春日野さくら





「私より強い奴に会いに行く!……なーんてね」

出身地:日本
誕生日:3月15日
身長:157cm(ZERO2)(Ⅳ)/158cm(ZERO3)
体重:42kg
スリーサイズ:B80 W60 H84
血液型: A型(ジャスティス学園のみO型)
好きなもの:体育(特に陸上系)、白いごはん、ストリートファイト
嫌いなもの:数学、弟(つくし)のテレビゲームの相手
特技:英会話、料理(見てくれは最低)、天性の運動能力
ファイティングスタイル:リュウの見よう見まね(Ⅳ)
キャッチコピー:溢れる想い止まらない(ZERO3) スーパー女子高生(CVS) 開花宣言 (ストIV)

ストリートファイターZERO』シリーズに登場するキャラクターで、初出はZERO2。
憧れのあの人に近づく為、見様見真似で覚えた技を振るう女子高生ファイター。
帝国華撃団員とは関係ない…はずなのだが、ポケットファイターにてそれらしいコスプレを披露している。
声は一部の外部作品を除いて長らく笹本優子氏が担当していたが、ストIVで福圓美里氏に変更された。
ゲーム版以外のメディアに於いてOVA版では大沢千秋氏、川崎真央氏、そしてドラマCD版では久川綾氏がそれぞれ演じている。

セーラー服にブルマ、ハチマキという、悪く言えば「狙った」ビジュアル*1のため、
登場当初は賛否両論の激しいキャラであった。今からすれば信じられないと思う人もいるだろう。
しかし、漫画「さくらがんばる!」の出来の良さなどもあいまって賛成派やファンが拡大していき、
すっかりストリートファイターシリーズを代表する人気キャラの一人になった。
リュウケンなどの主役級キャラクターに次いで外部作品への参加も多く、
カプエスシリーズやマブカプシリーズ、ナムカプなどのクロスオーバー作品の他、
同社の3D格闘ゲーム「私立ジャスティス学園」やRPG「ブレス オブ ファイアIII」などにも登場している。

ちなみにこのセーラー服、設定上は『対戦相手に敬意を表しての正装』と言う理由付けが為されている。
少々飽きっぽいところもあるようだが明るく好奇心旺盛で、リュウを追い求め世界を飛び回る。
ZERO2ではリュウと拳を交えた後に弟子入りを直訴するもリュウ自身が修行中の身であることと、
さくらなら自分の力だけで強くなれるという理由で断わられている。
ただし「ポケットファイター」では、ごく一時的にではあるが、リュウとともに修行をする姿をさくらのエンディングで見ることができる。
人懐っこい性格のため、同じ玉川南高校に通う千歳ケイ*2のほか、太陽学園の若葉ひなたや五輪高校の鮎原夏とも親友の間柄であるなど交友関係は広い。
朝は苦手で遅刻の常習犯のようだ。
ただし、同校に通う神月かりんには一方的にライバル視されており少々困惑気味。


さくらの格闘スタイルについてはサイキョー流だと思われる事もあるようだが、あくまでリュウスタイルさくらアレンジである。
漫画「さくらがんばる!」登場以降、漫画内で使われた設定が逆輸入され、
ダンに勝手に一番弟子呼ばわりされているが、実際には技のコツを教えてもらった程度の間柄である。
設定元となった同マンガ内でも、さくらとダンの関係については
「ストリートファイトへの案内役にすぎず師弟関係と呼べるものではない」と描かれている。
とはいえ、ダンはストリートファイトの道へ入った当初のさくらに様々な事を教えてやったり、
リュウを探しての初めての海外旅行にガイド代わりに付いて行ったりと、
下心抜きでなにかと世話を焼いていたのは事実であり、さくらの側もダンに対し一定の信頼を置いている。
何気に「火引さん(ダンの苗字)」とさんづけしてる。まあブランカも「ジミーさん」と地味にさんづけだけど。
「サイキョー流の師弟」とは間違っても言えないが、「ストリートファイターとしての師弟」とは言えなくもない。
後述するストIVシリーズでは公式HPで初心者向けのハウツーページをダンとブランカとトリオで担当していて、すっかり板についてきた。
ブランカとの関係はダンの項目を参照。

『ポケットファイター』のダンENDで仕方なく弟子入りすることになるが、
3日でマスターされた上に「ダサいしかっこ悪いし使えない」という理由で習った技は全て忘却されるという扱いであった。

家庭用ストIVにも参戦。同じく参戦しているダンとの2人の掛け合いも用意されている。
またダンからは「ストリートファイトの先輩」と言う理由だけで昼飯代を集られている事が判明した。ダンよ、なんてクソ兄貴ぶりだ。
家庭用追加要素のアーケードモードアニメーションでもリュウ・ダンとセットで登場すること多し。
更に家庭用先行購入特典のアニメにも登場。殺意に呑み込まれかけたリュウを止めるなど、まるでヒロインのようであった。
時列系の関係や、春麗主人公の実写映画、『ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』と同時上映のショートアニメにおいて、
ケイの進路に関する台詞や、記者の「本当に女子高生なのか」という質問に対してノーコメントと答えるなど、
既に高校を卒業しているような描写があるが、詳細は不明。
ただし、スパIVの設定資料集によれば、
時系列をふまえてスーツ姿のさくらにすればいいかというと、そうではないんですね
プレイヤーが求めるさくらのイメージを尊重しました
プレイヤーの皆さんが見たかったのは、大人になったさくらではなく、セーラー服でストリートファイトする女子高生のさくらだと思うんですよ
とのこと。さすがにさくらの年齢的な設定は、スタッフの間でも、その辺りしっかりと意識されているようだ
ゆえに上記のショートアニメはスタッフなりの「大丈夫、わかってる」的なジョークだったのかもしれない
ちなみに、デザインを担当したイケノ氏は、「あくまで僕の中の設定です」と念を押したかたちで、さくらの設定をコメントしている
高校を在学中、ダンを利用して世界中を飛び回っているうちに、2年ほど留年している……という設定です。
”現役”であることが大事!コスプレイヤーになってしまうじゃないですか!
もっとも……、小野プロデューサーとデザイン担当のイケノ氏は「さくら服どうする?」→「セーラー服だよね!」を5分で即決したらしい

MARVEL VS.シリーズでは「日焼けしたさくら」という隠しキャラクター(マブカプ2では戦闘中に変身)が存在し、
春獄殺阿修羅閃空を使えるようになる。また、波動拳の性能もリュウや豪鬼達寄りのものになる。
……そんな簡単で良いのか、殺意の波動。乱入のイントロでも二人仲良く阿修羅閃空で出てくるし。
日焼けしただけで殺意の波動(?)を使えるあたり、素質はもしかしたら豪鬼よりもはるかに上かもしれない。
『さくらがんばる!』でも殺意の波動に目覚めてしまった際は死合う事を求める手紙*3から渡された事も含めると強ち冗談ではないかもしれない。
その後『ストV』公式サイトの「キャラ図鑑」で日焼けしたさくらの新たな個別プロフィールが公開され、
夏休みの間、リュウと修行したさくら。
様々な技を体得し一瞬で千撃を喰らわせる技ですらマスターしたという。
南国のビーチでの修行ですっかり日焼けしたらしいです。
という、『ポケットファイター』のエンディングを受けた設定であることが判明した。やはりなんかに目覚めたわけでは無かったらしい。

尚、『さくらがんばる!(卒業編)』では、卒業式でのかりんとのバトル(卒業生代表の言葉)中に
ストリートファイトの素晴らしさを皆に伝えるため、体育教師になる事を決心し、その後玉川南高校の体育教師になっている。
CFJでのミッドナイトブリス姿はこれが元ネタ。

「あたし先生になる! あたしのして来たこと、出逢ったヒトたちの素晴らしさ!
それをみんなに伝える先生になろうと思う!」

キャラクター性能

ゲーム中での性能は前述のとおり概ねリュウに準じたものになっているが、
再現度やら自己流のアレンジやらの関係で弱体化していたり逆に強くなっていたりする技もある。
総体的にはダンと異なり充分な飛距離のある飛び道具
中段技ゲージの有無を問わない安定した連続技等々の要素はだいたいの作品で持っており、オーソドックスなあのひとに通ずる部分がある。
ただし必殺技には総じて無敵がなく、この辺はダンと共通しているが、個々の技の気絶値や判定の強さ、連続技面からすれば、
それを補って余りあるだけのプラス面もある。

性能は作品によって異なり、初登場のZERO2シリーズでは中堅とされる。
小足からの連続技が安定して強力であり、使いようによっては上位も食えるとされたが、
上位キャラの一部と相性が悪く、そのことから中堅下位と見なすプレイヤーもいる。

ZERO3では文句なしに強キャラの一人。豊富な対空と「使ってるほうもどっちかわかんない」
とまで言われためくり能力の高さを活かしたループ、判定の強い通常技とそこからの連携が強力で、弱点はオリコンの火力ぐらいか。
ZERO2から性能はそう変更されていないので、ゲームシステムの恩恵を受けたと言えよう。

カプエスでは飛ばさず目の前で破裂させる波動掌、跳び上がらずに相手を浮かす紅桜拳、
追加入力で着地後フィニッシュを決める春風連脚に空中急降下の桜華脚…
KOFの極限流の人たちのごとく突如必殺技が全部リニューアルされた。
ただしEXキャラクターを選択すれば従来通りの技を使える。
そのためか決定的な変化にはならなかったようで、作品が下るたびにこれらの技は少しずつ消えていった。
(カプエス2で紅桜拳、カプジャムで波動掌、桜華脚もストIVで通常技化)
生き残ったのは春風連脚ぐらいか…(ストIVのEX春風脚がそれっぽい。追加入力不要だけど)

カプエス2では鉄板とされるAグルーヴ選択という前提で話を進める。
稼動初期は弱~中堅下位とされていたが、バグである前転キャンセルの発見で春風脚が著しく強化され、
また削りダメージの高いオリコンでKグルーヴに強いこともあり、一気に中堅上位~上位キャラに躍り出ることとなった。
エドモンド本田とともに前転キャンセルで強化されたキャラとして有名。
もっとも前転キャンセルはカプコンの意図したシステムではないので、本来は弱キャラとして作られていたと考えるべきであろう。

CAPCOM FIGHTING JAMでは弱キャラとされる。ヌールイングリッドと並び最弱候補とすら言われたが、研究の余地はあるとの声もあった。
ただし使用人口が少なく、もっと言うならカプジャム人口自体が少なかったため……
使い勝手は劣化カプエスと言ったところ。
通常の火力は低いものの、ゲージ回収率が高いためにじりじりと立ち回る、
あるいは二人目に回し、オリコンで最大七割ダメージを奪う一発キャラ……だったと思われる。
全体的に待ち有利なゲームシステムのため、命綱のオリコンが警戒されるとなかなか当たらない。
当てたところで削りダメージが以前より格段に減少させられたためガードされれば終わってしまう。おまけにそのオリコンが結構難しい。
強みであった通常技の判定も悪くない程度。
判定の強さを求めるなら同じZEROキャラ(ZEROシリーズのキャラは全員判定が強い特性を持っていた)を、
もっと言うならかりんお嬢様を使ったほうが強いのであった。

MARVEL VS.シリーズでは総じて下位である(MARVEL VSストリートファイターの日焼けさくらのみ強キャラ)。
というか、MARVEL VS.シリーズはカプコンキャラは全体的に弱めな傾向がある。
「日焼けしたさくら」は全体的には守りに不備があるものの、その分攻めに関する部分は比較的強いと言えそうである。

『ストリートファイターIV』においてはEX春風脚の最後の一発が打ち上げ式になり
そこからセービングキャンセル抜きでウルコン「春爛漫」に繋げる事が出来るようになった。
ただしこの作品にしてはウルコンに対してかかる補正がかなりきつく、他キャラよりもコンボにUCを組み込める旨味が少ない。
しかし波動拳の発生が今までより遅くなり、これまでのシリーズで脅威であった咲桜拳の削りダメージも低下。
攻めの要であるめくり性能も抑えられてしまったために今までと同じような戦い方は不可能となってしまった。
ただし相手に張り付いて春風ループなどの高火力コンボをかませばある程度強力。
下位には沈んだものの最下層よりはまだ戦える性能ではあった。
『スーパーストリートファイターIV』になるとめくりに関する通常技のダメージが減らされた代わりに
めくり性能が若干強化され、波動拳の発生も早くなり、咲桜拳の削りダメージも増えた。
更に横方向以外にも対空にも撃ち分けが出来るウルコン2「真空波動拳」のお陰で立ち回りも強化された。
そしてリーチで劣るザンギエフ、飛び道具合戦で完全に負けていたサガット等も弱体化されたことと、
無敵対空技をすかす空中春風脚や3F通常技からの暴れなどの事故らせ要素が評価され、
全キャラトップの火力にものを言わせワンチャンスから勝負を決めかねないキャラと化した。


MUGENにおける春日野さくら

アレンジや改変キャラ含め、多数製作されている。
+悪咲3号氏製作のカプエス2仕様
説明不要の大御所。AIも強い為コンスタントに活躍している。
7P~12Pカラーに日焼けモードを搭載。
2011年10月を以て公開終了。

蓬莱氏によるAIパッチが存在したが、公開停止され入手不可。

+PotS氏製作のカプエス+アレンジ仕様
毎度おなじみPotS氏のアレンジキャラ。
技はカプエスをベースにマブカプなどの他作品からも幅広く採用され、ブロッキングエクセルなどシステム類も豊富に揃っている。
ちなみに春獄殺は、千歳ケイが相手を羽交い絞めにした状態でフルボッコにする「私立ジャスティス学園」のツープラトン版を再現したものになっている。
またEXモードとして「日焼けしたさくら」も搭載されている。
例によってデフォルトで優秀なAIが搭載されているほか、
sk氏によるアグレッシブかつ強力なAIが公開されている。
sk氏の独立につき移転先の公開サイトには置いてはいないが、J・J氏のサイトにページは残っているためDL可能である。
同氏作のリュウユリ・サカザキ神月かりんに対して専用イントロがある。
現在は1.0専用となっているが、キャラ紹介ページ上部にwinmugen版が置いてあるのでご安心を。
+ari氏製作の紳士向けパッチ

さらにari氏による「ブルマを脱がせるパッチ」も先日公開された。な、なんだってー!!
キャラ性能は変化しないが、見た目が名前通りに変化する。

+Beximus氏製作のMVC2仕様
元ゲーが元ゲーだけに凄まじい性能を誇り、さらにアバレッタでお馴染みのどっせいうさぎ氏によるAI(現在、サイト削除で入手不可)も入り、もう大変な事になっている。
原作どおり戦闘中にゲージを消費して「日焼けしたさくら」に変身可能である。
ただ、ダメージ時などに通常版と日焼け版のカラーが逆になったりするバグ(mugen上の仕様のため仕方ないのだが)があるようだが、能力に影響はない。
また、Beximus氏キャラの例に漏れず足払い喰らい後の当たり判定がない。
現在は公開停止。

+Kong氏製 ポケットファイター仕様
ポケットファイター仕様。
毎度おなじみKong氏製。やっぱりAIは半端じゃない強さ。Hardモードはもはや氏のお約束。

+あだむすきー氏製 ZERO3仕様
ZERO3仕様。
ほぼ原作通りの再現、裏で日焼けモードも搭載している。
現在は2016年のフリーティケットシアター終了及び、サイト閉鎖により入手不可。
蓬莱氏のAIが再公開されていたが、こちらも現在は入手不可。

+エス氏製 KOF仕様
KOF仕様。
KOF風なドットで作られており、操作系も4ボタンとなっている。
改変自由。2010年10月に公開停止。

+dragoon氏製 さくらDXとダークさくらDX
さくらDXとダークさくらDX。
前者はノーマルベース、後者は日焼けベースとなっている。
両者ともなかなかのAIを搭載している。

+KAZ氏製 マスターさくら
マスターさくら。
"外見"はさくらであって"中身"はさくらじゃないというのがコンセプトであり、ほとんど滅殺おじさんの技が大半を占めている。
同氏のブルーアイズホワイトかりん同様、ハチマキの色とセーラー服、および髪の色と肌の色のパレット全てにおいて色分けレタッチがなされている。
これによってデフォカラーはストIIIリュウに合わせた「髪の色が青がかった黒髪、ハチマキの色が赤色」となっている。
他には一撃必殺技ストIII1st/2ndの演出など定番のアレンジ。
超必殺技を大量に搭載しているが、ゲージが1本しかストックできないので連発はできない。
(タッグ戦で出す場合、前衛にすると後衛も1ゲージでしか戦えなくなるので注意が必要。逆に後衛にした場合はゲージ本数が多くなる)
その反面、どれも火力が高いため当たれば一気に逆転することも少なくはない。
11Pで凶キャラ、12Pで準神キャラとなり即死耐性や攻撃面が狂キャラでは相手にならないくらい高くなるので、大会に出す際は注意。
ここ最近まではフライングに対しては %nF1のカウンター が搭載されており
使用の有無設定が不可能であった(他の製作キャラにも存在する)ため大会に使いづらかったが、
最新更新版では(同氏製作キャラ同様に)使用の有無をレベル制で調整できるようになった。
なお、動画等使用の際には 最新更新版を使用して下さい とのこと。
2016年2月15日、風頭信勝氏によってドラマCD版を演じた女史に変更するボイスパッチが公開された。

+Alchemist氏製 さくらPlus
さくらPlus。
3ゲージ技としてモードチェンジが搭載されており、
チェンジ後は日焼け仕様となる、またこのモードになると暴走状態となる。

+Fido氏製 MX仕様
現在は入手不能。
ブロッキングやジャストディフェンスを搭載。氏のMXシリーズ共通のシステムを持つ。
エフェクトが非常に綺麗。

+黒い鳩氏製 BCさくら
2014年2月26日公開。
あだむすきー氏製を改変して作られたさくら。BCとは「B(ブルマ)C(チラリ)」の略。
その名の通り、もうニュートラルポーズ時点からチラチラ見せまくりである。
しかし、何と言っても圧巻は3ゲージ超必「乱れ桜・櫻花」だろう。
締めのハイキックを決める際に、絵師ロキ之助氏による描き下ろしのドUP開脚カットインがこれでもかと挿入され、
若干はみ出してるようにも見えるため、見る者を一点に釘付けすること請け合い。
阿修羅閃空での移動をデフォルト設定にしており、非常に捕まえづらい(オフにもできる)。
11段階にレベル設定の可能なAIも搭載されており、並~狂の幅広いランク間で戦える。

+斑鳩氏製 KOF'98仕様
2014年3月4日公開。
defファイルにはMUGEN1.0用とあるが、winmugenでも使用可能。
語るスレで公開されたKOF風スプライトで製作されており、技エフェクトもKOFから流用。
いつも通りAIレベルを8段階に、反応速度を10段階に調節可能。
プレイヤー操作時には「アドヴァンストモード」と「エキストラモード」の選択ができる。
違いはMAX超必の発動条件。但しAI戦では自動的に「エキストラモード」一択となる。

+darkgirl氏製 KOFXI仕様
2016年3月5日公開。
defファイルにはMUGEN1.0用とあるが、winmugenでも使用可能。
上記の語るスレ公開のものとは異なり、darkgairl氏が新たに描き起こしたKOF風スプライトで製作されたさくら。
こちらもクオリティが高く、本家に紛れ込んでいても遜色ない出来栄えである。
カラーパレットも豊富で、ライバルのお嬢様をはじめ、CFJやCVSで共演した人達や、
名前繋がりでこの人、そして何故かこんな人(セーラー服繋がりだろうか?)のカラーまで存在。
しかも服のカラー変更に留まらず、髪の色やスカートの中身まで変化する気合の入りよう。
無論、スパッツにタイツ、ニーソックスも完備。中にはスパッツの上からブルマを穿いているかのようなマニアックなカラーも…実に素晴らしいけしからん。
システムはKOFXI仕様で、スーパーキャンセルやドリームキャンセルが可能。
技構成はZEROシリーズ準拠ながら、CFJやMVSなどの技も取り入れている模様。「春獄殺」や「春爛漫(ストIV仕様)」も実装されている。
この他にブリス技への対応や、リュウダンアテナユリとの特殊イントロも搭載。
AIもデフォルトで入っており、「桜華脚」や「春風脚」でアグレッシブに攻め込んでくる。
だが、ガードが緩めでコンボの繋げ方も甘く、〆の超必殺技を盛大にスカってしまう切ないケースが多発するため、あまり強くはない。
なお、スプライト以外の改変は自由とのこと。


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
非表示
日焼けしたさくら
ポケットさくら
マスターさくら

出演ストーリー

+ 

*1
AKIMAN氏によるデザイン。当初は社内でも反発されていて、ブルマをスパッツに変更する事を検討されていたが、強引に通したとの事。

スパIVの設定資料では、髪型にまで細部に及ぶ膨大なデザインの書き込みがみられ、スタッフが慎重に議論した名残が見える。
意志がはっきりしていて、まっすぐなんです すぐ顔に出る単純なところもあるので表情は無表情な感じはなく はっきりさせてください
ただしリュウの前では緊張でオドオドなるかもしれません 明朗快活!
視界をさえぎるような前髪はバッサリいってます(中略)ただのかわいいだけの女子高生ファイターにはしないでください
けっこう強い毛なのでハチマキでおさえられ、また開放されてるかんじです……
などなど、イメージイラストや設定画もかなり多数あるので、興味のあるかたはいかがだろうか。

なおストZERO3やカプエス2ではデフォルトカラーの中に、ブルマのカラーリングが白になるというのもある。どう見ても面積の広いぱんt(ry…ゲフンゲフン。

*2
神月家の調査によれば、さくらは彼女のようなロングヘアに憧れているようだが
その割りには髪を伸ばそうとしない。ストリートファイトにおいて邪魔になるのだろうか?
また、『さくらがんばる!』の特別編ではケイがに一目惚れし、
京に彼女がいると聞かされたら奪い取る覚悟も見せていた。
『ジャスティス学園』のドラマCDでは男の子の顔を覚える事に関して驚異的能力を持つと言われ、
一度出会ったイケメンな男の子の顔と名前は絶対に忘れないらしい。

*3
中国語で書かれていたためさくらは読めず、代読したダンが不安を煽るだけと判断して『ロリコンじじいのラブレター』と誤魔化し破り捨てている。
それに先立って、元はさくらに宿る『光』(天性の明るさ、強さに対するまっすぐな姿勢等?)を惜しんでおり、
万一殺意の波動に目覚めてしまった場合には、修羅道に堕ちた先達として何らかの指導を与えたかったのかも知れない。