リム・シルベリア



プロフィール

名前 リム・シルベリア
性別 女性
年齢 16歳
身長 156cm
体重 42kg
誕生日 5月1日
職業 シスター兼ヴァンパイアハンター(支援班所属)
装備 ロザリオステーク
聖水(もどき)
大型バックパック



「と、とりあえず食事にしませんか?」

概要

Jaki氏が製作したオリジナルキャラクター。
Miyaji(みやじ)氏の製作したオリジナルキャラクターであるフィアー・メイス・ローゼンクランツの影響を受けて製作されたキャラ。
彼女のドットをベースとし、世界観も共有している(世界観を借りている)旨が製作動画やReadmeで述べられている。

キャラ設定

ヴァンパイアハンターとシスターを兼ねるメカクレ少女。
幼い頃、吸血鬼に両親を殺された所を教会に拾われ、訓練を経てヴァンパイアハンターとなる。
とは言えハンターの様な化け物染みた戦闘能力は持ち合わせておらず、後方支援を担当する支援班に所属している。
支援班の任務は多岐に渡るが、彼女の担当は拠点の管理、食事の用意、応急処置など、ハンター達の健康管理である。
前髪を伸ばして視界を隠しているのは、未だ吸血鬼への恐怖心を拭い切れていないため。
(以上、Readmeより引用・改変。装備などの更に詳しい設定はそちらを参照されたし)

また、製作動画によればリム自身はフィアーの事を知っているようで、さん付けで呼んでいる。
しかし自身はヴァンパイアハンターの中でも支援班に属する後方担当者なので、あちらからは会っても気付かれないだろうとの事。
他にも支援班の仲間が数人おり、戦闘中にリムを手助けしてくれる。
+支援班の皆さん

・班長

   
支援班の班長。主に拠点設営や車の運転担当。
下記の偵察さんとコンビを組んでの偵察任務もこなす。
簡易版炸薬機構式パイルバンカーと言うべき「HEATハンマー」をぶん回す、突撃大好きな危険人物。し、支援班……?
超必殺技「班長秘技 大爆発ホームラン」にて姿を見せ、相手を盛大にかっ飛ばしてくれる。
ちなみに実際は支援班に「班長」と言う役職はなく、単なる 自称 である。
支援班のメンバーを役職名で呼び合っているのも彼女が原因らしい。

・偵察さん

   
その名の通りの敵情視察、罠設置などの工作を担当している小柄な銀髪(白髪?)の女性。
幼女と形容しても差し支えない容姿だが、実はリムよりも年上らしく班長とは同期。
超必殺技「ブービートラップ:神の御加護」では破壊不可能な電気柵を設置してくれる。

・整備さん

ハンターの装備品の整備・通信を担当。
発明も得意らしく、上記の電気柵やリムが投げる聖水(もどき)を作っているのもこの人。
…と言ってもハンター達は自分で整備を済ませてしまう事が多く、整備の仕事自体は割と暇らしい。
それ故最近は作業着に着替えるのも面倒らしく、現場にそぐわない服装をしているのもそのため。
超必殺技「ブービートラップ:異端審問会」では自作の大砲発射スイッチを手渡してくれる。
なお、大人びた容姿をしているが、実は偵察さんのである。

・先生

支援班の用心棒的存在である三つ編みツインテールの女性。
元々は前線で活躍していたハンターの1人であったが、日々インフレ進化していく戦いに付いていけず、後方任務に退いた。
前線を退いたとはいえ戦闘能力は高く、主に戦術指揮、必要に応じて拠点防衛を担当する。
超必殺技「先生お願いします!」で駆けつけ、相手をマシンピストルで蜂の巣にしてくれる。

・図鑑さん

軍用タブレットを常に携帯している金髪眼鏡の女性。
本来は支援班所属ではなく、教会で吸血鬼の研究を担当しているが、時にはデータ収集や分析のために支援班に同行する。
教会の書庫に保管されていた膨大な戦闘記録をデータベース化した人物でもあり、非常に博識。
…こう書くといかにも学者肌で荒事が苦手そうに思えるが、言動と性格は意外と荒っぽく、班長とはとてもウマが合うご様子。
他の班員達と違って戦闘には参加しないが、通信でアドバイスしてくれる。

(以上、付属テキスト及び動画の設定より)

性能・解説

手描きD0ドットで表現された動作の一つ一つはコミカルながらもよく動く。
ドジなところがあるらしく、転んだり尻餅をついたり、見ていて飽きない可愛さがある。
背中に背負っている大きなバックパックには慌てて詰め込んできた様々な道具が入っているらしく、戦闘ではそれらのアイテムを駆使する。
当然キャラ的に関連のあるフィアーとの特殊イントロも搭載されている。
当初ボイスは未搭載だったが、2018年12月24日の更新より、『GOD EATER 2』の台場カノンのものが搭載された。

戦闘スタイルは前述の各種アイテムを用いた間接攻撃を主体とする遠距離中心型。
設置技や飛び道具、前述の支援班仲間による援護といった、まさに後方支援タイプの戦い方が特徴。
フィアーとは対照的な性能であり、力任せに突進して蹴散らしていくあちらに対しこちらは小細工による搦め手。そんな所も支援班らしい。
また、タッグでリムとフィアーを組ませた場合、3ラウンド目にもつれ込んだ際にフィアーのスタミナ切れを回復(1ゲージ分)するという、
支援班ならではの活躍も見せてくれる。

だが、空中の相手にしかヒットしないものの、非常にリーチが長くガード不能な対空技「何か武器は!?:カギ縄」、
リーチが長く、背後にも攻撃判定が発生するのでめくりにも使える「何か武器は!?:デッキブラシ」、
硬直は長いものの無敵かつ発生保証があり、ヒット時は敵を壁に張り付けて追撃可能な「ブービートラップ:丸太」、
相討ちになってもカギ縄の追撃が間に合うほど相手を長時間拘束する「ブービートラップ:捕獲網」、
それらから繋がる超必殺技「班長秘技 大爆発ホームラン」、
発生が速くダウン追い討ちに使え、上記の丸太やホームランからの追撃も可能な「ブービートラップ:異端審問会」等々、
中々に強力な性能の技を所持しており、戦闘能力は実の所かなり高かった。「後方支援」って何だろう……。
ま、まぁそれだけ彼女達が普段戦っている相手が強大という事なのだろう。

また、「ブービートラップ:異端審問会」には特殊やられポーズがあり、「逆さ吊りやられ」としてアニメ番号5828を使用している。
腕に覚えのある方は対応させてみてはいかがだろうか。

その他の特徴としては、戦闘中に行われる通信がある。
これは支援班の「図鑑さん」と通信で会話するというもので、試合開始時に図鑑さんがデータベースにアクセスしてアドバイスをしてくれる。
対戦相手が吸血鬼か否かで内容が変化し、パターンも豊富で見ていて飽きない。
中には他の支援班メンバーが参加して来る場合もあり、ちょっとした寸劇が楽しめるので必見。
p2Nameが大量に登録されているので大抵の吸血鬼には対応しているが、もしあぶれているキャラがいたら追記してあげよう。

また、相手によって特殊な会話が発生し、MUGEN入りしている吸血鬼の有名所や、
フィアーをはじめ数名のオリジナルキャラ等々、対応キャラは多い。ちなみに自分自身にも対応していたりする。

「おーい、リム。聞こえる?
 今から教会のデータベースにアクセスして敵の識別を行うから。
 ちょっと待ってて」


「……」


「いや、わたしですよねあれ」


デフォルトで11段階にレベル設定が可能なAIが搭載済み。
接近戦ではかなり強く、無策に真正面から挑むと網で捕獲後班長にホームランされたり、丸太に吹っ飛ばされた後、逆さ吊りで爆殺されたりしてしまう。
フィアー1P相手ならば面白い勝負ができるほど。
反面、遠距離メインの相手や、アーマーや無敵でゴリ押しして来る相手は苦手。
今後の活躍が期待される。
紹介動画
誕生日の更新報告と通信会話集




出場大会

出演ストーリー