セフィロス


「オレは選ばれし者。この星の支配者として選ばれし存在だ」

概要

旧スクウェアのRPG『FINAL FANTASY VII』に登場するラスボスかつ主人公の宿敵。
その存在感とカリスマ性でプレイヤーに強く印象を残したと言われている人物。
声は格闘ゲーム『エアガイツ』のPS版では三木眞一郎氏、それ以降の作品ではリュウキョウスケ・ナンブでお馴染みの森川智之氏が担当。

『FFVII』の世界を牛耳る超巨大企業『神羅カンパニー』の擁する私兵組織が誇るエリート部隊「ソルジャー」の一員。
ソルジャーは更に3段階のクラスへ分けられており、セフィロスは最上級の「クラス1st」に属する。
その中でも彼は最強の者と謳われ、多くの伝説的な武勲を上げた事から「英雄」と讃えられている。
このようなヒロイックな経歴が人心を惹きつける大きな要素となり、彼は人々からの大変な人気を得るに至った。
彼に憧憬の念を抱く少年も現れるようになり、幼少期のクラウドやザックスは実際に彼に憧れてソルジャーを目指すため、
神羅カンパニーに入社している。

冷静な性格で普段は他人に心を開く事はない。本心を表に出す事はあまりないが、根は優しかったようだ。

+詳細な設定および本編のネタバレ

セフィロスは一般的なソルジャーとは身体の質から根本的に異なった存在だった。
彼は特殊な力を持ちながら絶滅したとされる人類、セトラ(古代種)の復活を目的とした「ジェノバ・プロジェクト」の一環として、
2000年前の地層から仮死状態で発見された女性型の生命体を「古代種」であるとし、
「ジェノバ」と名づけられたその古代種の細胞(ジェノバ細胞という)を胎児であった頃に組み込むことで
「人工的に古代種の能力を持った人間を造る」という説を唱えた神羅の科学者ガスト博士とその研究班の人間に創り出された。

しかし、この実験は肝心の「ジェノバ=古代種」という認識が誤りであり、実際にはセフィロスは古代種ではない。
ただしジェノバも嘗て古代種を追い詰めた宇宙生物で、古代種とは別の特殊な超能力を持っており、その細胞を持っているセフィロスは、
ジェノバの超能力を使いこなすことができる。また、黒マテリアを手にしたクラウドを、ジェノバ細胞を介して操作したことから、
セフィロスはジェノバと意思の疎通もしくは支配が可能であったということが窺える。

父親はガスト博士のジェノバ・プロジェクトの研究員の一人であった科学者の宝条、
母親はガスト博士の助手であったルクレツィア・クレシェントである。
2人の間の恋愛感情についての設定は、作品によって異なり、『FFVII』では「天才」ガスト博士と比して科学的センスの無い宝条を、
ルクレツィアが支えようとして生まれたのがセフィロスであるとされているのに対して、
続編の『DC FFVII』では、2人の間に恋愛感情は無く、あくまで実験の為に子供を儲けた事になっている。
ルクレツィアはその後、ジェノバ細胞の影響による身体的変化に耐えきれず失踪、宝条は自身が父である事を明かさず、
セフィロスは母親の名がジェノバであるとしか知らされていない。

『FFVII』ではソルジャー時代の心優しいセフィロスと、人類に憎悪を抱き星を滅ぼそうとするセフィロスという、
二極のイメージが描写されている。この正反対に見えるセフィロスのイメージが存在する理由は、
親が死んでしまったと聞かされていた幼少時のセフィロスに対して、後にエアリスの父親となるガスト博士が、
親代わりの愛情を注いでいたと推測される台詞をセフィロスが口にする(父親がガストと語る場面もある)からである。
ただし、ガスト博士は実験後のルクレツィアの変貌でジェノバが古代種でないと知った後は幼いセフィロスに
何も告げず自ら神羅を離れてしまい、その後は自身の研究欲からか本当の古代種であるイファルナを探し当てて研究を続け、
その内イファルナに愛情を抱き妻とするものの、最終的に神羅から妻子を逃がそうと抵抗した結果死んでしまった。
その為に、豹変する前のセフィロスには、優しさと共に一種の孤独感が混在している。
完全にガストが全ての元凶です、本当に(ry

セフィロスが豹変したのは、同じソルジャーのザックス、神羅兵のクラウドや他の神羅兵1名と共に、
ニブルヘイムの村へ老朽化した魔晄炉(ニブル魔晄炉)の調査に訪れた時の事である。
セフィロスは魔晄炉で人間を素材とした「モンスター」の製造実験が行われている事を知り、
自身もこのモンスターと同じく「造られた存在」ではないかと疑問を抱く。セフィロスはこの実験を主導する宝条博士の研究施設、
通称「神羅屋敷」の地下研究所でジェノバ・プロジェクトの資料を読み漁った結果、自身が古代種であると誤解する。
そして過去に繁栄を失った古代種と比較し、現代に広く分布している現生人類に対し強い憎悪を抱く。

「オレはこの星を愚かなおまえたちからセトラの手にとりもどすため生をうけた」

その後、人類の破滅を狙い、まずニブルヘイムを焼き払い、魔晄炉に安置されていた「」、ジェノバとともに
「約束の地」へ向かおうとする。約束の地とは古代種の伝承にある「楽園」であり、セフィロスはこれを信じていた。
しかし、ザックスとクラウドに阻まれ、ジェノバの首とともに星のエネルギーである「ライフストリーム」に落下する。

ニブルヘイム事件において、セフィロスは故郷の不在や両親の喪失を口にし、自身の出生についての誤解によって
狂気に駆られることになるが、その出身地については、ヴィンセントの回想によってジェノバプロジェクトが行われた
ニブルヘイムの村である事がわかる。

ライフストリームに落ちたセフィロスはその強靭な意思から魔晄中毒になる事無く逆に膨大な知識を吸収し、
自分自身や古代種、ジェノバについての真実、そしてメテオの存在を知り、自身を古代種以上の存在として位置づける。
彼の意志はライフストリームに溶けて新たな命や自然の源になる事を拒み、かつてジェノバが降ってきたクレーターである
「北の大空洞」で、そこに集まるライフストリームを利用して新たな肉体を再構築し始める。

星は傷つくと、その傷を修復する為に、星のエネルギー(ライフストリーム)を集める。セフィロスはこれを利用して、
究極の破壊魔法「メテオ」で星に落下させ、それによって傷ついた箇所に星の全エネルギーを集約させ、
それを自身のものにしようと計画する。

「私は星とひとつになり新たなる生命、新たなる存在となる」

これに対して古代種の末裔であるエアリス・ゲインズブールが「忘らるる都」で、
「メテオ」を抑え込める究極魔法「ホーリー」を「白マテリア」を使って発動しようとした為、
セフィロスは計画の邪魔になるエアリスを殺害した。

「クックック…悲しむふりはやめろ、怒りにふるえる演技も必要ない」
「なぜなら、クラウド。おまえは……『人形』だ」

だが既に「白マテリア」は、エアリスが命を賭しながらも発動させていたが、「ホーリー」の発動を押さえ込む事に成功している。
その後ジェノバ細胞を埋め込まれたクラウドを操り精神を崩壊させ「黒マテリア」を奪取、「メテオ」を発動した
そして「メテオ」の落下を待つのみとなったセフィロスと「ホーリー」をとき放たんとするクラウド達との、
最後の戦いが「北の大空洞」の奥深くで行われることになる。

なお、本編に登場する彼は回想シーンを除けば殆どが「セフィロスに擬態したジェノバ」であり、
セフィロス本人は最終決戦以外ほぼ登場しない。

(以上、セフィロス - Wikipediaより。一部加筆、改訂)

余談であるが、彼の必殺技「スーパーノヴァ」は通常版と、後から発売されたインターナショナル版で大きく演出が異なる。
通常版ではそれほどでもなかった演出がインター版ではヤケクソに長くなっている。なんと1分半近く。
その為、「トイレタイム」だの「カップ麺作れる」だのと言った具合である。
ちなみに天文現象としては、メテオ:隕石は直撃した惑星一個にクレーターが出来る(+大型のものならば環境に打撃)程度だが、
スーパーノヴァ:超新星は、余波だけで星系に所属する全惑星が蒸発する規模。
桁違いどころか、全く比較対象になり得ないほどこっちの方がヤバイ。
「わざわざメテオ使わなくてもそれ使えばいいだろ…」という声も。
なお、この技、割合ダメージのためこの技でクラウドたちが倒れることは絶対にない。
その為、見掛け倒しとの声も……(現HPの15/16のダメージを食らうため恐ろしいことには変わりないのだが)
最初と最後をちょっとだけ削ってある為、実際にはもう少し長い。
ちなみにオリジナル版は名前通り超新星爆発で太陽系が消し飛ぶというコレはコレで相当ヤバい演出で、
インター版と異なり全体に約2400ダメージを与える技になっている。普通にインター版より強い。
……むしろインター版はシリーズ最弱クラスのラスボスとして有名だったり。

なお、『FINAL FANTASY TACTICS』にはメスドラーマ・エルムドアというセフィロスのそっくりさんが登場する。
セフィロスを意識しているらしく、正宗を持っていたりするが、
その正宗と源氏装備が盗めない仕様なのに、盗めると断言してしまった攻略本のせいで有名。 大丈夫?ファミ痛の攻略本だよ?
(しかもよりによって、海外版では本当に盗めるようになったものだから笑うに笑えない……)
PSP版ではクラウドも彼と対峙出来るのだが、特にイベントはなかった。

+派生作品でのセフィロス(ネタバレ注意)
+ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン
  • ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン
FF7本編の後、紆余曲折を経て再び復活を果たす。
「母であるジェノバがそうしたように、自らもこの星を宇宙船として、新しい星に行く」という星を掌握後の意志を語っている。

「この星を船とし宇宙の闇を旅する、かつて『母』がそうしたように」

最期の台詞は「私は思い出にはならないさ」……メタ的に考えるとまた復活する気満々である。
ある意味スクエニの自虐ネタなのかもしれない。
尤も、真面目に考えれば「思い出にならない」=「思い出にしてくれるほど親しい人達はもう居ない」という意味にも取れるので、
複雑な出生により人生を狂わされた彼の悲哀を感じられる台詞でもある。

+クライシスコア ファイナルファンタジーVII
  • クライシスコア ファイナルファンタジーVII
FF7本編の前にあたる話で、主人公はザックス(開始時ソルジャー2nd)でありセフィロスはその先輩として登場する。
かなりまともな友人思いのいい人。というか先輩ソルジャー1st三人の中では一番まともかもしれない。
こっそりトレーニングルームに忍び込んで同僚と遊んでる様子を話してくれたりと、好感の持てる様子を見せてくれる。
……まあそのふざけ方が頭の上にリンゴを乗せそれに剣を投げて当てるという斜め上なものだったが。
ちなみにこれ、同僚にとっては真面目なトレーニングだったりする。ふざけるにせよ鍛えるにせよ違う手段を選べと言わざるを得ない。
神羅への忠誠心はこの頃にはもう無くなっていて、命令拒否したり任務を故意に失敗しようとしたりとしていた。
最終的には本編の流れに沿い、自分の出生を知って豹変する。

+エアガイツ
  • エアガイツ
PS版でゲスト参戦。特にストーリーはない。
「素手」「居合」「抜刀」の3つのモードを使い分けて戦う非常に癖の強いキャラになっている。
ゲスト勢の中では唯一エンディングムービーが存在する。

+ドラゴンクエスト&ファイナルファンジー in いただきストリート Special
  • ドラゴンクエスト&ファイナルファンジー in いただきストリート Special
Sランクの登場キャラクター。性格は豹変した後である。
一見こういったお遊びに興味はなさそうだし、実際最初はクールなのだが、ゲームが加熱すると……

「母さん……もうすぐだよ。もうすぐエリアを独占できる」
「この株を生かし私の店に大きなエネルギーを与えたいものだ」
「私は選ばれし者!このマップの支配者として選ばれし存在だ!!」
「そのスフィアを使ってみろ。死ぬことになる」
「ハハハハハハ!おもしろい!おもしろいぞ!」

……どうしてこうなった?
一応すべてFF7本編のセリフがベースになっているとはいえこれはひどい。

+ディシディアファイナルファンタジー
  • ディシディアファイナルファンタジー
神々の戦いの駒という重大な役目を負って召喚されたにも関わらず始終割とどうでも良さげ。
かと言って何もしないわけではなく、召喚されてやって来た自分たちの存在についてや元の世界の知り合いには興味を示す。
そのため、行動としては基本的に本筋に絡まず、クラウドにちょっかいを出すのみ。
他に気になった奴が出てくるとそっちにも手を出す。お前は他人にいたずらしてみる小学生か。
さらに「この世界で死んだらどうなるんだろう」という軽いノリで本編前に 試しに自殺 してみたりと、かなりの奔放ぶり。
一貫性の無い行動故か、ケフカからは「…で、結局何がしたい?」とツッこまれる始末。
お祭り作品であるが故に外部出演がもっとも多い7が割を食うのは致し方ない事だが、それにしてもクラウド共々蚊帳の外っぷりが酷い扱いであった。

最後に敗れて消える時でもやっぱりクラウドの前にまた現れる旨の発言をし消える。
思い出の中でじっとしている気は当分なさそうだ。

しかし、まさかの『エアガイツ』出典の技(正確には本編でエアリスを殺した突き)がある辺り、
参戦させるにあたってのスタッフの調査には頭が下がる。

性能面では、長いリーチと、連続で敵を追尾しながら斬りつける八刀一閃で相手を圧倒していくキャラ。
近接技が壁を貫通するほど間合いが広い。
適切な間合いを取りつつ相手の技の出始めを潰す様に技を繰り出していく。
また、平面には広い攻撃範囲を持つが上下への使いやすい攻撃が無い。
総評として、地表と低空までの平面戦では性能を発揮できるが、上下に幅のある戦い方は滅法苦手とする。
空中戦主体のディシディアでは残念ながら弱キャラ扱いされている。
まあVIIのラスボス時も能力的には大した強さではなかったが。

+そんなセフィロスだが…?
2009年に発売されたディシディアの調整・改良版である『ディシディア ユニバーサルチューニング』では
12ものアビリティの調整・追加がされ、他キャラに対して有利な性能になってしまった。
特に、相手の高さに合わせてから光速ですり抜けるブレイブ攻撃「虚空」と、
本編でエアリスを突き刺したHP攻撃「獄門」はスカしてもキャンセルできる様になり、
ガードポイント付きのHP攻撃「閃光」は空中でも出せるようになったため読み合いの択も増え、
上へ切り上げるHP攻撃「天照」が追加された事で、縦にも横にも強いキャラになってしまった。

調整・改良の意義は一体何処へ…?
+さらには…
続編(と言うか完全版)である『デュオデシム』では
鬱陶しくまとわり付く飛び道具である「シャドウフレア」が超強化され、
技の硬直を回避キャンセルする事で大幅に減らせるようになり、連発も可能という壊れ技に変化。
これにより遠距離では「シャドウフレア」で相手の行動を制限しつつリスクの少ない立ち回りを行い、
迂闊に近づいて来ようものなら元々使い勝手が良くUTで上方修正された近距離ブレイブ攻撃や
HP攻撃で迎撃…と、磐石な要塞キャラに。お前はどこのガイルだ。
さらには今作で追加されたアシスト要員としても使い勝手が良いため、
現在では最強ランクキャラの一角として認識されている。
「八刀一閃頑張ってください(笑)」と言われていた頃が懐かしいほどの変貌である。

ちなみにクラウドさんはエンカウントボイスによると「 もう、いいだろう… 」といい加減あきれ果てたご様子。
FF7本編発売から実に14年、派生作品やゲスト出演のたびにちょっかい出されているんだから仕方ない。

その他、『KINGDOM HEARTS』シリーズにおいても本編とはパラレル設定で登場。
こちらでも登場するたびにクラウドにちょっかいをかけている。


MUGENにおけるセフィロス

+gulthor氏製
ナイトメアブロリーの製作者でおなじみのgulthor氏制作。
立ち絵などは刹那をベースとしている。
どの技も発生が早い上に広いリーチと隙が無く、更に防御力が220&体力2000とかなり硬い。
魔法などの高火力な攻撃を兼ね備えており、回復や即死技も持っているので
当時の狂下位か中位並みの強さとなっている。
実はナイトメアブロリーと同じくコマンドの設定が特殊なのでAIの強さはそれほどでもない。
本格的なAIが製作されたらもっと活躍できるだろう。

+製作者不明 ネオセフィロス
恐らくロックマンゼロのドット改変と思われるため、かなり小さい。

性能は神キャラ(神キャラの中では下位だが)に分類される強さであり、
当たり判定が無いという特殊な仕様のため、当て身技でのカウンター以外攻撃を受け付けない。
そしてこのセフィロスは、試合開始と共に体力が減少していき(イントロの時点で減少していくため、正確には試合開始時点ではないが)、
体力が残り1あたりになった瞬間、全画面判定の即死攻撃を繰り出すこれは原作の死の宣告を再現している。
(MUGENでの死の宣告は再現していないので注意)

+凶悪キャラグランプリネタバレ

一回戦ではナイトメアブロリーと対戦……だが、ブロリー特有のやたら長いイントロのせいで
試合開始と同時に死の宣告が発動、勝利という、ネオセフィロスの性能を知らない人には何がどうなったのか
全く理解できない驚愕の勝利から始まった。

その後も特性通りの強さを発揮し、ゴールデンカラーのレオパルドンを下すなど順当に勝利を続けたが、
即死耐性に加えて当て身技(ついでにネオセフィロスのような特殊条件のいらない即死攻撃)も供えた
神オロチには当然のごとく敗れた。
狂キャラクラスに通じる攻撃が死の宣告しか無く、高性能な当て身技があればライフ自動減少も致命的になるなど、
特性が通じる相手には一方的、通じなければ全くなす術が無かったり千日手になるという性能は、
性能の相性差だけで勝敗が決まる狂キャラたちの一典型ということが良く分かる試合結果であった。
+アキラ氏製
2013年8月30日公開。
完全オリジナル手描きドットのセフィロス。
なかなか強いAIをデフォで搭載している。性能はかなり細かく設定が可能。
2014年2月4日の本体更新により、凶クラスモードが追加されたほかジャストガードが導入されている。
またブリス謎ジャムにも対応する。
外部AIの製作も性能をいじらない条件でOKとなった。
『キングダムハーツ』の英語ボイスに差し替えるボイスパッチも公開されている。
以下の動画にDL先が記載されている。

他にもgulthor氏製の物を改変したと思われる「セーファセフィロス」や、
AKIMICHI氏により製作された『キングダムハーツ』の3Dモデルを使ったセフィロスなどが存在する。

出場大会

削除済み

出演ストーリーる