ザジ


「この俺と闘うのだ
                          死ぬ気で来い!」

プロフィール

年齢:22歳
出身:アメリカ(テキサス)
体得武術:地爪覇鳳流

スーパーファミコンで発売されたジャレコの対戦格闘ゲーム『デッドダンス』のキャラクター。
車田正美の打ち切り漫画ではないし、某SLGの戦士三人組の一人でもない(というかそれは「 サジ 」)。
"闇手"の一派である「地爪覇鳳流」の伝承者である。
異国人であるというハンデをその天才的な武術センスで克服し、伝承者の地位に上り詰めた。
とは大戦以来に一度真剣勝負をしているが、双方の危険を察した立ち会い人が試合を中断させた為、決着はついていない。

原作でのキャラクター

主人公の翔と全く同じ性能を持つ2Pキャラで、同キャラ対戦用に存在するケンポジションのキャラ。
この手の2P用キャラというのは美形会議なんてネタが作られるくらいに美形で金持ちでというのがお約束になっているものだが
そんな既成概念を根底から打ち破る黒人ハゲ。アメリカ刑事ドラマの相棒キャラですか。
性格も己の力と野望に暴走する男と言った感じで「力こそ正義」と言ってはばからず、
味方からも敵からも「お前の拳には殺気しか見えないぞ」
「お前の拳は我らと同じ殺気の拳だ。殺気の拳では格闘神様に勝つことなど絶対にできん」と指摘される。
そして戦いの果てに格闘神ジャドーを倒すと、彼に成り代わって世界の支配に乗り出す。翔はまず真っ先にこのハゲを土にすべきだった。
馬にまたがりマントを羽織った姿はまさに拳王そのものなのだが、
いかんせん黒人ハゲという容姿が元ネタとの威厳の差を醸し出してしまう。 せめて兜をかぶれ。
+貧弱な黒王号

部下たちが掲げているZの旗のために 拳王軍じゃなくてジード団に見える というのがまた格を下げてしまっている。
ザジの軍だから頭文字のZになるのは分かるのだが……。


原作での性能

翔と全く同じ、と言う事で、かのコマンドだけ有名な 6ため4+P コマンドの対空技「竜撃刃」、
ごく普通に236+Pで放つごく普通の飛び道具「青雷拳」、
43+Pというこれも変わったコマンドで前に滑りながら昇龍拳を繰り出す咲桜拳の元祖「装光破」を持つ。
足で相手の顎を捕らえて踏みつけつつ落下する空中投げ「獄爪撃蹴」がなかなかかっこいい。


MUGENにおけるザジ

The Aboriginal One氏製作

原作のドットを使って作られている。もとはSFCのゲームなのでかなり小さい。
技は原作のものを再現しており、超必殺技などは無い。
さすがに前溜めコマンドは採用されておらず、竜撃刃のコマンドは236+Pに変更されている。
原作で236+Pだった青雷拳は66+Kに、装光破は214+弱P/弱Kにコマンドが変わっており、
全部出し方が変わっているというややこしい事になってしまった。
特に「66+Kで普通の飛び道具を撃つ」というのが慣れなくて操作に困りがち。

竜撃刃を強で出すと原作でのパワーアップ状態になるので攻撃判定が非常に広くなる……が、
なぜか喰らい判定も攻撃判定と同じ広さになり、無敵は無いので 対空技を出してるはずなのにわけのわからん位置で潰される という事になる場合も。
(上のアッパーで闘気を放っているgif画像全体に攻撃判定&喰らい判定があると思えばいい。
 長い武器の先まで喰らい判定があるキャラとか、召喚した精霊にまで喰らい判定があるキャラのような感じ)

一方で喰らい判定を付け忘れているらしい箇所がいくつか存在し、
特に 青雷拳(一般的に言えばただの波動拳)が動作丸ごと無敵 と言うのはいくらなんでもおかしい。

ボイスの設定がおかしいようで、「せいらい/けん」「りゅうげき/じん」「そうこう/は」の台詞のそれぞれ後半部分が発音されず、
「せいらい」「りゅうげき」「そうこう」だけになっている。

他にも投げの動作がどうも変だとか、キャラの造り全体に完成度が低い。

AIは搭載されていない。

この他、専用ステージもJAM氏によって公開中。




「新たな時代は俺が起こす!」
「俺が伝説だ!」


出場大会

  • 「[大会] [ザジ]」をタグに含むページは1つもありません。