸郎のもの。
CVも琢磨の物が使用され、超必殺技のカットインでは同作の仮面ライダーカイザと仮面ライダーデルタが登場する。

この人が琢磨逸郎さん。
オルフェノクの中でも上位の力を持つグループ「ラッキークローバー」の一員。*3

詩が趣味の知性派で、最初はイェイツの詩集を手にかっこよく登場。
主人公達を圧倒し、一時はファイズにも変身したのだが、次第に負け癖が付いてへタレキャラとなってしまった。

中の人は山崎潤氏。
過去に『仮面ライダーアギト』にも出演、北條透という警察サイドの憎まれ役を演じていたのだが、
いつのまにか負け癖が付きギャグ要員のヘタレキャラ化するという、琢磨さんの原型となる役どころだった。
どちらも名(迷?)脇役として特撮ファンの間で親しまれており、その後俳優業を引退したことを惜しまれたが
2009年俳優業に本格復帰。これからの活躍に期待?

+ 琢磨さんのお話 ※ファイズ本編ネタバレ注意


キャラ性能

基本動作は花京院および恐怖を乗り越えた花京院のものだが、スタンドはハイエロファントとチャリオッツの2つを所持。
そしてスタンド名はハイエロファントが「センチピード」、チャリオッツが「ロブスター」となっている。
これはセンチピードオルフェノクの琢磨さんと、同じくラッキークローバーの影山冴子ことロブスターオルフェノクからとったと思われる。
登場時にはファイズのバイク・オートバジンに乗ってきたり、
高性能強化型バイク・ジェットスライガ-を呼んで相手を攻撃する技などファイズ要素が盛りだくさん。
ファイズアクセルフォームの必殺技「アクセルクリムゾンスマッシュ」も使うことが出来る。
ちなみにアクセルクリムゾンはメガマリも使用している。

通常時やセンチピード状態の時の技は、恐怖を乗り越えた花京院と普通の花京院の両方のものが使える。
ロブスター状態ではなぜかロードローラーを落とすことが出来たり、アヴドゥルの灼熱のアンクも使える。
さらに、BGMとして555の第三期戦闘曲「EGO ~eyes glazing over」が流れる謎の技も持っている。
温野菜~ 誰か守るためなら~♪」

AIも同梱されており、中々の強さをもっている。

制作者であるTommy-gun氏は他にも、『仮面ライダーカブト』の地獄兄弟がパイロットの「Sexx on Wings」なるウイングガンダムゼロカスタム等、仮面ライダー要素の入った不可思議なキャラを多数作成していた。
現在は移転先のHPサービスの仕様(ファイルサイズ制限)により公開停止中。


出場大会

削除済み

出演ストーリー



*1
ブッシュ版はyoutubeなどで確認できる。

*2
バンドのグリーン・デイのアルバムに、「American Idiot」というタイトルのものがある。

*3
2009年の『仮面ライダーディケイド』の「555の世界」にも同名のオルフェノクの集団が登場。
こちらでもメンバーは四人だが、明確なリーダーのいない原典と異なり、初登場のタイガーオルフェノクが
リーダーとして加わっている。
代わりにクロコダイルオルフェノクが抜けたのだが、これはスーツが別の怪人に改造されて現存していないという
噂もあるが、真偽は不明。