土間うまる

    

「だらけるのも楽じゃないんだよ!お兄ちゃん!!」

概要

サンカクヘッド氏の漫画作品、『干物妹!うまるちゃん』の主人公。名前の漢字表記は「土間埋」。
アニメでの担当声優は田中あいみ氏。
名門校である「荒矢田(あらやだ)高校」に通う女子高生で、兄・タイヘイ(太平)と2人暮らし。
学校などの家の外では容姿端麗・成績優秀・スポーツ万能・品行方正と、全てに置いて非の打ち所の無い 「美妹(びもうと)」 として知られている。
……が、しかしてその実態は、1.5リットルコーラをラッパ飲みし、お菓子やジャンクフードを貪り喰らい、
漫画・アニメ・ネット三昧の自堕落ライフを満喫する 「干物妹(ひもうと)」
家では家事を押し付けるなど、ワガママ放題で常日頃から兄のタイヘイを振り回してばかりいるが、実際は兄の事が大好き。
というか、出張で家を空けようものなら寂しさの余り泣き出してしまうレベルの重度のブラコンである。
兄の方も最後には折れてワガママを聞いてしまったり、彼女が揚げ物のつまみ食いをしようとした際には本気で心配するなどうまるを気にかけており、
なんだかんだと兄妹仲は良好そのものである。

美妹時は身長160cmの美少女だが、干物妹時には 身長40cm という極端にデフォルメされた2頭身体型となる。
家では白無地のシャツに赤いスパッツというラフな格好で、ハムスターを模したオレンジ色のフードがトレードマーク。
恐るべき事にこの変化は単なる心理描写や演出ではなく、作中の描写を見るに ガチで外見が変化している *1あと明らかに精神年齢も退行している
オン・オフの切り替えが激しいとかってレベルじゃねーぞ!
当然この事実は周囲には秘密であり、作中で彼女の正体を知る者はタイヘイを含めて数えるほどしかいない。
なお、クラスメートの本場切絵は干物妹時の彼女を知ってはいるが、
あまりの落差にうまるとは気付かず、(本人が自称した事もあって) うまるの妹「こまる」 として認識している。
外出時に友人の前でうっかり家うまる化してしまった事もあるが、よそ見してたり考え事をしていたりで正体はバレていない。
ただし、こうして干物妹として普段だらけている部分が仇になることもあり、家で友人と一緒に料理しようという時には
トンチンカンな調理法をして危うく火事を起こしかけるなど割とシャレにならないことにも…。
(そしてそのことを白状しようとした際には、当の友人は色々あって話を聞ける状況ではなかったのでスルーされ、結局バレずじまいで収まった)

また、これら2形態とは別にゲームセンターやサブカル関連のイベントに赴く際の第3の顔である 「UMR(ユー・エム・アール)」 を持ち、
あらゆるゲームに精通する謎の凄腕アーケードゲーマーとしても知られている。
無論クトゥルフ神話とは関係ない
その腕前は半端ではなく、行きつけのゲームセンターではランキングを総なめし、
クレーンゲームはことごとく空にされてしまうため、常に店員に3人体制でマークされるほど恐れらている。
ちなみにUMR時は2頭身体型ではないが、お忍びであるため帽子を目深に被り、アイマスクを着用したりして素顔を隠している他、
アニメでは声色まで変えている事が分かる。

とまあ、状況に応じていろいろな面を使い分けているが、実は作中で誰かに嫌われたりということもほとんど無く*2上手く友達付き合いをしているなどコミュ力も相当な物。
また、兄にワガママを言うものの何だかんだで気遣ったり、自分の容姿や成績を自慢をすることもない、
友人に対して悪口を言ったり心の底で他人を見下すこともワガママを聞いてくれない兄に勢いで使えないだ社畜だと罵倒することはあるが基本的に無いなど、この手の裏表が激しい妹キャラにしては珍しく根は結構良い子。
こういった人徳が、「美妹」としての彼女に現れているのかもしれない。


MUGENにおけるうまるちゃん

Dark Ruler氏による、3Dモデルで製作されたキャラが存在。
完成度は70%、オープンソースにつき改変は自由との事。
通常時は干物妹形態であり、見た目通りに喰らい判定の小さいちびキャラ。
コーラ、ポテイトチップス、たけのこ山脈を食してゲージや体力を回復したり、
突如ゲームをプレイして一定時間攻撃力を上昇させたりと、原作同様の干物妹っぷりを見せ付けてくれる。
なお、お菓子の画像はどう見てもカルビーのポテトチップス、コカコーラ、たけのこの里まんまである(一応全て元ネタのお菓子だが)。
ポテチを食べて 「甘~い!」 とかのたまったり、たけのこ山脈を食べて 「酸っぱい!」 とか口走るが気にするな!
これらの行動中は完全無敵 。というか しゃがんでるだけで完全無敵 。しかも全ての技をワンボタンで出せる。
反面、攻撃技は極めて少なく、リーチが短い通常技の頭突きと、ヘッドスライディングを繰り出す1ゲージ突進技「うまるドライブ」の2つのみ。
とは言えうまるドライブは完全無敵で威力もそこそこな上、コーラを飲めば一気にゲージが 1.5 リットル溜まるのでガンガン使っていける。
……実は前述のしゃがみ動作にはゲージ溜め効果まであるので、手っ取り早く溜めたいのでなければしゃがんでるだけでも良かったりする。
ガードが出来ず、かつジャンプも不可能と格ゲーキャラとしては致命的と言える欠点を持つが、各種無敵時間の長さがそれを補って余りあるという、
ある意味非常にインチキ臭い尖った性能のキャラである。

これらの他に3ゲージ消費して美妹形態に変身する事が可能。
美妹時は投げが無効であり、加えてリーチと判定・威力に優れる優秀な通常技を持つが、
必殺技は無く、加えてジャンプやガード、しゃがみ動作も無いというこれまた極端な性能を持つ。
そして 妙に背が高い 。明らかに設定上の160cmを越えている。
変身中は時間と共にゲージが減少していき、0になると干物妹へ戻ってしまうが、変身後から一定時間経過後に任意で解除可能。
なお、readmeには解除ボタンがZとなっているがこれは誤りで、実際に割り当てられているのはYである。お間違いなき様。
……まぁぶっちゃけ干物妹時の方が断然有利なので、そもそも美妹に変身する意義は極めて薄いと言わざるを得ないのだが。設定的に逆なんじゃあないのか
残念ながらUMR形態は存在しないが、うまるドライブのカットインの1つでその姿が拝める。
AIは未搭載。
紹介動画
癒し空間へようこそ

この他にもAir氏による改変版が存在していたのだが、現在は公開されておらず入手不可。
下記の大会に出場しているうまるはいずれも改変版である。



出場大会



*1
事実、不調で半端な姿になった時に体を折り畳む過程を説明したことがある。
・・・・すごい妹だ。
ちなみにプロトタイプである読み切り版ではこの設定は存在しておらず、リアル体型のままフードを被っている。
*2
ただし、現在は友人関係となっているキャラだけでも当初は睨まれる、執拗に勝負を挑まれる、ライバル視されて牽制されるなど
どうにも変な出会い方が多く、うまるも苦手意識を持っていたり「嫌われている?」と誤解することがあった。
…それでも最終的に打ち解けられるのだから、できた子である。