タメ技

概要

ガイルの「サマーソルトキック」や「ソニックブーム」などに代表される、レバーを一定時間以上ある方向に倒し続ける事でコマンドが成立する技のこと。
変わったケースではメガドライブ版餓狼1のギースの当て身投げに見られた「レバーを一定時間以上倒さない」というニュートラルタメなんてのもあった。
また、一部のシューティングゲームM・バイソンの「ターンパンチ」の様に、攻撃ボタンを押しっぱなしにする事で成立する技もある。

「溜め」と漢字で書く人もいるが記述の方では「タメ」と片仮名で表記されることが多い。
ちなみに「コマンド入力後にボタンを押しっぱなしにすると発生が遅れたり威力が上がったりすること」についても「溜め」と呼ばれるが
本項で挙げているタメ技は「コマンドの最初に溜める」のが基本のため、「ホールド技」と呼んで区別する人も居る。
この辺りはゲームや各人によって認識の分かれる所。

例えば「←タメ→+P」なら「←にタメてから→+P」と入力する。「←タメ→←→」なら「←にタメてから→←→」と入れる。
CAPCOM系ゲームの超必殺技に多い「↙タメ↘↙↗+ボタン」というコマンドは、そのレバーの動きから「三角タメ」と呼ばれる。

タメの方向は←か↓であることが多く(少数ながら→タメ↑タメも存在する。)、↙にタメていれば←にも↓にもタメていることになるため、↙にタメるのが基本だろう。
斜めは認めないと言う技もあったが
こうするとガードしながらコマンドを入力でき、すぐに切り返しやすいという利点も生まれる。
ジャンプ中やダウン中にタメることも可能で、前者はコンボ、後者はリバーサルに使うための要となる。
なお、これと似たようなケースに『ジョイメカファイト』では「←タメ↓」などのコマンドがある場合、大抵「↙タメ」でも代用できる(一部ちゃんと入力しないと出ないのもあるが)という仕様がある。

波動コマンド昇龍コマンドとは違い、格闘ゲームに触れたことの無い人にも若干分かりやすい面を持ち合わせている一方、
使いこなしていくとタメによる立ち回りの制限や、通常技からのキャンセルのしにくさなど、扱いの難しい面も見えてくる。
また、↙でタメて待ち続けるのは待ちガイル的な意味で嫌われやすい戦い方でもある。

CPUはコマンドを入力せずに技を出すことが出来るため、例えばガイルがこちらに向かって 歩きながら「サマーソルトキック」を撃ってくる、俗に「イカサマー」と呼ばれる現象 が発生する。
可能性など無かった。所詮人間だな…
なお最新の『V』では「フォートレスムーブ」なるしゃがみ歩きがガイル固有技として実装されたため、
一応歩きサマソはプレイヤーにも可能になった。ガイルのニュートラルしゃがみだから、ごめんね

現在では直前ガードやチェーンコンボなどの普及もあって、タメ技主体で戦うキャラは少なくなってしまった。
最近ではヴェノム廿楽冴姫あたりが代表格だろうか。奇しくもガチホモとガチレズ、いろいろ溜まっていそう、もといタメていそうな2人である。


MUGENでのタメ技

MUGENにも多くのタメ技が存在する。
そのコマンドの仕様として、hitpausetimeが0以上の値を返しているフレーム(ヒットストップ)や
pause、superpauseが実行されているフレーム(暗転の他、一時停止によく利用される)でもタメ時間が加算される。

また、サマーソルトキックのようにキー上要素が絡むタメ技は、
本体側の仕様によって非常に出しづらくなっていることがある。
このような時は、cmdファイルにある技の発動条件を探し、
(ctrl || stateno=40)でも出せるようにするといくらか出しやすくなることが多い。
また40番ステートのstatetypeがAになっている場合は、
statetype!=A && (ctrl || stateno=40)でも出せるようにするといいだろう。


一般的な格ゲーと同様にタメ時間を無視した動作をするAIも多いが、
最近では変数やステートなどの管理によりタメを再現しているAIも出てきている。


関連用語