幕之内一歩

週刊少年マガジン連載の森川ジョージの漫画『はじめの一歩』の主人公。
アニメ版では『蒼穹のファフナー』皆城総士役等の喜安浩平氏が一貫して演じている。
どうでもいいことだが一歩の彼女の兄貴の中の人がファフナーだと一騎の親父さんだったりする

釣り舟屋を営む母子家庭に育った内向的性格の青年。連載当初はいじめられっ子の高校生であったが、
いじめの現場に通りがかった鴨川ジムのボクサー・ 鷹村守 と知り合ったことでボクシングを始める。
そこで厳格ながらも合理的な指導を行う会長・鴨川源二や木村・青木ら先輩ボクサーたちに揉まれつつも、
家業の手伝いで身に付いていた身体能力が下敷きとなりボクサーとしての頭角を現していく。

階級はフェザー級ながら、強靭な足腰と体幹を武器とするハードパンチャーとして成長。
基礎的な技であるリバーブロー(肝臓打ち)、ガードの隙間をこじ開けて決めるガゼルパンチ、
自己流で開発・体得した デンプシー・ロール を代表的な持ち技として歴戦を勝ち抜いていき、
現行連載時点でプロボクサーとして日本フェザー級チャンピオンにまで上り詰めている。

格ゲー的には彼のローリングサンダーがどう見てもデンプシーなことがやはり話題になりやすいところだろうか。
他にも
  • 伊達英二のハートブレイクショット:ダッドリーの「コークスクリューブロー」
  • 間柴了のフリッカージャブ:山崎の「蛇使い」
  • 千堂武士のスマッシュ:フランコ・バッシュの「スマッシュ」、あるいはM・バイソンの「ワイルドスマッシュ」
等々、この漫画から格ゲーがパクった影響を受けたらしいものはちらほらある。

MUGENにおける幕之内一歩

2キャラ製作されているが、いずれもフォルダ名は「Ippo」になっているため、キャラの上書きに注意。

xdxdav氏製作

基本技はxで弱パンチ、yで強パンチの2種類。yで攻撃避け。
キックボタンでは通常技は出ないが、無敵移動技のデンプシーロールや通常投げのクリンチを出すために使う。
クリンチは普通の格ゲーの通常投げ(相手にダメージを与える、相手をダウンさせる)とは全く逆に、
相手を掴んで動きを止め、その間に自分の体力を回復させるというボクシングでの戦術に沿った技になっている。
相手側はレバガチャで「速くクリンチから抜け出すことによって、一歩が回復する時間を短縮する」という形で抵抗できる。

ジャンプが非常に低く、一般的な格ゲーキャラのように数メートル飛んで人間の頭上を軽々と飛び越すといったことはできない。
現実的なボクサーの跳躍力といった感じで、ジャンプ攻撃がちょうど「軽く跳ねる中段技」のような具合になる。

技を当てたときの効果音がMUGENデフォルトのまま、技の一部に喰らい判定の抜けがある等、完成度は高くない。

2+Sで画面に技表を表示する。それより技を解説したreadmeを入れててくれた方が嬉しい

AIは搭載されていない。

Nexus Games氏製作

MUGEN1.0専用。
システムはPots氏のキャラをイメージして作られており、6ボタン制(と言ってもボクサーなのでキックボタンを押してもパンチが出る)で
ジャンプも他の格ゲーのように高く飛べる。通常投げも「相手を掴んで殴って吹っ飛ばす」と普通の格ゲー型。
ヒットエフェクトや効果音もしっかりしている。
こちらのデンプシーロールは当て身技になっている。

AIはデフォルトで搭載されているものの、距離に合わせて技を振り回すだけで防御を全く顧みないため、あまり強くない。

出場大会

  • 「[大会] [幕之内一歩]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー