アンパンマン

「元気百倍、アンパンマン!」


ご存知、頭があんぱんで出来た「 勇気だけが友達 」の皆のヒーロー。
おなかを空かせた人には頭のあんぱんをちぎって食べさせ、ばいきんまんなどの悪い奴は必殺のアンパンチでぶっ飛ばす。
因みに、「 頭を食べさせるという行為がグロテスク 」「 アンパン?何それ日本の食べ物?
等という理由で、アメリカなどではアニメ放映されていないらしい。
あるバラエティ番組の日本の色々なテレビ番組を翻訳なしで外国人に見せるとどれが一番好評か実験する企画では本作が一番ウケがよかった。
そこで実際にあんぱんを食べてもらったところ、パンはおいしいと言われたが、 餡が不評であった
まあ韓国など一部では放映されているが。
登場初期の過去には日本でも保護者などを中心に「グロテスク」、「残酷」等と罵られていた時期もあったが、
(実際冒頭の絵本での彼は八頭身に近い姿だった。流石に↓までではないが)
メイン読者層の幼児などのフィルターのかかっていない目による圧倒的な支持を背景に、現在では広く「愛と勇気の物語」として認識されている。
ネット上でも老若男女、ネタ、マジを問わず、かなりの人気度を誇る。
また、某サイトではアンパンマンの パチモノ オマージュキャラまでが作られているまでも。 氏ねよおめーら

勇気があって優しく、困った人(?)は見過ごせない典型的なヒーロー像。
マントで空を飛び、怪力を持つなど「アンパンを分け与える」以外は大体スーパーマンのオマージュである。
弱点は、顔が欠けたり汚されたりすると全く力が発揮できないこと。ページ冒頭の絵本では頭を全て人にあげた後自力で飛んで帰って来てるけど。
そのため、ピンチのときにはジャムおじさんたちに「新しい顔」を貰い、そのパワーで敵をやっつけるのが一種の様式美と化している。
また、顔は無事でもマントが破れると空を飛べなくなってしまう。

作者のやなせたかし氏は 「本当の正義はカッコいいものではなく、そのために自分が必ず深く傷つくもの」 という考えをもっているそうで、
アンパンマンはまさしくその考えを体現したヒーローと言えるだろう。
また 一般的なヒーローは戦う事が出来ても飢えを癒す事が出来ない。お腹をすかせている者に対して何も出来ない。
だから強くて、飢えを癒すヒーローを作りたかった」 とも答えている。
たとえ顔を分けることで自分が不利になることになっても決して弱いものを見捨てない、勝てないとわかっていても恐れずに何度でも立ち向かっていくその姿はまさに正義の味方である。
自ら飢えの苦しみを味わってきたやなせ氏の確固たる思いが詰まっている、それがアンパンマンである。
因みに劇場版だと敵に石化されてしまい顔が身体から離れないという物理的な問題で新しい顔と交換できなかった事もあったりする。
また劇場版「勇気の花がひらくとき」では「勇気の花」という花のエキスを混ぜないと「元気三倍(ポーズもヘニョっとしており声もくさくなっている)」しか出なくなり立ち向かう勇気を失ってしまう、
そのため何時もの「助けて、アンパンマン!」と言う言葉に答える事すらできなくなっていた。
この時はばいきんまんに「こいつを助けたかったらその炎の中に入れ」と事実上「自害しろ」といわれた際に、人質を助けるために炎の中に入る普段の彼とはまた違った勇気を見せている。
余談だがこの映画のテーマソング「勇気の花がひらくとき」は映画の展開ともあわせて非常に評価が高い。

他にも、パンのかわりに飴を使ったら「元気10倍」、餡が切れた時にクリームで代用したら「元気70倍」など、
アンパンの代用品で戦うことがたびたびあるが、やはりアンパンでないと本調子が出ないようだ。
+ アンパンマンのバリエーション

なお、OPテーマで上記の「愛と勇気だけが友達」と歌われているのは有名でよくネタにされるフレーズであるが、実際にはなかなかに考えさせられるフレーズである。
なぜならアンパンマンは正義の味方であり、あの世界の人達皆が平等に大好きなのである。そう、あのバイキンマンでさえその対象に入っているのだ。
逆に言えば皆を平等に愛している故、友達や恋人など、特定の誰かに対する特別な想いとは最もかけ離れた存在であるとも言える。
女心がわからないために相手を傷つけてしまったこともあった。ようするに朴念仁
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10957454
悪く言えば誰にも心を開かない、開けない存在だと言える、
「正義の味方はちょっぴり孤独ですね」とは作者の談。まさに文字通り「愛と勇気だけ」が友達のようだ。
また、TVサイズで流れているのは2番だが、1番の歌詞はやたら熱く、かつ考えさせる内容となっているので、聞いた事がない方も
是非一度聞いてみる事を勧める。
やなせ氏のノートに書かれている修正前の歌詞は現在以上に悲壮なものになっている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1034903
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5750474
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8184981

+ また、この歌を逆再生すると・・・


+ アンパンマンとの関係


なおアニメアンパンマンは単独のアニメーションシリーズでのキャラクター数でギネス世界記録認定を受けたすごいアニメである。
1988年10月3日の放送開始から今年3月27日までに1768のキャラクターが登場している。(劇場版キャラ含む)
中にはやなせたかし氏自身をモチーフにしたキャラも。

・・・・すごいアニメだ。


驚嘆すべき肩力とコントロールである
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7109740

なおアンパンマンの世界ではとある花を使う事でアンパンマンのように心を持つパンを作れるのだが
これが 作り手の意向で性別、性格、その他諸々を全て決める事ができる ようである。
そのもっとも顕著な例がメロンパンナの姉のロールパンナである。
バ「お友達を作ってあげようか?」
メ「ううん、お姉ちゃんが欲しい!」
妹より後に姉が生まれるって…、またロールパンナはばいきんまんの策略で愛と悪の二面性を持つキャラへとなってしまった。


MUGENにおけるアンパンマン

2種類のアンパンマンが確認されている。
+ ミス氏製作
+ 達(tachi)氏製作
アンパンマンの対戦動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3781999


   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、
  /   ⌒   ⌒  ヽ
  |      l _ l    |
  |   ::::::::)(_)(:::::::: |   ________
  |     ___   | /
  \    \_/   ノ < 許さないぞ!ばいきんまん!
    \____/    \________

「きゃー!」

「今確かに女の子の悲鳴がしたぞ!」


↑の台詞は達氏作アンパンマン2R時の勝利台詞である。これが対戦相手が女の子だったりすると 「お前がやったんだろうがwww」 と視聴者につっこまれがち。キノコ狩りの男と組ませると更に悲惨な状況に。

出場大会

削除済み

出演ストーリー




添付ファイル