パイロン







「我こそは宇宙の真理!」




初出作品: ヴァンパイア The Night Warriors
出身地: ヘルストーム星
生年月日: 1991年 誕生日は不明。
身長: ?
体重: ?
種族: 宇宙人

「世界一と宇宙一 さて、どちらが強いのかね?」

「宇宙の支配者」
ヴァンパイア』シリーズに初代より登場する地球外生命体。つまりはである(異星人と表現した方が適切かもしれない)。
『ヴァンパイア』『ハンター』『ハンター2』『CFJ』ではラスボスを務める(『セイヴァー2』では中ボス)。
名前の由来はpyro(火)と思われる。やはりヴァンパイア、ひいては「闇の住人」達の天敵は太陽ということだろうか。
CVはデミトリと同じく檜山修之。しかしボイスは勝利ポーズや特定の技で発する笑い声と敗北時の叫びのみ。しかも特殊効果が掛かっているので判別は困難かと思われる。
OVAやドラマCD及びカセットでは小川真司銀河万丈らが演じた。

外見は不定形の炎そのものが人の形に擬態している、といったもの。
待機アニメなどで陽炎のように出現したり消えたりしているが、ちゃんと当たり判定は残っているのでご心配なく。
まあそれは置いておいて、人外のキャラクターが主役である『ヴァンパイア』の中でも一際『人の形をしている必要がない』キャラであるため、
ある時は一本の火柱となり、ある時は回転ノコギリのようになるなどまさしく炎のように身体を変形させて戦う。
人智を超えた存在の割には、ファイティングポーズは意外と普通。ちょっとどこぞの軍人っぽい。地球のスタンダードなポーズを真似ているのかもしれない。

性格は傲慢言動が尊大でありプライドが高い。
設定上相手の攻撃が通用しないのでわざわざ自分でダメージを受けるなどフェア精神を持っているようにも見えるが、
実際の所は自らがより楽しむためのお膳立てに過ぎず、結局の所自己満足の為でしかない。
『ヴァンパイア』では「常に相手を見下している」というよくいる悪役のような言動だったが
『CFJ』では「見下す」と言うよりはナチュラルに「自ら以外は全て下等、それが当然」という態度となり、常に余裕綽々で人を上から見ているような言動となった。

キャラクター設定

初代『ヴァンパイア』のゲーメストムックによれば『2億年もの間宇宙を漂っていた』らしい。生年が1991なのに。
西暦1991年の事と書いてあるわけではないが、同じムックで大半のキャラが同様に西暦とは書かれず数字だけの表記であるので特筆が無い以上は同じと見做して良いのだろう。
さらに続く説明によれば、『物質としての定形を持たない、不定形精神体とでも称すべき存在』で、
『もともとは何処かの恒星系に住む知的生命体であったが、進化を続けるうちに不老不死の絶対的能力を備えた超人と化した』のだとか。
進化の果てにこうなったのなら、案外かつては地球の生き物と大差無いような存在だったのかもしれない。
進化しまくった挙句やる事がなんにも無くなり、惑星の収集という迷惑かつスケールのデカい趣味を持つに至った。
生物がいない、つまり「誰のものでもない」状態の惑星の場合は彼がそう望んだ瞬間から「彼のもの」なのだが、
生物がいる惑星の場合は「現時点では彼らのもの」と判断し、すぐには手を出さない。
ではどうするかと言うと、その惑星の住人の代表を彼なりの基準で選考し、その相手に合わせた形状・大きさに自身をスケールダウンした上で所有権をかけて勝負をする。
で、その勝負こそが初代『ヴァンパイア』のゲーム内容だったわけである。

+ ストーリー

キャラクター性能

『ヴァンパイア』ではラスボスなだけに 通常攻撃に削り があったりと圧倒的な性能。
『ハンター』ではプレイヤーも使用可能になったため、通常技の削り能力を削除されるなど若干の調整はされたが、
それでも最強キャラの一角となり、ゲーメストのダイヤグラムでは一位を獲得する程の高性能を誇った。
故に『ハンター』ではパイロンを使うプレイヤーがとても多く、あの有名なウメハラもパイロンを使って二百連勝と言う記録を作り上げている。
しかし弱体化の波は以降の作品にも続き、最終的に最底辺の弱キャラになってしまった。
『CFJ』ではCPU時に限り初代『ヴァンパイア』同様通常技に削りがある。プレイヤーが操作した場合でも『セイヴァー』シリーズほど弱くない。

10秒でわかるパイロンの強さ
初代:凶
『ハンター』:強
『セイヴァー』(家庭版):並(カスに近い)
『セイヴァー2』:カス
『CFJ』:並

+ 各作品での性能差

技解説

※主に『ハンター』性能を基準として解説する。
+ 有用な通常技
+ 特殊技、投げ
+ 必殺技
+ EX必殺技




「ああ失礼…ゴミかと思ったよ もう用はない、早くそこをどいてくれ」
「よかろう、望みどおり消してやろう 宇宙のチリとなるがよい!」
「フ、いかんな ホコリひとつはらうのに手間取ってしまった」
「いろいろと不便もあるのだよ 君たちのサイズに合わせるのは」
「全力?まさか この銀河が消し飛んでもいいのかね」


MUGENにおけるパイロン

+ vanity13氏製作 セイヴァー2アレンジ仕様
+ Gal129氏製作 セイヴァーアレンジ仕様
+ TymeSt0mpr氏製作 Omega Pyron
+ くねくね氏製作 アレンジ仕様

この他にも、プレビューバージョンではあるがMvCアレンジやCVS2アレンジのパイロンが存在する。

出場大会

+ ...

登場ストーリー



*1
この思念波によりミイラが復活したり海底火山が噴火したり
吸血鬼が目を覚ましたり超古代のロボットを起動させたりと結構傍迷惑な事になっている。

*2
ある漫画ではドノヴァンにパンチ一発で倒されてしまう。
また、東まゆみの漫画『ヴァンパイアセイヴァー 魂の迷い子』では設定上強すぎたためか歴代操作キャラの中で一人だけハブられている
セイヴァーの漫画でありながらフォボスドノヴァンは登場していたり
リンリンル・マルタといったサブキャラクターにも見せ場があるにもかかわらずパイロンだけは影も形も出てこない
強すぎるのも考え物ということだろうか。

*3
実際は台詞などが一切存在しないため、本当に抗議を受けていたのかは不明。状況的には「次は俺達が相手だ!」とかでもおかしくない。





「まあこんなものだろう 2、30秒程度は楽しめたかな」
「大健闘ではないか 思わず拍手を贈りたくなったよ」
「無数の戦いのなかでも ベスト百万に数えられるいい勝負だった」
「蒼穹に広がる群雲…満天の夜空を覆う星… どうかね?死の前の爽やかな光景は」
「野望を持つものはいい 思わぬハプニングを期待できるからな」