アル・アジフ


「我が名はアル・アジフ! 世界最強の魔導書なり!」

ニトロプラスのPCゲーム『斬魔大聖デモンベイン』並びにPS2移植版『機神咆吼デモンベイン』の登場人物。
地味に間違いやすいが移植版は機神 『咆吼』 であり、 『咆哮』 ではないので注意されたし。翔吼』なんてのは問題外
声優は神田理江氏(斬魔大聖では「朝宮咲」名義)が担当している。
魔導書「 ネクロノミコン 」の原典「 キタブ・アル・アジフ 」の精霊で、千年を超える時を生きている。
12歳程の幼い少女の姿をしており、長い銀髪と翡翠色の瞳が特徴。性格は傲岸不遜。そしてツンデレ。

+ 「ネクロノミコン」並びに「キタブ・アル・アジフ」について

秘密結社「ブラックロッジ」の支配者、マスターテリオンとの戦いに敗れアーカムシティに逃げ込んだアルは、
ブラックロッジの襲撃から逃れる内、主人公の私立探偵・大十字九郎と出会って彼と契約する事になる。
当初はマスターテリオンとの戦いで自身のページを一部喪失していたために本来の力を出せなかったが、
九郎と共にアーカムシティに散らばったページによる怪事件の解決とページの回収に奔走し、徐々に力を取り戻していく。

なお、彼女が超必を使う際に出現するメカは、覇道財閥が開発した鬼械神「デモンベイン」。
(鬼械神=デウス・マキナ:魔力で動くロボットのような物。神の模造品とも呼ばれる超強力な兵器)
ゲームのタイトルにもなっている、本作品の主人公機である。

+ デモンベインについて(ネタバレ注意)

+ 旦那、大十字九郎について

ちなみに九郎をマギウス・スタイル(魔術師としての力を与えた状態)にすると、
アルは2頭身くらいのSD体型に変化し、声もよりロリっぽくなる(通称ちびアル)。
また、デモンベイン搭乗時には普段背中にある羽のようなパーツが「猫耳みたいな形状のヘルメット」になる。


+ 続編では…

ちなみに、恋するドラゴン曰く九郎との関係は 「無自覚なバカップル」 とのこと。お前が言えた口か、と言いたいが
アルにバカップル呼ばわりされて「バカップルにバカップル言われた」と返したら、アルにその自覚が皆無だった事へのツッコミなので…

余談だが、アル・アジフの主となったのは九郎が初めてではなく、公式にも数名かつてのマスター・オブ・ネクロノミコンが存在する。
(具体的にその活躍が描かれているのは、現段階では小説版の公式外伝のアズラッド、エドガーの二名。前者は『機神飛翔』にも登場する)
しかし、最強の魔導書たるアルのパートナーの悉くは、邪神の眷属や魔術師との対決の過程で命をすり減らし、それ故に死亡した。
相互に利用しあう関係でしかなかった為、「名実共に立派なパートナー」となったのは九郎が初めてである。

ちなみに九郎以外にもネクロノミコン原書の使い手としてSマートの日用品係がいる。
漫画『東方鈴奈庵』では古本屋に稀覯本として入荷した第一漢字写本を霧雨魔理沙が盗もうと目論んだ。

+ 「全ての可能性が集う場所」で…

2014年に放送されたアニメ『そにアニ』では、第9話にて主人公すーぱーそに子が大学祭のモデルの代打として
アルのコスプレをする場面があるが…… 中の人が中の人なだけに凄まじい格差になってしまった。
実はこのアニメよりも前に物凄くむっちむちにアレンジされたアルのフィギュアなんてのが販売されている


ニトロ+ロワイヤル』での性能

クリックで拡大
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6545512 http://www.nicovideo.jp/watch/sm5241233
自身に記された魔導書としての機能を駆使して戦う。
一応「原作で戦闘する組」ではあるが、アルはあくまで魔導書なので原作では自ら力を振るうことはなく
主たる九郎に力を与え、サポートするのが本来の役割であるため、格ゲー補正はかかっている。

飛び道具系の技が多いキャラ。二段ジャンプをもっている。
また、ダッシュがワープ系の性能となっており、発生後数フレームから終了直前くらいまで無敵。
前ダッシュで相手の裏に回りこむことが可能。画面端の相手にも回りこめる。

攻撃のリーチや判定は強いが連続技は苦手。中・遠距離を保って攻撃を当てていくキャラ。

+ 必殺技

+ 超必殺技

+ リーブアタック

+ ある意味必殺技

余談になるが、ニトロワのアルEDは色んな意味でヤバイ。
+ それがこちら

2015年稼働の『ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-』でも引き続きプレイヤーキャラとして登場。
こちらでは優秀な飛び道具と対空を駆使して戦う波動昇竜キャラになっている。


MUGENにおけるアル・アジフ

ゆ~とはる氏によって『ニトロ+ロワイヤル』のドットを使って製作されたアル・アジフが存在する。

中版ニトクリスの鏡→レムリア・インパクトや、レムリア・インパクトの追撃に「ジャンプ中→レムリア・インパクト」という原作にないコンボが可能な他、相手の位置や食らい判定にもよるが「レムリア・インパクトの追撃にレムリア・インパクトが直接入る」ため、「レムリア・インパクト×3」という強烈なコンボも成立する(補正はないのでほぼ即死)。
逆にアトラック=ナチャの起き攻めはMUGENではなかなか機能しない。
また、ニトクリスの鏡の判定は「上半身のみ」から「下段攻撃は取れない」ものになっている。
強版は更新により相手を引き寄せての乱舞技に仕様が変わったが、タッグ戦だと空振りしてしまう場面も。

特殊カラーとして12Pの金カラーが搭載されており、常時ライフ回復に加え、攻撃と防御が1.5倍になりゲジマユ状態になる他、→+強のダンセイニ召喚が必ず出るようになる。
また、2013年3月10日に『スパロボUX』参戦記念として大幅に更新され、『ニトロ+ロワイヤル』に存在しない九郎のボイスとカットインや 姫さんのパンモロアニメーション付き の「一撃必殺版レムリア・インパクト」が追加されるなど、演出や性能の変更が施されるアレンジモードを選択出来るようになった。

原作のデモシーンのセリフを流用して 1000を超えるキャラ に対しての特殊イントロを搭載している他、多種多彩な特殊やられに対応しており、チョイヤー氏の協力でバスターやられ、柊・竹・梅氏の協力によってミッドナイトブリスも追加されている。

キャラ本体にAIは搭載されていないがTizona氏によってAIパッチが製作され、多くの動画に登場している。
クトゥグアや中攻撃で牽制してバルザイの偃月刀で迎撃、といった堅実な戦い方でチーム戦の先鋒としての活躍が多い。
タッグ戦でもレムリア・インパクトの掌底部分以降が相手のパートナーにも当たり、ダンセイニも画面制圧力と往復する性能によるAI殺しとで威力を発揮している。

その他、Z.A.I.氏によって手描きのドット書き換えパッチも製作されている。効果は以下の通り。
2014年8月8日の更新で全カラーに対応したが、Miduki_actのAL07b.actとYu-toharu_actのAL1~3.actが特殊やられのパレットに対応していない不具合が確認されている。
気になる人は自己責任で修正しよう。
また、チョイヤー氏や柊・竹・梅氏の許可が下りなかったのか、バスターとブリスの画像は描き換えられていない。
レムリア・インパクト×2(4:06~) http://www.nicovideo.jp/watch/sm7310389 日輪の輝きついげきの昇華呪法でさらにダメージは加速した。
演出処理が生んだ奇跡である(9:00~) http://www.nicovideo.jp/watch/sm7165120

「渇かず(かつ)えず、無に還れ!」


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

プレイヤー操作