ユン


「見かけだけでナメてると
    ヒドい目にあうってことさ」
「負けた理由を知りたい、だって?
    それを俺に聞く愚かさの事だよ!」
代表国/出身地: 香港
生年月日: 9月9日
身長: 173cm
体重: 62kg
スリーサイズ: B102 W73 H85
血液型 : B型
好きなもの: 肉まん
嫌いなもの: のんきなやつ、ピータン (アヒルの卵の加工食品)
特技: スケートボード
ファイティングスタイル: 中国拳法 (八極拳ベース)
キャッチコピー: 風雲の白龍 (III・CVS2)、白龍の飛翔 (IV)

「買ったぜ!この喧嘩!」

III1st・III2nd
「そんなことぐらいでもめるんじゃないぜ」
ユンは地面に散らばったリンゴを拾いながら、怒りの納めどころを逸してさらに荒れる大男に話しかけた。
「これはやらなきゃ治まらないな……」と思うが早いか、ユンの前掃腿が男の足を払う。
男はつぎの瞬間宙に浮き、背中から地面にたたきつけられた。
「やりぁがったなこの野郎!」
ふらふらと立ち上がろうと男が顔をあげるのと同時に、ユンの拳が男の鼻っ柱に打ち込まれた。
男は完全に気を失って倒れた。
「なんだまたかい、兄貴」
ユンのあまりの早業に止めることもできず、弟のヤンはいつもの愚痴をこぼすだけだ。
「ケンカの仲裁がいつもこんなんじゃ、あとの始末が厄介なんだぜ……」
「大丈夫さ、今の一撃じゃ誰にやられたなんて記憶も吹っ飛んでるぜ!」
「……何言ってんだか、大勢の前で暴れておいてばればれだ……」
兄の能天気な言葉にうんざりする弟だった。
III3rd
人々の生きる力が心地よい緊張感とともに満ちている街、香港。
その平和を脅かす謎の組織の存在に気づいたユンたちは、
先手を打って組織の深部に乗り込む事を決意した。
避けられない闘いを前にユンの鼓動は高鳴る。
「俺たちの街、守ってみせる!」
ZERO3↑
香港の街で若きリーダーと慕われるクンフー兄弟、ユンとヤン
ある日2人は、香港映画スター、フェイロンの怪しい噂を聞きつける
「 麻薬取引に絡んでいるらしい 」
‥‥それが事実なら大変なことだ
フェイロンの行方を追って、2人は街を飛び出した‥‥

キャラクター設定

ストリートファイターIII』シリーズに登場するキャラクターで、『1st』から登場している。(心山拳のユンはこちら。)
他にも『カプエス2 』、『CFJ』、『ZERO3↑』(GBA版)、『ZERO3↑↑』にも登場。
『1st』ではパンチボタンでしか選択できない上に同キャラ戦も不可(一方がユンを選ぶと、もう一方はヤンを選ぶことになる)という
特殊な位置付けのキャラ(ヤンも同じ)だった。
初代SFでいえばリュウケンのような関係(同キャラ対戦ができないための同性能キャラによる救済処置)。
『2nd』以降はヤンが別キャラになった為に同キャラ戦が可能になった。
担当声優は『2nd』までは同作でケンも演じたとべこーじ氏、『3rd』以降は「BLEACH」の阿散井恋次役などでおなじみの伊藤健太郎氏

双子の弟ヤンと共に香港出身。
III1st・III2ndでは自分達がどこまで通用するか試すべく世界へと旅立っており、III3rdではギル率いる組織の壊滅を目指し戦っている。
『ストリートファイター』に登場する(リー)とは親戚の関係。
出生は上海。幼少時、両親が裏社会の男を助けた事が原因となり、抗争に巻き込まれ行方不明になってしまう。
そのため以降は祖父に育てられ、得意の中国拳法(八極拳)は彼から叩き込まれた。
性格的には直感で行動するタイプで、考えなしに行動してヤンにいさめられる事もしばしば。
またかつてのケンを彷彿とする生意気な言動が目立ち、憎まれ口もよく叩く。
幼馴染みのホイメイに気を持たれているがユン自身はそれに気付いていない。
『2nd』の勝利台詞ではヤンを「スネちゃま」、 ショーンを「野菜王子」、ヒューゴーを「キョカンチン」、ユリアンを「鋼鉄魔人」と
日本のアニメにちなんだ渾名で呼んでいたりする。


『3rd』では最終的にギルと闘い、
「善戦に敬意を表して、香港をユン達に任せて、ギルの組織の計画に於いて最大限の権利を与える」とギルに持ちかけられた。
だがユンは計画自体を辞めさせようとしているためにそれを拒否。
「今まで以上に街を守らなければいけない」という使命感をいっそう強くする。

作中のストーリーや、何故かストIIIシリーズの主人公差し置いての客演作品の多さなど、ストIIIキャラの中でも非常に優遇されている。
ちなみにストⅣ春麗のストーリーデモにもヤンと共に出演しており、更にアーケード版のスパIVに兄弟揃って参戦。
ケンまことと同じくIII3rdから声優の変更は無く伊藤健太郎氏が演じる。


時系列では『III』より10年ほど過去となるはずのGBA版『ZERO3↑』にもマキイーグルと共にゲスト出演。
フェイロンが麻薬密売に関与しているという噂を聞き、ヤンと共に阻止しようとする。
しかしOPでは上記のような気になるストーリーが語られていたものの、GBA版ではCPU戦の敵出現テーブルが
「5人目:ディージェイ→9人目:殺意リュウ→乱入:ユーリユーニ→ラスボス:ファイナルベガ」という
フェイロンが一切登場しない 謎仕様となっており、エンディングも全キャラクター共通で終わっていた。
その後の移植であるPSP版『ZERO3↑↑』では追加のイングリッドと共に彼ら3人もストーリーデモが追加されて、
9人目の相手だった殺意リュウがフェイロンに差し替えられ、実はシャドルーを壊滅させようとしていたフェイロンと共闘。
EDではフェイロンが主演する映画の続編にヤンと共に主役としてデビューを果たした。
もっとも本作のユン・ヤンのグラフィック自体は『カプエス2』からのまんまコピペなので、
『ZERO3』の頃は多めに見積もったとしても10代ぐらいだったはずの 彼らの外見が何故か全く変わっていない が、
そこはあまり突っ込んではいけない(『ZERO3』はパラレルワールド説もある)。
その後、『IV』で撮影されているフェイロンの新作映画が『ZERO3』のものの続編タイトルになっている。

見た目の元ネタはアメリカの中華系プロスケートボーダー「ケン・リュウ」。帽子・三つ編み・スケボー・チャイナついでに白い服と共通点が多い。
『新機動戦記ガンダムW』のデュオ・マックスウェルにも似ている
(もっとも、帽子の下の髪はほぼ全部後ろに持っていっているので見た目はそれほど似ていない。同じ『ガンダムW』に登場していた張 五飛の髪型にも似ている)
ので弟は『ガンダムW』のトロワ・バートンになったのかも知れない。
デュオ同様に、ユンも明るく陽気な性格である。

一方で、目深に被った帽子におさげ髪といったファッション、使うとの関係性など、
某餓えた狼に似ている点もちらほら見られる。
そのせいか、『CAPCOM VS. SNK 2』ではギースが専用勝利メッセージで
「双子に、兄弟… ロクな奴がおらん。ことごとく私を不快にさせる!」
と発言している(「双子」はこっちの兄弟のこともあるが)。


キャラクター性能

体力が低いが、動きが素早く技の使い勝手が非常に良い。コンボ性能にも優れている。

+ シリーズを通して性能が若干異なるため、ここでは『3rd』での性能を説明する。
   「はぁ~! 幻影陣!」

「しっかりよけろよ
けど、幻影陣じゃなあ…」

+ CVS2では
+ ストIVシリーズでは


MUGENにおけるユン

MUGENでは海平氏制作の3rd仕様ものや悪咲氏のCVS仕様がよく動画に出ている。

+ 海平氏制作の3rd仕様

+ 悪咲3号氏制作のCVS仕様

+ Fido氏製作のMX仕様

+ Buckus氏製作のアレンジ仕様


おすすめコンボ

  • 通常コンボ
コマンド 備考
立弱PTC > 強絶招歩法or強二翔脚or弱鉄山靠 > SA ヒット確認可能。弱鉄山靠からは各種SAに繋がる。
リープ > 立弱K > 弱絶招歩法 中段から。間合い調整必要。
屈中P > EX二翔脚 > 追い討ち 対空及び、対空ブロ後。
屈中K > EX鉄山靠 > 弱絶招歩法 画面端時のコンボ。ガードされても反撃を受けづらい。

  • 幻影コンボ(青字が幻影陣発動中)
コマンド 備考
弱PTC > (弱鉄山靠) > 幻影陣 > 中P > 6強P > (6中K>6中K>強P)*2 > 中鉄山靠 > 中絶招歩法 難しいテクニックなど無いので初心者でもできる。威力もそこそこ。
弱PTC > (弱鉄山靠) > 幻影陣 > 中P > 強P > 中鉄山靠 > 強鉄山靠*N > 中鉄山靠*N > 中絶招歩法 強鉄山靠で画面端に運ぶ。

「熱くなっちまったら自分でも止められないんだ‥‥悪いな」

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み

出演ストーリー


「もっと強気でいこうぜ!」