アナカリス



「定めによりて りて りて

  王は民を守るものなり なり なり

初出作品: ヴァンパイア The Night Warriors
出身地: エジプト
生年月日: B.C.2664年 誕生日は不明。
身長: 270cm
体重: 500g〜500kg(可変)
種族: ミイラ

「復活のファラオ」「黄金の絶対神」
ヴァンパイア』シリーズに初代より登場する強くて賢くて奥さんが美人の王様。別名ファラオATMとは何の関係も無い。
イロモノ系キャラのカリスマ的存在で、格ゲー史上最高のイロモノキャラとしてその名を挙げられることも多い。
シリーズ内でも人気キャラの一角を占め、『MVC2』にはデミトリを差し置いて出演するなど、なかなか優遇されている。

外見は3m近い巨体を有する非常に筋肉質な体つきをしたミイラ。
しかし包帯の下の体はミイラのために干からびており、逞しく見えるその体付きは、かつて生きていた頃のものに魂が宿っているものと推測される。
全く違う形に体を変形させることが可能で、その本体のミイラは一部の攻撃やダメージを負ったときのモーション中に、わずかに覗き見ることができる程度。
形は違えど王国を統治する者同士という関係なのか、Q-Beeとは『セイヴァー』で互いに乱入キャラに設定されている。

また、『CFJ』での勝利セリフがお茶目なことでも有名。
特徴としてセリフの語尾に最終二音を繰り返す残響音のようなものが付く。


ヌール 「そこにひざまずけずけずけ 無理でもひざまずけずけずけ」
ランダム台詞 「次元のゆがみと混在を感じるじるじる だいたい5つほど感じるじるじる」
                   「またまた降臨臨臨 たまたま勝利利利」
                   「予言をおろそかにするなるなるな 割と良く当たるのだのだのだ」

キャラクター設定

+ アナカリス王の軌跡

+ ストーリー

キャラクター性能

他キャラに比べて動きが遅く近づくのにひと苦労だが、ひとたび近づけば下半身をピラミッドにする技を使った中段・下段ラッシュで瞬く間に相手の体力を根こそぎ奪う。
ただし、AI相手だとこのラッシュが通用せず、ガード崩し手段の投げが低性能(通常投げなし、コマンド投げは一定の間合いの立っている相手しか投げれない、しゃがみ&至近距離の相手を投げるにはゲージ消費が必要)というデメリットのため、対AIでは無類の弱さを誇る。
『ハンター』では強キャラの一角だったが、『セイヴァー』では各種性能面で弱体化を受けてしまう。
更にアドバンシングガード前提のゲームなのに一人だけAGを使えないという謎な処遇を受けてしまったため、一転してビクトルと最弱を争うことになってしまった。

+ 『ハンター』
+ 『セイヴァー』

+  王家の裁き

MUGENにおけるアナカリス

+ ミス氏製作 セイヴァー仕様
+ 参号氏製作 セイヴァー仕様
+ Thomas Hsieh氏製作 セイヴァー仕様
+ Kong氏製作 MVC2仕様
+ Gal129氏製作 CFJ+CVS2アレンジ仕様

出場大会

+ 一覧

登場ストーリー

+ 一覧


*1
紀元前27世紀という年代が古すぎるわけではなく、この頃は古王国時代と呼ばれるピラミッド建設が盛んになっていく時代の始まりである。
(史実だと階段ピラミッドで有名なジェゼル王がアナカリスよりやや上の世代になる)
定説を覆しかねないのは「全国民がピラミッド建造に参加して16年間でのべ6000万人の労働力を動員(=それだけ人口がいた)」付近で、
それだけアナカリスの国が豊かであったという所である。