ガニメ

1970年8月1日に公開された、東宝製作の特撮映画『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』に登場したカニ怪獣
別名「大蟹怪獣」。体長20m、体重1万2千t。
名前の由来はカニの食用にならない部位を意味する「ガニ」という言葉と、漫画『もーれつア太郎』に登場する猫のキャラクター「ニャロメ」。

先に出現したゲゾラと同様、南海の孤島セルジオ島に棲息するカルイシガニが宇宙生物に憑依されて巨大化したもの。
最大の武器は巨大な鋏と頑丈な甲羅で、特に後者は機関銃やダイナマイトの爆風すら意に介さないほど強固。
攻撃手段ではないが、興奮すると口から泡を吐き出す点も特徴的。

劇中ではゲゾラが焼き殺された後、宇宙生物がより強力な肉体を求めてカニに憑依したことで誕生した。
島民たちは怪獣の再来に備え、旧日本軍が遺棄した弾薬庫の武器弾薬をかき集めて防衛線を張っていたが、例の如くこれを圧倒
主人公とヒロインを山の上まで追い回すが、主人公にライフルで眼球を狙撃され、視力を失って崖から転落してしまう。
更に転落地点の近くにはちょうど前述の弾薬庫があった為、主人公は付近に配置されていたガソリン缶への狙撃を開始する。
その結果、弾薬庫は大爆発を起こし、爆風に巻き込まれたガニメは粉々になって消し飛んだ。

しかし、寄生していた宇宙生物は爆風でも死ななかった為、すぐに別のカルイシガニが憑依されて二体目が出現。
同様の経緯で生まれた大亀怪獣カメーバと共に島民たちを追い詰めるが、
主人公たちの活躍で、宇宙生物の弱点である超音波を放つコウモリが空に解き放たれ、超音波を浴びた宇宙生物は発狂してしまう。
その結果、ガニメ、カメーバの二大怪獣は同士討ちを起こし、狂乱の末に火山の噴火口へ転落して宇宙生物共々死滅した。

以降の映像作品には登場していないが、ゴジラシリーズを題材としたゲーム作品などでは稀に登場することがある。

ゲームボーイの『怪獣王ゴジラ』では4面の中ボスとして登場。
泡で攻撃してくる平凡な中ボスだが、水中に出現するので無敵技の尻尾攻撃が使えず厄介な相手ではある。

プレイステーションの『ゴジラ トレーディングバトル』では怪獣カードとして登場。
また、三大怪獣の中ではガニメのみOPムービーにも登場している。

アニメ映画の前日譚として書かれた小説『GODZILLA 怪獣黙示録』でも僅かながら登場。
ベーリング海を支配しており、食糧危機に陥った人類はガニメの襲撃に備えながらカニ漁をすることを強いられたという。
また、続編の『プロジェクト・メカゴジラ』では北米のヘドラ研究所に「ガニメの亜種らしき赤い甲殻を持った怪獣」が出現したことが語られている。
しかし、この「赤い甲殻を持った怪獣」は鋼鉄製の扉を溶かすというガニメらしからぬ能力を持っており、
ヘドラ研究所で対ゴジラ兵器「オキシジェン・デストロイヤー」が研究・開発されていたことなどを考えると、ガニメとは別種の怪獣だった可能性が高い。

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)


MUGENにおけるガニメ

ミニラクモンガなどを製作したカーベィ氏による物が2018年12月7日に公開された。

画像は先に公開されたエビラと同様「ゴジラトレーディングバトル」の物が使われている。
鋏による打撃、投げなど基本的な技は揃っており、原作で見せた岩崩し攻撃を飛び道具として搭載している。
また、独自の技として口から吐き出す泡攻撃があり、これには相手のゲージを減らす効果がある。

超必殺技はストライカーとしてゲゾラとカメーバを召喚するもの。
ゲゾラは敵に近づいて触手で連続攻撃を仕掛け、カメーバは敵に近づいたのちしばらく力を溜め、高威力の頭突き攻撃を仕掛ける。
カメーバはゲゾラの連続攻撃に比べて総火力が低いうえに力溜めの時間が長すぎて当てづらいが、
ガード削りが大きい為、ゲゾラと併用してのガード崩しなどに役に立つかもしれない。


出場大会

  • 「[大会] [ガニメ]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー