ゼウス



   「打ち砕いてくれる!!」

     名前:ゼウス(本名は不明)
     コピー:暗黒の覇者
     出身地:不明
     身長:181cm~(可変) (2JET)
               181cm~無限?(PERFECT)
               体重:122kg(2JET)
               122kg~無限?(PERFECT)
     誕生日・血液型・職業・格闘技:不明
     趣味:美女をはべらせ酒を飲む
     好きな物:最強なもの
     嫌いな物:弱いもの
     知能指数: 最強
     宝物:最強である自分自身


ワールドヒーローズ』シリーズのキャラクター。『2JET』のラスボスであり、『ワールドヒーローズパーフェクト』の中ボス*1
元々は裏から世界の歴史を操っていた一族の末裔だったが、歴史操作に退屈していた。
しかしブラウン博士の作り出したタイムマシーンの存在を知り、退屈しのぎに全時代を支配することを思いつく。
手始めに全時代のヒーローを集めて「暗黒超武会」を開催し、全てのヒーローを打ち倒し支配下に置こうとする。
部下にジャック・ザ・リッパー呂布奉先を擁するが、ジャックは役立たず扱いで呂布にはいつ寝首をかかれるか解らない関係。
これは部下としてタイムマシーンでHEROを呼ぶ際に間違ってHEEL(悪役)と入力してしまったためである。

     自称〝世紀末覇王〟姿も金髪のラオウ状態。『熱闘ワールドヒーローズ2JET』では「けんおう」を自称している。
     服装など聖帝分も多少入っている。
     さらに言うならばJETのデモに出てくるスーツ姿のときをゼウス20%(これはこれで気に入ってるらしい)
     戦うときの姿をゼウス100%と言うらしく、
     NEO-DIOに続いて「大丈夫なのかADK」と思わざるを得ないキャラその2。
     荒木の次は武論尊。昔の格ゲーのフリーダムっぷりを(ry
     ・・・というか、その後も遊星の悪魔やらロボット刑事やらデコ助やらが跋扈している辺り
     格ゲー業界自体がパロディの坩堝なのかもしれない。とはいえ凄まじいそっくりさんぶりである。

かつてゲーメストが「ゼウスの元ネタは?」と質問をした際、
ADK関係者は「 完全なオリジナルキャラクターです 」と返答している。盗人猛々しいにもほどがあると言わざるを得ない

ペットとしてのサマンサちゃんを飼っており、ボーナスステージでプレイヤーにけしかけてくる。
NEO-DIOとの対戦前の字幕で「やつのてさきか!?」と次回作の伏線らしきものを仄めかしていたが、その謎が明かされることはなかった。

ボスな上、たとえ自称でも世紀末覇王なだけあって性能は無茶苦茶である。
通常技の判定すらやたらに強く、正面から殴り合うとまず判定負けする上にダメージも高い。
また、大Pはガードポイント付きかつ防御崩し能力を持つため、ガードを固めていても容赦なく割り込まれてしまう。
必殺技も異常で、完全無敵の切り返し技(攻撃判定は足からエフェクトまであり、画面1/3を覆う)ギガスマッシャーや
一発で体力半分以上持っていく 普通の コマンド投げのバスタースルー、
ヒット時はもちろん削りダメージも恐ろしい究極奥義アトミックヒート(ほぼ全画面判定)などボスの名に相応しい性能を誇る。
特にメガトンパンチは空中でヒットするとノックバックが小さいため 死ぬまでヒットし続ける という無茶な事になっている。
ただし、ノックバックがないわけではないので先端ヒットなら10割削れる前に外れるかもしれない。
が、外れたと思ったらピヨってただけだったという絶望的な状況もよくある(当然追い打ちで即死)
ちなみにギガスマッシャーもメガトンパンチも出掛かりガードポイント付き。
こんなのが普通の必殺技扱いなあたり、どれだけ異常かがよくわかる。

パーフェクトでは中ボスのはずなのにラスボスのNEO-DIOより高性能。
しかも当時流行の超反応CPUを搭載しているので、手に負えない。さすが世紀末覇王。
あまりにぶっ飛んだ性能ゆえか、出てくる際は2ラウンド目でNEO-DIOが乱入してくるため、勝敗は関係なく決着をつけることは出来ない。
勝つためには弱技でギガスマッシャーを撃たせてちまちま反撃というハメや、
よくジャンプしてくるのでマッスルパワーリョウコなど対空性能の高い大キックを持つキャラなら蹴落としていれば勝てる。
マッスルには高性能な対空投げがあるのでそちらを使っても楽勝。マッスルパワー・・・お前がナンバーワンだ!
とはいえ、こうしたパターンを利用せず正面から撃破しようとするとほぼ無理ゲーである。
なお、パーフェクト勝利すればボーナスで1000万点入るので、稼ぎプレイでは何としてでもゼウスにパーフェクト勝利しておきたい。
また、アーケード版でもNEO-DIO 孫悟空 は隠しコマンドで使用可能なのだが、ゼウスだけは使用不可。
やっぱり、性能がやばすぎたための処置なのだろう。NEO-DIOが使える時点で既にバランス崩壊してたけど。
ちなみにネオジオCD版やコンシューマ移植版では使用可能。
しかし、特に調整されてるわけでもないので一部のキャラは見てからギガスマッシャー余裕でしたの詰みゲーと化す酷い有様だった。
もともとダメージが大味なこのゲームでも輪をかけて高い攻撃力を誇り、めくり大K>大Pだけで3割以上のダメージ。
WHPには体力減少時に攻撃力・防御力が上昇する、後世の根性値補正のようなものが一応システムとして存在するものの、
「補正? 何それ?」と言わんばかりにコンボ3回であの世へ連れて逝く。
KOされた場合、立ち上がってくるが「見事だHERO」と言い残し全身から血を噴いて再びダウンする。
(2JETのallaboutシリーズでは「ミ…ミラクルヒーロー」と記述)
まさに世紀末覇王である。

その後、ご存知のように元ネタの人もアーケードに登場したが、ぺちぺちと小技を繋げるあたり全然世紀末覇王らしくない。
・・・が、こちらは火力がモノをいう昔のゲームのCPU専用である。あちらは今時のコンボゲーのプレイヤーキャラ、時代の流れには涙を禁じ得ない。
(そのためかMUGENには「漫画版」ラオウもおり、一発一発の重さにガードポイント付きの打撃、
 一撃でガードクラッシュなどゼウスを彷彿とさせる性能。 あれ? ラオウがゼウスっぽいって逆じゃね?
もっともジョインラオウと言いつつ、こいつみたいなのが乱入してきてもそれはそれでクソゲーに違いないが。

恐怖の10割メガトンパンチの炸裂例(9:00辺りから)

最後までガードしないとまず死ねる(1:20辺りから)


MUGENにおけるゼウス

  • GONZO-氏製作
メガトンパンチに1ゲージ使用版やライフ400以下で1ゲージ使用のアトミックヒート3連発、新技覇王天昇撃など微妙に強化されている。
ちなみこの覇王天昇撃の元ネタはゲームボーイ版の『熱闘ワールドヒーローズ2JET』。
元々『JET』に超必殺技は存在しないが、このGB版では全キャラにオリジナルの超必殺技が追加されている。
デフォルトのAIは対人用なので結構手加減されており、そこまで強くないが、先日新たにtokume氏のAIが公開されたので、今後出番が増えるかもしれない。
ちなみに 原作より自重した性能 だったりするが、元が元のためやっぱり普通の大会には出しづらいと言わざるを得ない。
しかし、一撃必殺の破壊力は見るものを魅了し、「ラオウ以上にラオウ」と言われることも少なくない。
メガトン10割が決まるとテーレッテーや「受けてみよ、我が全霊の拳を!」等のコメが流れることも。
時代を先取りしすぎた世紀末覇王であった。

キャラデータ保管に使ってるHPサービス廃業によるリンク切れで現在入手不可。

また、カッ昏倒氏によるボイスパッチも公開された。
多分言わなくても想像がつくと思うが、 ご想像の通りのモノ である。
完全にラオウだこれー!?

E-FRY氏がニコ動内で公開した小ポトレも併用すれば、さらに世紀末覇王分が強まる。

+ それとは別に

  • ''Hiram Yagami氏製作''
ネオギガス出雲良子などの、ちょっとカオスなワーヒーキャラに定評のある氏のアレンジ仕様。
スーパーキャンセルやKOF2002UMっぽいカットインが搭載されており、演出面が強化されている。
「Athena Glory」や「Hades D」など、オリュンポスの神々の名を冠したオリジナル技が幾つも搭載されており、ギリシャ神話の要素も多い。
イントロや勝利ポーズでは獅子王っぽいマントを着ていたり、『ニンジャコマンドー』の主人公達を吹っ飛ばしたり
ボスキャラが相手の場合は鎧着た少年 を侍らせてそうなアテナ が出たり、遊び心も満載。
なかなか良い動きのAIも標準搭載されているため、今後の活躍にも期待出来そうだ。
ただ、プレイヤー操作で使用する場合、cmdファイル内の記述の位置をある程度入れ替えないと非常に技が出にくいため、その点は注意。
また、3ゲージ全体攻撃「Blees For Afrodite」(「Bless」の誤字?)では、背景に美の女神アフロディーテらしき姿が現れるのだが……

……ゼウスさん! その人多分神様じゃありませんよ!?


「見事…だ……H…E…R…O…!!」



出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止
凍結
非表示

出演ストーリー

その他



*1
確かに戦闘はできるが1ラウンドだけで、その勝敗もゲームの進行に全く影響しないという点から、
WHPのゼウスは別に中ボスではなくラスボスの登場演出の一部、所謂バイトのちょっと手の込んだものという捉え方もある。
と言うかボーナスゲームだろう。点数も入るし。