ジャガーノート



"I'm Unstoppable!!"
    (俺は制止不能だ!!)


公式プロフィール
本名:ケイン・マルコ
職業: プロの犯罪者
出身地:カリフォルニア州、バークレー
親類:カート・マルコ、マージョリー・マルコ、シャロン・エグゼビア、チャールズ・エグゼビア
初登場:X-MEN #12
出演作品:X-MENを初めとして多数。
身長:6 ft. 10 in (208cm)
体重:900 lbs. (409kg)

マーブルコミック『X-MEN』シリーズに登場するキャラクター。英語表記は”Juggernaut”.
X-MENの創設者チャールズ・エグゼビア (プロフェッサーX)の義兄。
ジャガーノートとは「止めることの出来ない巨大な力」を意味し、古代インドの破壊神ジャガンナートに由来する。
ジャガー」「ノート」で区切れるわけじゃないので注意だ。

+ 設定

勘違いされがちだが、彼の力はあくまで邪神サイトラックに由来するものであるため、ミュータントではない。


ハルクソー等に匹敵する超怪力に加え、強力なフォースフィールドで身を覆い、「絶対に傷つかない」不死身の肉体を持つ。
オンスロートギャラクタスなど、一部の規格外な連中を除けば攻守共にマーヴル最強級である。
テレパスなど精神攻撃の影響は受けてしまうため、唯一の弱点といえる(弟への憎しみから力を得たのに、その弱点が弟の能力というのは皮肉である)。
だが、あの特徴的なヘルメットによりそれすら無効にすることが可能。
因みにオンスロートに敗れたのはヘルメットを脱いでいたためであり、純粋な力勝負なら対抗できたかもしれない。
実際どれくらいの怪力かと言うと、明確な資料は無いがスパイダーマンの10倍の力を持ち、
100tの物体を持ち上げるというコロッサスが彼やハルクに数段劣るらしいので相当なものだろう。
さらに、魔石と完全に適合すると10倍に巨大化し、パワーが1000倍になる(この状態をトリオン・ジャガーノートという)。
この時は次元の壁を殴ってぶち破るなど、さらに荒唐無稽な強さを見せた。

パワーにばかり目が行きがちだが、彼の恐ろしい点はむしろ桁違いの防御力にある。
ソー、怒り狂ったハルク、はてはコズミックビーイングクラスと評されるオンスロートですら傷一つ付けることができず、
最終的には宇宙へ追放したり魔石に封じるなどするしかなかったというチート振りである。

『スパイダーマン』の「Nothing can stop the Juggernaut」というエピソードではX-MENとの戦いに備え、
予知能力を持つというマダム・ウェブを誘拐しようとしていた。
45口径の銃弾を浴びたり3tの鉄球を受け止めたり、数百tのビルの下敷きになっても無傷で、
空気も食糧も必要としないうえ、海底を歩いて移動するという化け物っぷり。
スパイダーマンはこの怪物に対し、深さ40フィート(12m)のコンクリートに沈めることで撃退した(でも死んでない)。
因みにサブタイトルの和訳は「勝率0%の死闘」

X-MENの中でも比較的強いガンビットビショップを指2本でKOしたり、
オンスロートにカナダからニュージャージーまで殴り飛ばされても余裕で生きていたり。ありえん。
オンスロート自身も「ジャガーノートを殺すことは出来ない」と言っていた。

だが、先述したように正義のために戦っていた時はサイトラックを裏切っていたためその怪力は大きく衰え、
攻撃されればダメージは受けるし食事や酸素も必要になってしまっていた。

性格は見た目の通り超脳筋。だが、ハルクなど外見に反してのインテリが多いマーベルキャラでは逆に珍しいかもしれない。
かなりの悪人であるが、卑怯なことをせず真正面から叩き潰すことを好む。
自己顕示欲が強く、自分の力を見せ付けるためには、策など必要ないということだろうか。
あるいは単純に策を練る頭がないだけなのかもしれない(こちらの可能性のほうが非常に高い)。

また、本名で呼ばれる事をかなり嫌うため、ブラックトムが彼をケインと呼んだ際に「俺はケイン・マルコじゃねえ。ジャガーノートだ。」と答えている。
因みに「ジャギー」なんて呼ばれ方もしてたりする。人気は中々高い様で、クオリティの高いフィギュアなどもいくつか作られている。

また、奇病に冒されたブラック・トム・キャシディを救うため治療法を探し回ったり、
プロフェッサーX死後のパラレルワールド、AOA(エイジ・オブ・アポカリプス)では弟の死を惜しみ、
聖地へ移住する人々を運ぶ非暴力主義の僧になっているなど意外な一面も見せていたりする。
プロフェッサーXを「自慢の弟」だったと発言もしている。父であるカートさえしっかりしていれば……と思わずにはいられない場面である。

映画版でも3作目に登場しているが、ただのチンピラ犯罪者な上にミュータントになってしまっていた。
一応作中では相当強い方のウルヴァリンを圧倒し、走るだけで兵士を十数人吹っ飛ばし装甲車を踏み潰し壁をぶち抜く圧倒的なパワーを見せていたが、
普通の警察に捕まってるところをマグニートーに救出されるなどかなりヘタレくさい。マグニートーにも 「名前負けのようだが」 と皮肉を言われていた。
そのためミュータント能力を無効化する能力を持つ少年の近くで壁に全力で体当たりしてしまい、あっさり昏倒して出番を終えて映画版被害者の一人となってしまった。

因みにマーヴルコミックやアニメのジャガーノートは、ゲーム版ほどデカくもゴツくもなかった(身長だけならコロッサス等より小さい)。
カプコンのイラストレーターが何度もリテイクをくらい、なかばやけくそであのとんでもない体格を提出したところ、一発OKをもらったという。
そのインパクトはすさまじく、アメリカにも逆輸入され、コミック版でもゲーム版並のごんぶとジャガーノートが出現するようになっていった。
ちなみに、兜を脱ぐと意外と美形だったりする。
+ これが俺の本体のハンサム顔だ!

+ 近況

格闘ゲームにおけるジャガーノート

スーパーアーマー持ちの代表的なキャラの一人。
初代『X-MEN』では、後の作品でいうハイパーアーマーに近い性能で、投げ系や当身系以外はほとんどのけぞらないという強力な防御力を持っていた。
超必殺技(ハイパーX、インフィニティスペシャル、ハイパーコンボ)は全作通してジャガーノートヘッドクラッシュのみ。
発生が早く、リーチのクソ長い小パンチからキャンセルでつながり、ダメージもでかい。
マーヴルスーパーヒーローズにおいては、ヒット後にもう1セット入ることから「往復ヘッドクラッシュ」と呼ばれた。
X-MEN vs~』より暗転中に高速連打しないと8ヒットしないようになった。
受付時間が短いこともあり8ヒット出すのは困難。
マヴカプ2では サイトラックバグ と呼ばれるものが存在する。
これは、サイトラックパワーアップという一発だけ打撃の威力を1.5倍にするという特殊技があるのだが、
発動し点滅してる間に交代すると 永久にパワーアップが持続する というものである。
ちなみに初代『X-MEN』ではXパワーであり、一定時間持続するという技であった。
ただでさえ攻撃力の高いジャガーノート。その威力は尋常でなく、防御力が高いキャラでもヘッドクラッシュを絡めた簡単なコンボで 体力が8割ほど消し飛ぶ
初代『X-MEN』ではCPU専用キャラで中ボスの位置づけで登場するが、家庭用版では対戦モード時のみ使用可能となっている。
なお同作のラスボスであるマグニートーは家庭用版でも使えない。
また初代『X-MEN』のみ存在した特殊技で、彼を使用した時のみステージ内に鉄柱が設置され、
コマンド入力により引き抜いて武器として使用が可能となりこうなると威力・リーチとも強くなり手に負えなくなる。

後、余談として彼の勝利台詞が希にネタにもなったりすることがある。
台詞の一つに"I'm Juggernaut!"と言うものがあるのだが、
よくよく考えれば直訳で「私はジャガーノートです!」と今更な自己紹介ということで、「いやもう解ってるからw」とか「丁寧な自己紹介」と言われてたりする。
しかし前述の通りジャガーノートとは「圧倒的、絶対的な力」といった意味なので、
件の台詞は 「俺の力は絶対だ!」 「誰にも俺を止めることは出来ん!」 と言いたいわけでもあるのだ。
まあそもそも欧米人は日本人に比べて個人を重視する文化というのもあるので、このぐらいの自己主張は割と普通…なのかも。
ちなみにこの台詞の「Juggernaut!」の部分、必殺技「ジャガーノートパンチ」の台詞から切り取っただけである。
そのため後半部分だけ妙に早口。

MUGENにおけるジャガーノート

+ Splode氏製
+ Kong氏製
+ kamekaze氏製
+ うんこマン氏製
+ グラテン厨氏製
+ 名無しのぽろろ氏製・ジャガーノートEX
+ Acey氏製・Colossonaut

+ 大会ネタバレ


「道を開けな!ジャガーノート様のお通りだぜ!!」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
非表示

出演ストーリー