アヌビス二刀流ポルナレフ


「これにはッ!勝てるかなッ!!承太郎ッ!!」


「『銀の戦車(シルバーチャリオッツ)』プラス『アヌビス神』 二刀流ッ!」

ジョジョの奇妙な冒険 ~未来への遺産~』に登場する、アヌビス神ジャン=ピエール・ポルナレフに憑いた状態。
海外では「Black Polnareff」という名称で呼ばれている。
ポルナレフ自身のスタンド「シルバーチャリオッツ」のエペとアヌビス神の刀が加わった二刀流で、
原作ではアヌビス神の技や力を「憶える」能力により、あの最強スタンド「スタープラチナ」を持つ承太郎を危うい所まで追い詰めた。
ちなみにチャカカーンと違い、刀身が途中で折れているのはアヌビス神に操られた床屋の主人との戦闘時に、
承太郎がスタープラチナで真剣白刃取りして折ったためである。アヌビス神の詳細はチャカの項目を参照。

宿主を変えることで強さも変わるスタンドだけに、SPWによるスタンド評価も
破壊力 スピード 持続力 精密動作性 成長性
不定 不定 不定 A
上記のようにほとんどが不定とされているが、後に画集『JOJO A-GO!GO!』に掲載されたスタンド評価は
破壊力 スピード 持続力 精密動作性 成長性
B B A E C
とされている。


ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険』でのアヌポル

しかし3部ゲーでその強さは無く、弱キャラと言われている。理由の一つとしてタンデムを持たないという点。
それと手数がやたら少なく、相手にスタンドモードで待たれると辛い。おまけにアドバンシングガードとの相性もとにかく悪い。
、或いはのようにEXキャラクターよりも通常のポルナレフの方が強かったりするのはご愛嬌(詳しくはこちらの項にて)。
だが、それは周りが強すぎるだけであり、アヌポル自身はかなりの高性能。もし 普通のゲームに出ていれば上位には入れるレベル である。
(ただしアドガやガーキャン、ブロッキングのような防御システムがあるゲームではやはり弱キャラだろうが)

いい点を挙げると、範囲や判定が強いジャンプ強。判定が強くヒット確認が容易で、スキも少ないしゃがみ強。
高速の中段・下段の二択が迫れ(ただし1、2段目問わずアドバンシングガード>小パンで反確だが)、連続技の主となる『鬼連斬』。
範囲が広く対空や連続技に使え、強以外ならガードされてもスキが少ない『達人二刀流』。
上中下段全てを取れ、チャカカーン同様に一度覚えた技は、全ての技でガードキャンセル可能になる超高性能当身『憶えたッ!』。
無敵が長く、対空・連続技など汎用性が高いアヌポル版「アーマーテイクオフ」『ダメ押しと言うやつだッ!』(ウッシウッシ!)。
入力完成~発生直後まで完全無敵で、奇襲・反撃・連続技・対空などに使え、威力も高い『絶対に負けんのだッ!』等。

通常技・ゲージ技共に優秀なものが多く、コンボも割と簡単かつ火力も高いため、タンデムを使いこなせない人にはお勧めできるキャラ。
また、多段ヒット技をコンボに組み込めるためゲージ回収率が非常に高い。1コンボで1.5ゲージは溜められる。
実際攻め手は強く、 ノーゲージの火力だけなら承太郎にも匹敵する
しかし、ワンパターンでラッシュ能力が低くゲージ技はぶっぱ用。それがアヌビス二刀流ポルナレフなのだ。

参考動画

「とっておきのダメ押しというやつだッ!」


MUGENにおけるアヌビス二刀流ポルナレフ

MUGENでは悪咲3号氏の一体のみ存在する。現在、某所で代理公開中。
AIは1%氏のものが存在。AIレベルが細かく存在し、時間経過や「憶えたッ!」の成立によりAIレベルが上昇していき、
最終的には敵の全ての攻撃を超反応でカウンターしてくるようになるという原作を再現した特性がある。
ちなみにレベルの段階は、なんと999999にも及ぶ。残り1ドットの体力から怒涛の猛反撃を仕掛ける姿は、
アヌビス神を代表するセリフ「絶対に負けんのだっ!!」を地で行くかのようである。
現在このAIは公開停止中だがインターネットアーカイブにデータは残っているためまだDLは可能である。
またMUGENということで、全てのキャラにアドバンシングガードがあるわけではないため、
下段と中段に派生できてガードされても不利にならない『鬼連斬』による固め・崩しが強力。
ただ補正か根性値の関係なのか、相手のライフが減るとやたら安くなる。
特にライフ3割ぐらいからは超必を当てても せいぜい1割ぐらいしか減らないぐらい安くなる。
そのため最初は圧倒していても殺しきれずに負けるパターンも多く、逆に不利な状況から
ワンチャンで逆転することはほぼ不可能。
チーム戦では大将を任すよりも副将辺りのほうがゲージ溜め要員として活躍してくれるかも知れない。


ニコMUGEN初期から極めて強力なAIが存在し、多くのトーナメントに顔を出している。
現在でこそ正気の方に席を譲ることが多いが、作品別トナメのJOJO枠を担うことも多い。
ゲージ回収率の高さも健在でアヌポルを副将辺りにしてゲージをふんだんに使う大将が大暴れするケースも多々ある。



「やったッ!勝ったッ!仕留めたッ!」

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他

更新停止中
凍結

出演ストーリー

その他