ロボロック

type-1「ぐぇん界まで…飛ばすずぇ!」

type-2「限界まで… ナンダッケ?


ロック・ハワードロボカイ化したようなy.y氏製作のMUGENオリジナルキャラ。type-1とtype-2が存在する。
両者ともに共通してシステムはGUILTY GEARの物であり、ロマキャンやサイクバースト、デッドアングルアタックなども使うことが出来る。
ダッシュの時や着地音は有名ロボットゲーム「アーマードコア」から来ているような気がする。


ロボロック type-1


無印ロボカイをインスパイアしており見た目こそロックなのだが、姿勢が悪い。歩くとずりずり擦り寄ってくるのが異様に怖い。
通常攻撃こそロックと同じ見た目なものの、必殺技からは手をミサイルにして飛ばしたりジェノサイドカッターしたり獅子戦吼をぶち込んだり
超必では「ロックバスター」というどこかで聞いたことがあるような名前の大砲をぶっぱなしたりなどロックのロの字も無くなる。
必殺技にハードエッジ、レイジラン・Type「ワープ」、超必にレイジングストームがあるのがまだ救いか。
そして何より、発音が悪い。壊れたラジオのような音声でロックおよびコピー技の元となった人物の声を発するのは戦う相手を不安にさせる効果がある、かもしれない。
7Pカラー以降はEXキャラクターとなっており、使える必殺技および超必殺技が変化する。「戦車だッ」はEXでしか使えない。
デフォAIが入っているため昔はそこそこ見れたのだが、昔のAIの中でもそんなに強いほうではなく、AIインフレには完全についていけずに姿を消してしまっていた。

しかし青村氏により新しいAIパッチが公開されたため、今後に期待である。

ロボロック type-2


現ロボカイをインスパイア、というか顔と基本ボイスがロボカイの物になってしまっている。登場イントロの変身シーンはジョジョ第5部でのドッピオ→ディアボロの変身を彷彿とさせる。
必殺技もロボ烈風拳、ロボコレダーロボレーンなど他人の技を使ってやりたい放題。

超必殺技は腹からマシンガンをだし"あの"ポーズを取りながら掃射する「肉片にしてくれるわッ!」、どうみてもインペリアルレイな「インペリアル紫外線照射装置」、
ロボカイと承太郎のを足して2で割ったような「オラな奴は何をやってもオラ」など、全体的にジョジョっぽい技が多い。
マインスプリンクラーをばら撒きながらロボレーンで逃げ、ハードエッジや烈風拳、コレダーでちくちくと攻めることでかなりいやらしい戦いに持ち込める。
デフォAIが入っておらず、昔の動画ではAI無しで戦う勇姿やプレイヤー操作の動画での姿を見るの普通であった。
しかし現在は、marktwo氏、pprn氏、jackpack氏がAIを公開している。
pprn氏AI

ネタ的には後者のほうが見栄えするのだが、性能的には前者のほうが幾分か強い。
どちらともタイムアップで負けると自爆してしまう。とくに後者の自爆の仕方は秀逸。

infoseek無料HPサービス終了に伴い、どちらも現在は入手不可。


実はtype-2のDLページがひっそりと生きていたのを2013/02/26に確認。ゲットしたい人はお早めに

出場大会

削除済み


ロボロックtype-1

ロボロックtype-2
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー