エド



 初出作品:ストリートファイターV
 出身地:不明
 生年月日:9月3日
 身長:167cm(V「ゼネラルストーリー」) - 182cm(V)
 体重:58kg(V「ゼネラルストーリー」) - 86kg(V)
 血液型:不明
 好きなもの:ビリヤード(V「ゼネラルストーリー」)、ボクシング、完全勝利(いずれもVから追加)
 嫌いなもの:理想ばかり言うヤツ
 ファイティングスタイル:サイコボクシング
 キャッチコピー:若き指導者(V)

ストリートファイターV』に登場するキャラクター。
大江戸相撲取り錬金術師ポンコツ警備メカとは無関係。

キャラクター設定

初登場は『ストIV』。M・バイソンのエンディングで登場し、セスが倒されて崩壊するS.I.N社から金目当てに救出された名も無き少年だった。
ベガスペアボディの候補であり、セスやアベルなどのスペア候補の最後の生き残り(の一人)である。

救出された直後は、バイソンに質問されて怯えるほど臆病な性格の子供だったが、『ストV』では粗暴な性格のバイソンと共にいたため不遜な性格になっており、バイソンの相棒と言える存在になっていた。

右の掌にはシャドルーの紋章があり、ベガのスペアボディというだけあって、彼の体にも微弱ながらサイコパワーが宿っている。
育ての親であるバイソン譲りのボクシング、独自の蹴り技、そしてサイコパワーの3種を組み合わせたのが彼のファイトスタイル。
しかしバイソン譲りとは言ってもあのような筋力にものを言わせた荒々しい直線的なボクシング技ではなく、フリッカー主体の中距離戦が彼の持ち味である。
脳筋にしか見えないバイソンだが、自分のボクシングが我流の割にはエドにはしっかりとした技術を教育しており、
伊達に元プロボクサーではない、というところが伺える。
『ZERO3』あたりから「金の亡者の脳筋バカ」あとリュウのかませのアレックスのかませと言う酷い扱いを受け続けてきたバイソンが、
それまでと全く違う「エドの保護者」と言う個性を得るきっかけとなってくれた。

サイコパワーの影響か、1ヶ月ごとに服を買い替えなければならないほどに肉体の成長が早く、
バイソンに介護をされる羽目になるのではないかと心配していたが、10代後半で肉体の成長は落ち着いた。

+彼が今の姿になる経緯
彼のストーリーではそんな彼がなぜ今の姿になったのかがわかる。

バイソンに助けられてからというものの、毎日のように「自分が自分ではなくなり、別のもの(ベガ)に支配される」という悪夢に苦しめられていた。
そんなある日、シャドルーの任務の最中に、不思議な占い師の少女が現れる。

「キミ、すごいものを閉じ込めているみたいね」
「このまま大人になっちゃうと、キミはキミでなくなっちゃうみたいよ?」

少女は言いたい事だけ言うと、目の前から消えた。
リュウ達の手によりシャドルーが崩壊した後もバイソンと共に行動していたが、悪夢は続いていた。
今のままではバイソンの背中を見失ってしまう。
そして少女が言っていた「キミたちも大変よね~」の「キミたち」とは自分とバイソンではなく、
自分と同じ境遇の子供達の事なのだと悟ったエドは、何も言わずバイソンの元を去ろうとする。
だが、勘付いていたバイソンは「テメェはまだ弱え。ヒヨコはだまって後をついてくりゃいいんだよ!」と、
当初は金目当てだったとは思えない言葉で引き止める。
エドがヒヨコじゃないと反発すると、エド自身の未熟さを理解させようとするバイソンと戦う事になる。
戦いの末にエドが勝利すると、バイソンは背を向け、「行っちまえ!」と突き放した。
その後、プレイアブルキャラの姿にまで成長したエドは、同じ境遇の人間たちを集め、新たな組織の若き指導者として宿命に立ち向かう事を決意する。


キャラクター性能

前述の通り普通にキックも行うため、ボクサーとも総合格闘技ともとれない半オリジナルのファイトスタイル。手技は普通にボクサーっぽいのだが。
サイコパワーは主に『糸』のような形で射出し、相手を捕らえるように使う事になる。

『ストV』ではクリティカルアーツの真空波動コマンド(これは瞬獄とかボリショイのようなごく一部を除いた全キャラ共通)以外に
一切のコマンド入力を要しない 、ボタン連打や同時押しだけで必殺技が構成された、極めて簡素なコマンド表が印象的。
とは言っても、それは操作難易度が簡単であるという意味ではなく、
ちょっとでも距離が離れるとコンボやCAが繋がらなくなるシビアな間合い調整が要求される。
コマンドを覚えなくて良いという意味では初心者向けではあるが、
その割には連打コマンドとPP同時押しと言ったコマンド重複や間合いの管理などシビアな面が多く、お世辞にも取っつきやすいキャラとは言い難い。
やり込み甲斐がある、と言うよりはストレスが多いキャラとなってしまっている。

全体的にムキムキマッチョになり過ぎたせいでリーチは長め。
更に通常技、必殺技に強力な対空手段を多数備え、弾も持っているので牽制が強く飛ばせて落とすのが基本的な立ち回りとなる。
ほんの一部しか確定を取れない程度の隙しかない「サイコフリッカー」をガードさせ、
ちくちくと削りながら焦れて飛んだ相手を落とすのが通常の立ち回り。
更にPPP同時押しで出る無敵技、EXサイコアッパーまでも持っており、総じて守りが非常に強い。
一方で弾のコマンドが前中Pとなっており、普通のキャラが地上中段となる所が被ってしまっているため
崩しにどうしてもプレッシャーが無いのが困ったポイント。

Vスキルは前方、上方に糸を飛ばして相手をキャッチする「サイコアンカー」。
溜め版をガードさせれば投げ間合いで+3Fという極めて強力な状況(ストVは最速技が3Fなので基本的に暴れ不可)を作り出せるし、
直撃すれば痛いコンボが入る。
ただし溜め時間が非常に長く空振りしても隙だらけ。
一応対空版があるので読み合いにはなるものの、飛ばれたらきつーいお仕置きを覚悟しなければならない。
この技をいかに通していくかがエドの見せ所となる。

Vトリガーは1が巨大な球体を射出する出し切り型の「サイコキャノン」、
2がVスキルを強化し溜めなしでもコンボにいけるようになる継続型の「アンカーブースト」。
1が短所の崩しを補い、2が長所の守りを伸ばすタイプで、どちらかと言うと1が主流ではあるが両方とも使い出があるタイプとなっている。


MUGENにおけるエド


chuchoryu氏が製作。
カプエス風の手書きグラフィックで作られている。
WinMUGENで動作可能。

原作のシステムは採用されておらず、ブロッキングが搭載されているなど結構違いがある。
特に、特徴的だった必殺技の入力が波動拳コマンドなどに変更されており、一般的な格ゲーに近くなったがエドらしさは失われている。

飛び道具の「サイコシュート」がパンチ同時押しで出す事になっているらしいのだが、cmdファイル内の配置にミスがあり、
ボタン1つ押しで出る通常技の方が優先順位が高くなっているため、そのままでは絶対に出ない。
他にもコマンドの指定そのものに記述ミスがあり、場所を変えただけでは空中で出せてしまうなど不具合があるため、
きちんとしたコマンドに直した方がいいだろう。
エドの本来の操作性を求めるなら必殺技コマンド全部作り直しという結構な手間がかかってしまうが……。
あと、これ「サイコナックル」って言ってない?台詞もミス?

同じく空中からの突進技「サイコスプラッシュ」もコマンドの修正が必要だが、
出せるようにしたらこれを当て続けるだけで永久ができてしまうようになる。

他にも通常投げが搭載されていない等、キャラとしての完成度はあまり高くない。

AIは搭載されているが簡易的なものであり、
相手との位置関係をほとんど考慮せずに技を振りまくる暴れスタイルで動く。
DLは下記の動画より

出場大会

  • 「[大会] [エド]」をタグに含むページは1つもありません。