ミミズク先生






「今週の山場~~っ!!」

概要

飯場半氏が製作したオリジナルキャラクター。
その名の通り教師然とした格好の物凄いデブふくよか体型なミミズク。
その豊満なボディ故に、 何かにつけて地面が揺れる という重量感溢れるキャラである。
キャラの元ネタはアニメ作品『カリメロ(第1作目)』に登場した「フクロウ先生」。ちなみにミミズク先生ほどではないがこちらも太め。
コンセプトは「八奈見乗児氏の声を使った楽しいキャラ」との事。当然ボイスは同氏が演じた様々なキャラから取られている。
…なんだかこの犬と似た様な香りもする様な。

解説

強弱の攻撃に投げ、という3ボタン式のキャラ。
後述の「折檻パンチ」からスーパーキャンセルが可能な点以外、特殊なシステムは搭載されていない。
教師らしく(?)通常投げで相手に説教したり、爆裂拳のごとき体罰鉄拳制裁を繰り出す他、中の人の演じたキャラ達にちなんだ技も使いこなす。
……おかげで「ストロングミサイル!」などと口走って突如 ミサイルをぶっ放したり
パリンと割れそうなバリアを展開したり、爆弾を仕掛けて「ポチっとな」してみたりと中々にカオスな事に。・・・・すごい教師だ。
というか そもそも何を教えてくれる先生なのかはワシにも分からん…。

やや隙が大きいが完全無敵で対空に使える「バリアを張るんだ!」や、当たり方次第でかなりのダメージを叩き出す「ゲッターサイクロン」、
そして高火力のスーパーコンボ「今週の山場」が強力。重量級の見た目に違わず侮れない火力を秘めたキャラである。
特に今週の山場は「折檻パンチ」からスパキャンで繋がるので、ゲージが溜まったら積極的に狙いたい所。
打点が低く牽制に役立つ飛び道具「ストロングミサイル」も持つので、遠距離戦にもある程度対応可能。着弾時のSEがやかましいけど
背が低く、喰らい判定が小さいのも利点である。
その反面、全体的にリーチが短く、更に太ってるので移動速度も遅い。
リーチや攻撃判定に優れる相手には苦戦を強いられる事だろう。

+簡単な必殺技紹介
  • 折檻パンチ
連続技に最適な鉄拳制裁。
爆裂拳っぽい連続パンチを繰り出し、強版はフィニッシュで相手をダウンさせる。
スーパーキャンセルが可能で、後述の「今週の山場」へ繋げると絶大な威力を発揮する。
  • バリアを張るんだ!
科学要塞研究所の某教授の様な掛け声と共に、パリンと割れそうなバリアをその場で纏う技。
範囲は狭く終了時の隙も大きいが、完全無敵で対空や乱戦時に役立つ。威力自体も中々高い。
  • ゲッターサイクロン
妙にエコーがかかった 掛け声と共に繰り出す回転攻撃。
その場で回転する為リーチが短く、ヒット数もいまいち安定しないのが難点。
だが威力は高く、起き攻めや連続技に使うと強力。
  • ストロングミサイル
やはり エコーがかかった 掛け声と共にミサイルを発射する。
牽制や連続技に有効だが、威力は低く硬直もやや長い。あと着弾時のSEがやかましい。
  • ポチっとな
本体から若干離れた位置に爆弾を設置し、リモコンで爆破する。そして起爆時のSEがやかましい。
威力が高く、削りダメージも大きい。更に爆弾が爆発するまでは無敵というおまけ付き。
ただし爆発までが非常に遅く、更にリモコンをしまうまでは無防備なのでほぼ反確という哀しみを背負った技
だが、魅惑の八奈見乗児ボイスのおかげでつい使ってみたくなる。是非一度は決めてみよう。
  • 今週の山場
1ゲージ消費のスーパーコンボ。
某医者一撃必殺技…ではなく、カットインと共に突進し、無数の打撃を叩き込んで〆にゲッターサイクロンで吹っ飛ばす乱舞技
非常に威力が高い上に、折檻パンチからのスーパーキャンセルで安定して繋がる。

デフォルトのAIは搭載されていないが、カサイ氏による外部AIが存在する。
基本的にはミサイルによる牽制からの接近戦を挑んで来るが、バリアを巧みに迎撃に用いたりと堅実な立ち回りも見せる。
近距離で多用する「投げ→しゃがみ強→ゲッターサイクロン」の連続技は、威力にムラがあるもののかなり強力。
だが、やはりそのリーチの短さ故に苦戦する場面も多い。
ちなみに「ポチっとな」は全くと言って良いほど使用しない。まぁほぼ死に技だしな!


「では、今日はこれでおしまい」



出場大会