ガロン



  「俺の名はガロン
       風よりも速い人狼の戦士」

「さあ立ってみろ
     すべての力をぶつけてこい!」

初出作品: ヴァンパイア The Night Warriors
出身地: イギリス
生年月日: 1940年(誕生日は不明)
身長: 186cm 体重: 70kg
種族: ワーウルフ
キャッチコピー: 疾風の人狼(初代、ハンター)苦悩に吠える牙(セイヴァー)

ヴァンパイア』シリーズのキャラクター。初期からの参戦キャラであり『セイヴァー2』以外の作品全てに登場。
CVは登場するゲーム作品全てにおいてうえだゆうじが出演。しかし戦闘時のボイスの殆どが狼の鳴き声なので非常に判りづらい。
唯一人間体で喋る勝利ポーズ時は割と判りやすい。
+ 人間体のガロン
OVAでは立木文彦が、ドラマCD及びカセット等では林延年(現:神奈延年)三木眞一郎が演じている。
海外での名称は「Jon Talbain(ジョン・タルバイン)」*1 John 」ではない。
Jon/Jonny は Jonathan 由来、 John/JohnnyJohannes 由来の名前のため、両者は全くの別物。
ただし英語版『セイヴァー』ではエンディングでJohnと誤植されている。


「お前には俺が何に見える・・・・・・? 人か? 獣か!?」
通常時はは紫の拳法着を纏った銀髪の男だが、戦闘時には服を引き裂き狼男へと姿を変える。
拳法着の元ネタは恐らくブルース・リー
人間だった頃は拳法家を目指していたこともあり、高い向上心を持って真剣に武術に打ち込んできたため、孤高の戦士といった感じを受ける。
戦闘後の勝利メッセージは、純粋に戦いを楽しんでいるように思えるものがある反面、それは獣人としての本性がそうさせているため、
その血に抗うという設定通り、それを受け入れがたいという苦悩が垣間見える台詞もある。

キャラクター設定

+ ガロン、出自の経緯

+ ストーリー

+  ダークガロン

+ メディアミックス等の扱い

キャラクター性能

全般的には飛び込みからチェーンコンボしたり、突進技で奇襲したりとラッシュ重視のキャラクター。
全体的に火力は低めだが、姿勢が低く当たり判定が全体的に小さい。
なんと歩きで相手の飛び道具を潜ったり、ザベルのやたら判定の強いレバー入れ攻撃や
ドノヴァンの立ち回りの主軸である「キルシュレッド」もしゃがめば当たらない。
『ヴァンパイア』では基本的に外見上そのまま、腕や足の部分にだけ攻撃判定があるためハイキックなどは足の先端にしか判定が存在しない。
そんなゲームの中で判定が小さいのは非常に大きなアドバンテージと言える。その性能から初代を除けば大体の作品で強キャラである。

+ 各作品での性能差

技解説

+ 有用な通常技
+ 特殊技、投げ技
+ 必殺技
+ EX必殺技




「戦いには死力をつくす
     それが俺のやり方だ!」

MUGENにおけるガロン

+ splode氏製作 アレンジ仕様
+ 木。氏製作 セイヴァー再現仕様
+ Cray氏製作 EOHバージョン

出場動画

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧

*1
『ヴァンパイア』の製作当時、キャラクターの命名はアメリカ人に委ねられ「ジョン・タルバイン」と名付けられたが、
「それでは響きが悪く日本人には馴染みにくい」との理由で日本のスタッフによって改名された(『ALL ABOUT ヴァンパイア』による)。

ちなみにこの「ジョン・タルバイン」という名前は、狼男をテーマにしたホラー映画の古典的代表作として有名な1941年の『狼男』、およびそのシリーズ作にメインで登場する狼男「ローレンス(ラリー)・タルボット」が元になっているらしい。
また、「ジョン」という名前はそのラリーの父親「ジョン・タルボット卿」の名前でもある。

なお、日本語では響きがカッコ良さ気に聞こえる日本名の「ガロン」だが、英語の「Gallon」はヤード・ポンド法での容積の単位。
つまり「リットル」とかと同じようなものである。「a gallon of milk(ミルク 1ガロン)」のようによく使われる。

「俺はもっと疾くなる! そう……光さえも超えてみせる!!」