ワーロック



「愚かな人間どもよ…

自らの手で滅びるがいい!」

型式番号 X-0
アーム フォースクロー
レッグ コマンドウォーカー
ウェポン 150mmバルカン砲(推定)
頭頂高 16.5m
総重量 39.8t
センサー有効半径 12150m
所属 コロニー連合軍

カプコンが開発した近未来ロボット格ゲー『サイバーボッツ』に登場するVA(ヴァリアント・アーマー)。
サイバーボッツではCPU専用のラスボスとして登場(ただし、ストーリーの展開によっては中ボスになったりする)。
後述する『パワードギア』でもボスとして登場した。


 連合軍によって作られた最凶最悪のVA(ヴァリアント・アーマー)。
 形式番号はX-O。
 連合軍が行った子供達を使った恐るべき生体実験より作り出された
 究極の頭脳「G.O.D.」をコアとして動く生体兵器。
 最終兵器を守る役目を持ち、その核でもある。
 既存のVAをはるかに超える凶悪な性能を持ち、
 ホバリング系ブーストも含めて機動性が非常に高い。

武装は大型クロー、ガトリングガン、ロケットパンチ、ワイヤークロー。
特に強力な技は、画面の半分を占めるほどの巨大な光輪を飛ばす「フォービトンフォース」。
(ブーメランのように戻ってくる。輪は2ヒットまで判定があり、手にも判定があるので最大3ヒット。空中可、ダウン追討ち可、真横と斜め45度に打ち分け可)
相手のエネルギー(体力ゲージ)を吸い取るコマ投げの「エナジードレイン」。
分身能力といった能力も持った、まさに非の打ち所の無い兵器。しかもウェポンゲージが表示されておらず、ウェポンは使いたい放題。
さらにホバータイプと同様のブースト性能でかなりの長時間滞空し、そこからA1によるロケットパンチ爆撃
(地面に着弾すると爆発が起こって更に足止めする)やフォービトンフォースで相手を固める等、まさにラスボスと呼ぶに相応しい性能。

とはいえ、基本的に立ち回りで圧倒するタイプの強さであって
理不尽な無敵判定や容易に大ダメージを与える連続技等といったものは持っていない為、
対CPU戦において正面からガチ勝負でも戦いがいがある、非常に良好なバランスとなっている。
(そもそも無敵はギガクラッシュと分身、サイバーEXの出際だけ、連続技は無いに等しい)
反面、AIが弱くなった家庭用移植版ではかなりあっさり倒せてしまったりもする。
ゲーム全体の傾向に洩れず、空中の相手に一気にダメージを与える術が無い辺りからしても、
そこまでルール破りの性能というわけでもない。

プレイヤー操作で使った場合、隙の大きなA2攻撃をチャージキャンセルするなどのテクニックが必要になるものの、
強力な飛び道具による固め、地上ブースト狩りの超範囲下段、家庭用版ではG・ヴァイスより吸い込むエナジードレインと強力な技で圧倒することが可能。
ただし、生半可な習熟度ではG・ヴァイスに劣る戦いしか出来ないのは変わらない。

本体の動きをトレースする分身を出す技「イミテーション」にはαとβがあり、
αは飛び道具が使えなくなる代わりに分身のモーションにも攻撃判定がついている鬼畜技、
βは分身が出るだけのフェイント技となっている。
どちらも一定時間経過もしくは攻撃を食らうと消えてしまう上、
向きが変わっても位置関係が変わらないので飛び越されると無力化する等、使いどころは難しいが、
αの分身による攻撃は本体がヒットバックしない為、連続でヒットする立ちA1を画面端の相手に当てると…

+ 余談(イミテーションのコマンドについて)

Warlockと書いて普通は「ウォーロック」と読むものだが、本作では「ワーロック」が正式名称。まぁ唯の発音違いなので突っ込むだけ野暮である。
ちなみにWarlockとはWitch(魔女)の男性形である。
(一部では「War Lock」つまり「戦争を封ずるもの」と訳す厨二作品もあるが、1978年『魔法の国が消えていく』以降の創作である)
デビロットの父親のデスサタンもなぜか乗っていたが、何、気にすることは無い
「機体色が黒く片腕にアイアンクローを持つラスボス」という事から、モチーフは「装甲騎兵ボトムズ外伝・青の騎士ベルゼルガ物語」に登場する『シャドウフレア』であると思われる。
(本作は他にも、ボトムズ本編ではただの1武器に過ぎなかった『パイルバンカー』を大きく取り上げており、格闘ゲーム界に与えた影響もそれなりに大きい)

+ 『パワードギア』のワーロック


MUGENにおけるワーロック

  • Kong氏製作 アレンジ仕様
MUGENではKong氏作のものが有名。
他のキャラ同様大幅なアレンジがなされており、AIレベルも3段階に調節可能
ちなみに以前のバージョンは、AIレベル:MEDIUMでも飛び道具、ケズリ無効の青ガードを多様するなど無茶苦茶な性能で、
エルクゥマスターギースにも勝ってしまう狂クラスの強さだった。
現在は、HARD以外わりと有情な性能に更新されている。

かなり勘違いしている人がいるようなので筆記するが、Kong氏作のワーロックに対して
「一戦目はAIが入らないから二戦目から本気」など言われているが、そんなことはなく一戦目からでも普通にAIは入る。
ただAIが入るのが極端に遅い場合があるのでそれがこのように言われているだけであろうと思われる。

MUGENのバグに分身があるが、ワーロックは元々分身する技(イミテーションα、β)を持っているためバグと勘違いされやすい。
見分け方は簡単、バグによる分身はその場で立ちモーションを取り続けるのみ。
ワーロックの技による分身は、ワーロック本体と同じように動き回る。

+ 大会ネタバレ注意

  • kuron氏製作 原作仕様
最近ではkuron氏の原作仕様も公開された。他と同様デフォルトでAIが搭載されている。
6Pカラー以外ではAIが常時起動するため操作したい場合は6P(Zボタン)で選ぼう。
だが原作性能といってもあくまでそれっぽく近づけた感じであり、一部のモーションが速かったり、繋がらないはずの技が繋がったりするため正確には「原作風」である。他に製作したキャラも一緒。
性能予想通りの凶悪な性能で、AIレベルを最大にすると
体力&ゲージ吸収のエナジードレインや発生保障のフォビドゥンフォースを自重しなくなるため
原作性能でナテルオ氏AIのジャスティスマスターギースいい勝負が出来る強さに達してしまう。
さらに7P以降のカラーではそれぞれ性能強化やゲージ自動回復などの強化がなされていきさらに凶悪な強さと化す。
どれくらい強いかと言うと神ベガや最高設定のマスター守矢B-Styleに勝てるほどであり、12Pでは上記のKong氏作AILvHARDと互角かそれ以上の実力。

また、10/29にはセルフアレンジとして「機皇帝ワーロック∞」が公開された。
こちらは全カラーが狂キャラなので注意。

今後の大会での活躍に期待したい。

+ 強化モード説明

  • FUJY氏製作
この他にもFUJY氏のものもあった。
FUJY氏のものはKong氏のものよりも原作に近いが、多少のアレンジが施されている。
現在は公開が中止されており入手不可。

出場大会

+ ...

出演ストーリー