ミミッキュ


タイプ:ゴースト・フェアリー
分類:ばけのかわポケモン
高さ:0.2m
重さ:0.7kg
特性:ばけのかわ(相手のダメージ攻撃を一度だけ無効化する)


任天堂のRPG『ポケットモンスター』に登場するポケモンの一匹。初出は第7世代(『サン・ムーン』)。
自身の能力で目や口のような模様を浮かび上がらせたボロ布を被り、ピカチュウ擬態しているポケモン。
本来の目は胸にあり攻撃時は目つきも変わるのだが、初見でピカチュウの「メガシンカ」とか「アローラの姿」と誤解したファンの中には、
縦長の黒い乳首と間違えた人も少なくない。

本来の姿は常に布で覆われているため不明。見た学者が恐怖でショック死した、見ると謎の病に苦しむことになるなど、
ゴーストタイプならではの物騒な逸話が語られており、ミミッキュの本来の姿を見ることはタブーとされている
(攻撃の際に、僅かだが腕らしき部位が見えることはある)。
だが、ミミッキュという種族は非常に寂しがり屋であり、ピカチュウに擬態するようになったのも、人間に人気者のピカチュウ達を真似ることで、
人間達と親密になるために行い始めたらしい。

一方でアニメ版に登場するロケット団のミミッキュは(ニャースの通訳によると)、
好きでこんな姿をしているわけではないし、むしろピカチュウを憎んでいる」という意思を示しており、ゲームの図鑑説明との乖離が指摘されていたが、
別のミミッキュが登場した時は普通にピカチュウと仲良くしていたので、この個体のみの事情だったのかもしれない。
このロケット団のミミッキュは上述のピカチュウへの憎悪の他、味方であるはずのニャースにトラウマを植え付けたり、
基本的にやられ役だったロケット団のポケモンとは一線を画する戦闘力を持つなど、これまでにない異様な存在感を放っている。
冗談交じりだが中身はこのポケモンの一族なんじゃないかと言われることも。

公式テーマソングが存在する他、キャラクターグッズも多く作られており、そちらではピカチュウ以外のポケモンにも擬態している。


原作中におけるミミッキュ

種族値

HP:55
こうげき:90
ぼうぎょ:80
とくこう:50
とくぼう:105
すばやさ:96

その個性的な設定で発売前から注目されていたポケモンだったが、
いざ世に出ると、第7世代出身者の中でもトップクラスの実力者であることが判明した。

まず、特徴的なのがゴースト・フェアリーという複合タイプ。
この複合タイプが絶妙に噛みあい、格闘ドラゴンノーマルの計3種類ものタイプの技を無効化できる他、
それぞれのタイプが苦手などく・あくの弱点を打ち消し合い、耐性に優れている。
それだけでなく、フェアリーとゴーストは、単タイプであれば片方の技を半減する相手でも、
もう片方の技なら等倍かそれ以上の威力で喰らわせることが出来るため、非常に優秀な攻撃範囲を持っている。
第7世代現在、ミミッキュのメインウェポンを両方半減以下にできるのはカエンジシ(ノーマル・ほのお)のみである。

そして、もう1つの強みは、どれだけ高威力であろうと初撃を必ず無効化する特性「ばけのかわ」。
通常は「まもる」を使っても25%分は喰らってしまうZワザであっても、この特性なら無傷で受けられる。
一度攻撃技を受けると「ばれたすがた」になり、回復しようが交換しようが蘇生しようが再度使用することは不可能だが、
それでも1ターン確実にアドバンテージを取れるという特徴は非常に強力。
積み技や「トリックルーム」などで確実に起点を作るチャンスを得られるのは大きなメリットである。
また、「まきびし」や「どくどく」といったスリップダメージでは「ばけのかわ」が剥がれないのも強み。

メインウェポンはタイプ一致の「じゃれつく」と「シャドークロー」。
それに加えて小回りの利く先制技「かげうち」が採用されることが多い。
技スペースが厳しいがサブウェポンもそれなりに充実しており、体力回復が可能な「ドレインパンチ」と「きゅうけつ」、
反動があるが高威力の「ウッドハンマー」、Z技化することで苦手なパルシェンを返り討ちにできる「かみなり」などを習得できる。
また、積み技が豊富で「つるぎのまい」、「ビルドアップ」や、Z技の追加効果が攻撃3段階アップと強力な「はねる」などを持つ。
加えて、『ウルトラサンムーン』では「じゃれつく」をトリガーとしたミミッキュ専用のZ技「ぽかぼかフレンドタイム」が追加された。
その上攻撃一辺倒というわけではなく、「のろい」、「おにび」、「いたみわけ」、「みちづれ」等、ゴーストタイプらしい搦め手も豊富。
これらの補助技を駆使した変則型も一定数存在しており、刺さる相手にはとことん刺さる。

以上から、第7世代におけるシングルバトル対戦での使用率は全ポケモンでも最上位に属しており、かつてのガブリアスのような環境の中心として君臨している。

弱点としては「ばけのかわ」は状態異常や追加効果までは防げないこと(解除まではされない)が挙げられる。
また、連続技を受けた場合は最初の1発しか無効化できず、それ以降は普通にダメージを受けてしまう。
更に特性「かたやぶり」等で、ばけのかわを無視して弱点を突かれると一発で落ちかねない。
ミミッキュが得意とする物理攻撃に強く、特性スキルリンクにより「つららばり」を確実に5発撃てるパルシェンや、
禁止伝説解禁下のルールだと特性を無視できるソルガレオやルナアーラ、ネクロズマなどが苦手な相手。
逆に言えば固有の特性くらいしか有効な対策が無いとも言える。
また、弱みというほどではないが、単純に相手の行動ポケモンが多くなるダブルバトルで「ばけのかわ」1枚に甘えるのは厳しめ。

ミミッキュ自体の種族値は決して秀でたものではなく、メインウェポンも威力100以下の技ばかりなのだが、
優秀な複合タイプと強力な特性、取得技の特徴が見事なシナジーを持ち、高い立ち回り性能を持っている。

シナリオ中では第6の試練のぬしポケモン(通常の個体より大型のポケモンで、所謂中ボス的存在)として戦うことになる。
前述した特性や素早さの高さに加え、さいみんじゅつを使うゴーストを仲間として呼んでくるなど、ぬしの中でもかなり厄介な相手。
…しかし、それ以上に登場時や戦闘後の演出が非常にホラーじみている点が最も恐ろしいかもしれない。

『ウルトラサン・ムーン』では特定の条件を満たすと、このぬしミミッキュを入手できる。
種族値こそ通常のミミッキュと同じだが、高さは図鑑の2倍、体重は4倍の大型な個体である。
個体値もランダムながらも高めになる設定であり、野生のミミッキュの出現率が低いこともあるため、入手しておいて損は無い。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』ではモンスターボールから出てくるポケモンの1体として参戦。
近づいてきた相手ファイターを覆いかぶさるように捕獲し、「ぽかぼかフレンドタイム」で大ダメージを与える。
この時、相手ファイターが90%以上だと即撃墜となる。


MUGENにおけるミミッキュ

えんたーく氏の製作したキャラが公開中。
第7世代出身では最初のMUGEN入りとなった。
氏曰く、人が操作する前提で作っていないキャラで「動画使用は全然問題ありません。自己責任でお願いします」とのこと。
通常技扱いである「シャドークロー」で攻撃するのが基本的な戦術になるが、
他にもスリップダメージを与える「おにび」や、一定回数攻撃を受けると消失するみがわり人形を出す「みがわり」、
隙が大きい代わりに火力を高められる「つるぎのまい」など、数々の個性的な技を持っている。
5段階のAIも搭載されている。
ミミッキュの紹介は50秒辺りから

出場大会

  • 「[大会] [ミミッキュ]」をタグに含むページは1つもありません。


添付ファイル