クドラ


「遊んでくれるの?」

プロフィール

名前:クドラ
武器:爪と雷
年齢:不明
血液型:不明
身長:134cm(目測)
体重:30~測定不能
誕生日:不明
出身:不明
好き:アレク
嫌い:よそから来る人

性格

自由奔放で無邪気な性格は戦いにおいては一種の残忍さを秘める。
彼女にとってはじゃれあいのつもりでも相手によっては致命的である場合も少なくはないだろう。
かつて自身を解放したアレク(正式名称「アレクシア」。勝利ポーズでクドラの夢に出てくる女性)に強く依存しており、
この世界(『E's Laf』の舞台)へ迷い込んでからはアレクを探し彷徨っている。

概要

pikixu氏製作のフリーのアクションRPG『だんじょん&どらごん』のキャラクター。
ストーリー上のラスボスを務める。

+だんどらストーリーネタバレ
主人公であるアレクシアは、伝説のドラゴンを倒し、
自らの力を世間や家族に認めさせるため、ドラゴンがいるというとある村へやってきた。
しかし、その村の住人は全員何故かモンスターの姿になっており、
村人に請われ、まずはその原因を探ることとなる。

冒険を進めていくと、伝説のドラゴンことクドラは、
大昔に多数の犠牲を払いながらも長年にわたり封印されていること、その封印の力は年々弱くなること、
村人が魔物の姿になったことは封印が解かれた呪詛返しのせいであることが分かった。

アレクシアはダンジョンの最奥でクドラを倒すことに成功するが、
ずっと一人で封印され続けていたクドラの寂しい感情を感じ、
「遊ぶ」といって自分にじゃれついてきたクドラを再び封印することなく、
村人の魔物化が解除されたことを確認すると、クドラを連れて村を後にするのだった。
まるで本物の姉妹のように。

ちなみに、ストーリー上はラスボスだけど、
ずっと棒立ちで雷を出してくるだけの行動パターンなので、
魔道書を連発しているだけで楽勝に勝ててしまうのはナイショだ。

『E's Laf』におけるクドラ

フリーのゲームのキャラクターを大集合させた二次創作格闘ゲームである『E's Laf』にも、主人公であるアレクを差し置いて参戦。
火力と防御力に直結する専用ゲージの「電力ゲージ」を持ち、それが溜まっている間は非常に高い性能を発揮するが、
少なくなると防御力や火力が大幅に落ちてしまう、リターンとリスクの差が大きいピーキーな性能。
無難に戦う、暴れてかき乱す、遠距離の持久戦からゲージを使っての特攻など、プレイヤーによる選択の幅が広い。


MUGENにおけるクドラ

ゴンドワナ氏によるものが存在。
WinMUGEN・新MUGENの両バージョンに対応可能。
『E's Laf』の画像を用いているものの、大幅なアレンジが加えられており、
そのためキャラネームは「クドラSTROM」となっている。
カラー差は無いが、攻撃力補正、ゲージ増加率、アーマー回数を個別に設定可能で、
狂下位~狂上位までのランクに対応できる。
AIもデフォルトで搭載されており、初期設定では常時起動となっている。

出場大会

出演ストーリー