ビーンズ

    


序章 地獄の番人


「ここは格闘神様の塔だ!
      近づく奴は俺様が殺すぜ!」

プロフィール

年齢:25歳
出身:アメリカ・ブロンクス
体得武術:無し(ケンカ術)

ジャレコの対戦格闘ゲーム『デッドダンス』のキャラクター。
裏世界のストリートファイトの歴代チャンピオン。
その身長、リーチの長さを生かした"蹴り技"が強力。
まるっきり防御をしなかったり、いきなり狂ったようにラッシュをかけて来ることもあるクレイジーな野郎。

……というプロフィールの内容が外見にはっきり現れているのは「クレイジーな野郎」の部分。
+・・・・クレイジーな漢だ。
北斗の拳』の雑魚+『美食戦隊薔薇野郎のごとき強烈なセンスの外見で、
もしもケンシロウがこいつに出くわしたら何か言う前に致命の秘孔を突いていても何ら不思議では無い。
このキテレツな男に対してが言い放った言葉が、本作を代表する名台詞「正義のために、土となれ!」である。
つまり死ねと。まあ、こいつの方から先に「俺様が殺すぜ」って言っちゃってるからなあ……。

(死の塔に向かう代表選手決定戦でもあったのか)選択したキャラ以外のプレイヤーキャラ3名を倒してから、
いよいよ死の塔に向かうプレイヤーと塔の入り口で戦う4人目の対戦相手。
門の前にはいかにもライガ&フウガっぽい仁王像が建っており、実にカサンドラ風味満点。
その中に入ったらICBMが待っているという強烈な展開がまた凄い)

敵専用のキャラクターとしては最初に戦う相手なのでそれほど強くは無く、
パンチを連打するものの段々加速していくという謎仕様な上、連続ヒットはせず割り込まれてしまう「クレイジーナックル」、
垂直ジャンプキックを繰り出し、着地後にダッシュ膝蹴りを繰り出す連携技……と言うか、
「垂直ジャンプキックを出した後に必ず突進技が来るので無敵技で迎撃しよう」という、
コンピュータ戦の攻略パターンにしか見えない「ドロップキック&ダッシュ」の二種類の死に技を持つ。他に必殺技は無い。
……いくらなんでもこれ可哀想すぎない?

クレイジーナックルの様子はヴォルツのTAS動画で見る事ができる。5:30くらいから。

背景とミスマッチだけど意外とカッコいいステージBGM


MUGENにおけるビーンズ

The Aboriginal One氏製作

原作のドットを使って作られている。もとはSFCのゲームなのでサイズは小さめ。
技は原作のものを再現しており、超必殺技などは無い。

やはり必殺技は死に技ばかりで、連打技のクレイジーナックルは例によって連続ヒットしないばかりか
1ヒットのダメージがたった2で、削りダメージもほぼゼロ。 貴様の拳など蚊ほども効かんわ~!
そして命中して不利。……と言うか 繰り出した時点で不利。
Hitdefの設定がでたらめで判定1F毎にヒットするため、直撃すればそれなりの威力。 直撃すれば。

AIは搭載されていない。


この他、専用ステージがJAM氏によって公開されている。

出場大会

  • 「[大会] [ビーンズ]」をタグに含むページは1つもありません。