キュアパッション


「熟れたてフレッシュ! キュアパッション!」

プリキュアシリーズ第6作『フレッシュプリキュア!』に登場する変身戦士。
プリキュアシリーズでは歴代15番目の戦士。第23話より登場。
変身者は東せつな。
元々ラビリンスの敵幹部イースとして四ツ葉町で不幸ゲージを集めており、
東せつなの名で占い師を装いプリキュアにも接近したが、
管理国家ラビリンスの住人は総統メビウスのコンピューターウィルスによって自我と人格を消されているのだが、
彼女は(3幹部全員に言えることではあるが)自我と人格があり
芽生えてしまった友情を否定すべく激しく戦ったが、とある事が切っ掛けでプリキュアになった。下記動画参照。
 

CVは、『ドラゴンボール超』に登場するカリフラや、TVアニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』でポルナレフの妹シェリーの声も担当している小松由佳氏。

必殺技は専用アイテム「パッションハープ」を使ったハピネスハリケーン。

また、パートナー妖精(アカルン)の力を借りて瞬間移動できる。これは必殺技の類ではなく単なる通常能力である。ゆえに技名もない。
しかしこれこそがパッション最強の技。通称「アカルンワープ」。
まず、転移できる距離に一切制限がない。戦闘中に敵の背後に一瞬で回るような使い方はもちろん、パラレルワールド間を自由に行き来することも出来る。
この能力のすごいところは、他者や物体を強制的に転移させることも可能なことである。
戦闘中に目の前の敵を遠く宇宙に強制転移させることも理論的には可能。
劇中でやったことはないため実際は制限があるのかもしれないが……恐ろしさがおわかり頂けるだろうか。
使い方次第でハメ技になるので「敵への攻撃手段」としてはまず使われず、戦闘中にこの能力が使われる場合は回避のためがほとんど。
他者や物体の強制転移についても仲間たちとどこか遠くへ旅行するような移動手段としての使い方が基本。
戦闘中に物体強制移動を使った例としては、『映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち』にて、
戦闘中に落ちてきた大きな船を転移させて町を守ったことなどが挙げられる。
そのようなチート能力のためか、小説版ではアカルンの力を使うとパッションの体力を消耗することが明かされており、1日に無制限に使える能力ではない様子。
(以上、ニコニコ大百科、ピクシブ百科事典から抜粋、一部改変あり)


MUGENにおけるキュアパッション

hatya氏製作のもの(MMD素材利用)が、同氏のonedryveで公開中。

簡易的なAIが入っており、上記のアカルンワープを積極的に使った戦術で、相手の裏へ回りながら攻撃するのを得意としている。
強さはデフォルトで狂下位~狂中位。プリキュアキャラでもかなり強い方との事。
まあ氏のキャラは凶狂ランクのキャラを作ることが多いので、いつもの事だと思ってしまうのだが。
相手を宇宙空間にワープさせ即死させる「チートアカルン即死」という技を持っており、
使用可能な状態かどうかがアカルンのアイコンで分かるようになっている他、スイッチなどで使用の有無やタイミングを設定可能。

ちなみに、キュアパッションの前身であるイースもMUGEN入りしている。こちらの製作者はサクラカ氏。

出場大会

  • 「[大会] [キュアパッション]」をタグに含むページは1つもありません。