謎のヒロインX






「嫌いなもの? 私以外のセイバーです」



プロフィール

 真名:謎のヒロインX
 身長:154cm
 体重:42kg
 出典:2013年エイプリルフール(路地裏さつき)
 地域:サーヴァント界
 属性:混沌・善
 性別:女性

 筋力:B 耐久:C 敏捷:A+ 魔力:B 幸運:D 宝具:A++
 CV  :川澄綾子
 ILLUST:BUNBUN


概要

TYPE-MOONの複数作品に登場するキャラクター。
初出は2013年エイプリルフール企画『路地裏さつき』であり、この時は「ヒロインX」を名乗りさつき達に協力する謎のゴールドヒロイン
……という名のセイバーの扮装であった。つまり紛れもないセイバー本人である。

要するにエイプリルフールのおふざけ企画の一発ネタ……だったのだが、
その後『Fate/Grand Order』(通称FGO)で2016年1月20日から開催されたイベント「セイバーウォーズ ~リリィのコスモ武者修行~」に登場し、
星5(最高レアリティ)のプレイアブルキャラクターとして実装されるという大出世を果たした。
さらにはFGOに登場するにあたり、
  • 『英霊の座とは異なる、原典という重力から解き放たれた宇宙的(というかアメコミ)世界観の未来世界「サーヴァント界」(サーヴァントユニヴァースとも)
       からやってきた』
  • 『その目的は将来起こるセイバーのインフレを阻止するため、とか白とか黒とかを始めとした全てのセイバーを抹殺すること』
というトンチキ設定を引っさげ、既存のセイバーとは違う独自キャラへと変貌を遂げたのである。
白に関しては抹殺対象から除外するとともに、立派なセイバーとなるべく鍛えるなど面倒見の良い一面もある。

その後もちょくちょくギャグイベントに顔を見せ、のみならず第一部最後の戦いというシリアスな重大局面にもちらりと登場。
さらには2017年2月8日にヒロインXの派生キャラ"謎のヒロインXオルタ"が登場するに至った。
繰り返すが元はただのエイプリルフールの一発ネタである。すごい大出世だ……。

なお、セイバーを自称しているが、FGOでの 実際のクラスはアサシンである。

+能力
先述のステータス及び以下の能力はFGOに出演した際のものである(路地裏さつきではセイバーがコスプレしただけなのでセイバーと同じ、はず)。

  • クラススキル
コスモリアクターA:輝けるセイバーにのみ許されるコスモなリアクター。色々なものをリアクトしている。設定とか。
騎乗EX:騎乗の才能。ありとあらゆるものを乗りこなせいないが、ポンコツ宇宙船の操縦となると凄まじい効果を発揮する。
    ワープ機能がなくてもワープしてしまうほど。
気配遮断EX:セイバーにそんなものはない、という本人の意思により封印されている。

  • 保有スキル
支援砲撃EX:謎の通信装置によりドゥ・スタリオンⅡ(彼女の宇宙船)から自動的に支援砲撃を行う。
直感C+→セイバーの星C++:通常のアルトリアと比べて著しく直感がダウンしたが、対セイバーに関することのみ、Aランク直感を上回る。
ゲーム内で強化条件を満たすとセイバーの星に変化する。
銀河流星剣A:星をも壊すセイバーに与えられる力。またの名をセイバー絶対殺す剣。

  • 宝具
『無銘勝利剣(ひみつかりばー)』 ランクA+ 対人宝具 レンジ:1~99 最大補足:1人
ひみつかりばー。セイバーに対して絶大な威力を誇る聖剣。
演出的には、通常のエクスカリバーに加えて黒いエクスカリバーも使用して二刀流で敵を滅多斬りにした上、
「エックス……カリバー!」の掛け声でXの字に切り裂いてトドメを刺す、というもの。

ご覧の通り設定に至るまでネタまみれである。ギャグイベのキャラだから仕方ないね。
しかしさすがにセイバー(いやクラスはアサシンなのだが)というべきか、最高レアリティの貫禄というべきか、ゲーム的な性能は優秀。
特筆すべきはスキル銀河流星剣と宝具無銘勝利剣の効果。
銀河流星剣は自身に「セイバー特攻」を与え、無銘勝利剣は「セイバー顔特攻」(いわゆる「青セイバーとその派生キャラ」に特効が乗る。厳密にはセイバーの真名で記載されているのだが、ネタバレになるので伏す)の攻撃を行う。
この2つを組み合わせることにより"セイバークラスのセイバー顔"のキャラクターに対し、大ダメージを叩き出すことが可能になる。
限定的ながら適切な場で登用したした際の実力はトップクラスといっても過言ではない。そしてメインシナリオではともかく、
イベントではセイバー顔のキャラクターは登場確率が高いため、その機会は案外ある。
また、このゲームはクラスに相性が設定されており(いわゆるゲーム補正)、アサシンはライダーのクラスに対して攻防で優位を持つ。
しかしヒロインXは銀河流星剣によりセイバーにも攻撃面で優位を取ることができるので、ライダーとセイバーが同時に出現するクエストでも活躍が見込める。

+余談
と、このようにピーキーながら優秀な性能を持つ彼女だが、入手できる機会が非常に限られていることでも知られている。
というのも、彼女は先述の通り2016年1月のイベント期間中のみガチャで召喚可能なサーヴァントとして実装されたのだが、
その後再びガチャのラインナップに登場したのは2018年3月であり、 実に二年以上もの時間がかかった。
FGOでは彼女のように期間限定という形で実装されるサーヴァントが多数いるが、
通常は一定期間後には復刻という形で再びガチャのラインナップに並ぶ。
ところがヒロインXは一向に復刻がなされず、実装時にFGOを遊んでいた人以外は年に1~2回の福袋ガチャ以外での入手機会がない、
という恐るべきレアサーヴァントと化してしまったのである。

2017年に開催されたイシュタル主催のイベント『デッドヒート・サマーレース』では、
と黒のチームを蹴落とすために新選組のセイバーを差し置いて魔神アーチャー(バーサーカー)とコンビを組んでレースに参加していたが、
こちらでも他のキャラと違ってイベントガチャの対象には含まれていない。

+降臨者





2018年水着イベントから登場したサーヴァント。
クラスはエクストラクラスである降臨者(フォーリナー)*1に変わっている。

上記のヒロインXより、2シーズンほど後の時系列から来たらしく、
無職で困っていたところを、秘密結社・銀河警察(民営)に就職したそうな。

ただでさえ数が少ないエクストラクラスのなかでも際立って希少な「フォーリナー」であり、
シールダーとフォーリナー以外のクラスに効果が抜群なバーサーカーの攻撃を半減できる。加えて、

  • 領域外の生命(毎ターンスター2個獲得、自身の弱体耐性をアップ)
  • コスモリアクター(自身のスター発生率をアップ)
  • 単独行動(自身のクリティカル威力をアップ)
  • 騎乗(自身のQuickカードの性能をアップ)

というクリティカル関連を中心にクラススキルを4つも持ち、スター稼ぎに向いた性能をしている。
また、『刑事の直感』はスター獲得と同時に自分のスター集中率を下げて他の仲間のクリティカル率を高められるサポート系だが、
スキルレベルをMAXにするとCTが4と破格の短さであり、回転率が良い。
ただし、バーサーカーやアヴェンジャーなど極端にスター回収率が低いクラスが仲間だと、スキルを使ってもなおスターを供給できないこともあるので注意。
宝具『蒼輝銀河即ちコスモス』は自身の攻撃力アップさせた後で、敵単体に超強力なセイバークラスのサーヴァント特攻攻撃を仕掛けるというもの。
「戦闘アーマーを乗着する」「刑事」なのだが、宝具演出はツインブレードで一閃である。
それじゃ宇宙刑事じゃなくて時空戦士だよ



MUGENにおける謎のヒロインX

sudara13氏謎の製作者S氏によるメルブラキャラをベースとした手書きキャラが2018年2月に公開された。
服装は第一再臨のもの。
攻撃は弱中強の3ボタン。だいたい凶下位いかないぐらいを見積もった性能とのこと。
アサシンとしてのスキル・宝具だけではなく、敵限定時の「セイバー忍法」も必殺技として搭載されている。

FGOにおけるNP(ノウブルファンタズムポイント:宝具ゲージをためるために必要なポイント)をNPゲージ、
クリティカルスター(集めれば集めるほどクリティカルの発生率が上がる)をスターゲージとして搭載するなど、原作の要素を格ゲーに落とし込んでいる。
NPゲージはたまると通常ゲージと共に消費することで宝具を打てる。
スターゲージは一部の技によって上昇するが、ガードさせた方が上昇量は多い。技によっては発動するだけでゲージが回収される。
ゲージがあると星回収できる技以外の技の火力とゲージ効率、NP効率が底上げされる。
基本的に攻撃以外での減少はない。

裸エプロンなど特殊やられも搭載されている。

デフォルトAIは搭載されていない。
Air氏が外部AIを公開していたが、現在は公開停止中。
亜-人氏も外部AIを公開中だが最新版には対応していない。
にまめ氏のAIは長らく最新版非対応の状態が続いていたが、2018年8月29日にAIが更新され最新版対応となった。

素の状態を見て欲しいため強化カラーの類いは搭載されていない。
改変は禁止ではないが確認させて欲しいとのこと。

出場大会


プレイヤー操作


出演ストーリー



*1
FGO第1.5部終盤で登場した、この世界の外から来訪したとされる領域外の生命、外宇宙からの来訪者を指すクラス。
本来であれば英霊ではない、サーヴァントと性質が酷似している「何か」で、カテゴリ『人類の脅威』を持つ特殊霊基該当している。
宇宙ギャグ時空出身のヒロインXXを除き、本編に実装されているフォーリナーは、
全員「この宇宙」ならざる領域に座す高次生命の依代となった存在が実装されており、ダブルクラスとして扱われているBBも含めて、
  • 並行世界に散歩するようにアクセスする
  • 時間を操りループ現象を起こす
など、地球とは異なった法則で、通常のサーヴァントの領域を遥かに凌駕する現象を操っている。

なるべく直接名前を出すのは避けられているが、イベントにおけるBBの名前が「BBホテップ」だったことや、
最初に実装されたフォーリナーを呼ぼうとした魔神柱の発言などから、
これら外宇宙の神々とはクトゥルフ神話の旧支配者達であることが確実視されている。
同時にフォーリナー特攻を持つヒロインXXは、実は旧支配者と対立している旧神的存在なのではないか、とプレイヤーから目されている。

また、原作となるクトゥルフ神話にはそれに該当する役柄として「星の戦士」が存在する。
いわく、彼らは巨大な人の形をした炎の生命体で、旧支配者が復活するとオリオン座の方角から火の玉となって地球に飛来し、彼らを素手で叩き潰し、最後には掌から火炎を放って再び封印する…という。というか邪神二柱があっという間に彼に封印されている。
いわば特撮作品のヒーローのような立ち位置であり、ヒロインXXが「それっぽく」なっているのもこれなら頷ける。
ところで、オリオン座の方にはM78星雲がある。そして(最終的には、だが)邪神を瞬殺してしまった英雄も彼らの仲間の一人として列されている。
このM78星雲が誤植によるものなのは有名(元々は「M87星雲」表記だった、というスタッフ証言がある。これを名前だけ再利用したのがゾフィーの必殺技・M87光線)だが、これは本当に偶然の一致なのだろうか?


添付ファイル