ミドラー


「踊らない?」

ジョジョの奇妙な冒険』に登場するキャラ。鉱物に化けることができるスタンド『ハイプリエステス』を持つ。
名前の由来はアメリカのポップス・シンガー「ベット・ミドラー」。名前が似ているが、同じジャンプ作品のどこかの死神とは無関係。

+ 女教皇(ハイプリエステス)

原作では潜水艦に乗ってエジプトに入国しようとするジョースター一行を艦内で襲撃。
潜水艦の計器や脱出用のアクアラングに化けての不意打ちで一行を苦しめた。
またスタンド像が本体に近づくとパワーが増し、鼻の穴が海底洞窟に見えるほどの巨大な顔に変化することもできた。
一行を一呑みにし、ダイヤモンド並の硬度を持つ歯で噛み千切ろうとしたが、承太郎オラオララッシュで歯を全部折られて敗北。

自分の容姿に自信があるような発言をしていた他、非常におだてに弱いらしく承太郎による「一度あんたの素顔を見てみたいもんだな 俺の好みのタイプかもしれねーしよ恋におちる か も」(尚スペースは原作通りである)という発言に一瞬隙を見せる事もあった。
前述のスタンド越しの自分の容姿に自信があるような発言から、一行(と男性読者)は興味津々だったのだが、
スタンド像の歯を全て砕かれたミドラーの容貌は、ポルナレフをして「 歯が全部折れてるから見れたもんじゃあねぇーっ ヒィーッ 」と言わしめた。
そのような事情もあって原作はスタンド像のみの登場となり、本体のミドラーはブッ倒れてピクピクしているたった1コマしか描写されなかった(顔は映っていない)。
ちなみに承太郎が好みのタイプらしい。
SFCのRPG『ジョジョの奇妙な冒険』で初めて本体の姿が登場したものの、何故か飛行機内で スチュワーデス として登場していた。
承太郎の「話す」コマンドの内容がおだて文句になっている上にMP減少量も大きい(0にすると戦意を喪失させて勝利)という謎の原作再現要素がある。

その後、アーケード版『ジョジョの奇妙な冒険』では原作者の荒木飛呂彦氏の描き下ろしによって、めでたく本体の姿が設定された。
見ての通り踊り子なだけあってスタイルが良く、非常にエロい。顔も十二分に美人レベルである。
また、アーケード版稼動当時は原作者は5『黄金の風』の執筆中で第3部の頃とは絵柄がかなり変わっていたため、
超必殺技やKO時の顔グラフィックは、絵柄の比較的近い4の山岸由花子を改変したものが使われている。

勝利メッセージの「アナタなかなか素敵だったわよ」は彼女の台詞ではなく、原作ではマライヤの台詞である。

なお、TVアニメ版は原作漫画に準じた姿であり、原作以降ゲーム版等の逆輸入とはいかず残念ながら顔は映らなかったが、浅黒い肌の色となかなかの巨乳となっている。
またTVアニメ版では前半2クール(=タロットカード編)・後半2クール(=エジプト編)と区分けされ、ミドラーはその前半タロットカード編での事実上ラスボスを務めた事になる。


ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険』でのミドラー

通常技・必殺技の射程が長く、中距離戦が得意なキャラ。
原作では大体チャカアレッシー、ジョセフ、邪悪の化身ディオ!!などと共に中堅辺りといわれている。

必殺技に、水中銃に変身したスタンドを発射する飛び道具「ハープーンショット」。
車に変身したスタンドが、地面から突き上げて攻撃する「モーターヘッド」。
『未来への遺産』で追加された、分銅に変身したスタンドで中段攻撃を行う「アイアンワイルド」を持つ。

ハープーンショットは弾速は早いが発生が遅いので牽制以外にはあまり使えない。
モーターヘッドも発生が遅いが空中ガー不なのでかなり優秀。相手が飛び込んできそうな時に置いておくように先読みで出すと効果的。
ただしスタンドモード時だと硬直が恐ろしく長くなるので注意が必要。ちなみに打撃判定なので「覚える」ことができる。

スーパーコンボは、スタンドが変身した水中銃を発射、ヒットすると画面端に張り付け多数の水中銃のモリでさらに攻撃する「メガハープーンストライク」。
スタンドが変身した車を連続で5台発生させる「モーターショー」。
敵の足元に出現したスタンドが地上に居た相手を飲み込み、口内で噛み付いて攻撃する「ディナータイム」を持つ。
まぁ「ディナータイム」は「暗転見てからジャンプで回避余裕でした」な発動の遅さなので、スタンドクラッシュに合わせて使用する。

とにかく技連携が非常に強力でペースを握りやすく、自分のペースでじっくり相手と戦い続けることが出来る。
反面、防御面が非常に弱く、ラッシュに持ち込まれるとなかなか逃げ出せず、そのまま殺されることも。
また連続技に乏しく、大ダメージを与えることがなかなか出来ない。
このため、割り込みから一気に大ダメージを奪えるキャラや、ラッシュに持ち込めるキャラには苦戦する。

声優は同作のマライヤデス13も担当し、『カプエス2』のキャミィマキ役も演じた長沢美樹女史。
なおTVアニメ版のCVは1部ゲーでエリナばあちゃんを演じたノア夫人久川綾氏が担当している。

ストーリーのエンディングではDIOに血を吸われて吸血鬼になっている。
OVA版には登場せず、『ASB』『EOH』にも参戦はしなかった。


参考動画

MUGENにおけるミドラー

MUGENではモンタナ氏が製作。AIも元から入っている。
またニコ動で別にAIが公開・配布されていて、なかなか強い。
現在は保管ロダ「MUGEN補完用アーカイブ」にて代理公開されている。

海外産も2体ほど存在するがどちらも未完成状態のままである。

出場大会

更新停止中

出演ストーリー

その他