ヒロ




「魔界粧・轟炎ッ!!」


 好きな物:魔族の誇り
 嫌いな物:英雄気取りの人間
 身長:156cm

アイディアファクトリー社のシミュレーションRPG『スペクトラルフォース』における元祖主人公にして、
ネバーランド関連シリーズの「看板娘」と呼べる存在。男っぽい名前だが何、気にすることはない
あと金色のライターを拾ったりはしない。

天界よりネバーランドへ降り立った三柱神の一柱・魔王ジャネスと、マリアという人間の間に生まれた半人半魔で、
魔王の血筋による強大な魔力を有し、魔族の冷酷さ(ツン)と人間の優しさ(デレ)を併せ持つ少女。
火炎魔法を得意とし、魔界より呼び寄せた炎で全てを焼き尽くす。通り名は「爆炎の申し子」。
魔力や戦士としての実力は世界最強クラスで、ネバーランド大戦期屈指の名将として名高い。
愛用の武器は、最高級魔剣の一つで斬った相手の魂を刈ることができる鎌「ゲート・オブ・ヘヴン」。
(ネバーランドの世界観では強大な力をもつ武器は、銃だろうが鎌だろうが「魔剣」と呼ばれるため誤字ではない)
象徴的な髑髏を模したような異形の腕(正確には左腕)は甲冑の一部や装飾品などではなく、
人間達による魔族への迫害の最中、友人を庇った際に切り落とされた腕を自身の魔力で再生させたもの。
必殺技使用の際、いわば銃口となる部位でもある。
身長は低めで揶揄されることもしばしば。

+ネバラン歴史上での活躍:フォース時代(第一次ネバーランド大戦)
父ジャネスが勇者シフォンに討たれたことで、魔王の威光によって危うい安定を保っていたネバーランド大陸は戦火に包まれる群雄割拠の時代を迎える。
残されたヒロは姉であるプラーナが雇った傭兵(忍者サトー・科学者チク・騎士ザキフォン)を率いて新生魔王軍として蜂起。
その戦争の最中、死亡した母マリアの体を使って神に作られた天使を自らの手で討つことになる。
その後勢力を伸ばすも、内包した旧魔王軍勢力が叛意を示し瓦解寸前となった所を、兄ジャドウによって壊滅させられる。
新生魔王軍の武将たちは散り散りとなり、首魁であったヒロはサトーと共に行方を眩ました。
その後東国ムロマチ(日本のような所)がシンバ帝国を旗揚げしてから暫く経って、サトーと共に亡命。
魔王軍との再戦で怨霊となりかけたジャドウをリトル・スノー(ジャドウの嫁、ヒロの親友、ロゼの母)の願いにより彼女共々、冥界に封印する。
(50年後ぐらいに、二人とも復活するが)
なお、ルートによってはジャドウ怨霊化の原因は、ヒロとジャドウの決闘中に、勇者シフォンが後ろからジャドウを刺すというものになる。
このシリーズの勇者(ポジション)はだいたいどれも(結果的に)ロクなことをしない。
シンバ帝国が大陸を統一してからも暫く籍を置いていたが、皇帝となったシンバの死後、魔族への迫害を強める帝国を見限り出奔。
北の地で眠りにつき、以後三十年以上もの間を永久凍土で過ごす。
十数年後が舞台の「ジェネレーションオブカオス」にも登場するが、こちらは正史に含まれていない。

+ソウルズ時代(天魔王封印~コア・エレメンタル争奪戦)
三十年後、世界の異変を察知し永久凍土より目覚めたヒロは、ネバーランドに召喚された異世界人アキラとその一行に協力して、天魔王ヴァ・アルドゥクの討伐戦に参加。
彼らと共に天魔王を討ち、戦いを終えた後白いヒヨコ虫シロと共に世界を巡り、今の時代に父の力が必要かどうか見定める旅に出る。
一年後、続く七年戦争では兄ジャドウの娘であるロゼが治めるネバーランド皇国軍に客将として力を貸す。
(ルート分岐によっては自軍を離反し、敗北後自害することもある)
この頃は、世界中で戦争が起こってた為、世界を平和にするには父ジャネスの力が必要だと考えていたが、
過去共に戦った仲間と一緒に行動している内に考えが変化し、
最終的には復活した父と自分の中から出てきた魔族寄りの思念体を倒し、決別している。

終戦後はローゼス解放軍代表であるリューンエルバ(女の子好き女教師)に誘われる。
自分の寿命(父と姉は4桁、兄は3桁の年齢)を考えて一度は断っているが、結局学園都市ヴァラノワールに在住(同棲?)している。
(ちなみに、この女教師も女神の転生体なので寿命は長い様である)
後の関係者曰く「毎日絡まれて大変みたい。ヒロ姉さまも半分楽しんでるみたいだけど」とのこと。
この時点で80歳ぐらい。立派なおばあちゃんな筈だが、なぜかそう呼ばれることは少ない。

七年戦争の15年後が舞台である作品、『ブレイジングソウルズ』には、EDのイラストには出るが本編は未登場。
イベント等が追加されたXBOX版ではジャドウが仲間になり、性格も丸くなった事もありヴァラノワールを訪れた際に、
「会っていかないのか?」とスノウに言われるがこれも断ったため出番はなかった。
そして、PSP版では人気キャラとしてヒロ、ロゼ、リューンエルバの追加が発表された。
……が、 シナリオなしのクローン だった。
しかも「倒せば仲間になるぞ」「何だそりゃ?」「まぁ、お約束と言う事で」という仲間の会話もあり、
「仲間になるだけ」と言う事を公式でネタにしていた。
客寄せパンダここに極まれりである。

この作品以降、歴史上の戦いに参加していないものと思われる。135年後の『フォースジェネシス』に、彼女と思わしきキャラが登場しているが、
現在では判別不可能である(ヒロがジェネシス数年前に行方不明にはなっているのは確か)。

普段は非常に強気(たまに殺伐)だが母親と対峙したときに「母様、ヒロは弱い子です。戦いはもう嫌」と言ったり、
リューンエルバに誘われたときに「変なこと言わないでよ」と言ったり、油断すると女言葉が出る。
恋愛については「私は大魔王の娘だから」「こう見えて結構な歳」と言う辺り、「好きだから身を引く」タイプ。
一応番外編的作品メイマイではヒロエンドが何故か搭載されているが、それもわりとあっさりめ。

(好きだ)
(フォルト…)
(大好きだよ)


ちなみに戦闘力は公式で決まっていなく、胸当ての為か年齢に関係なく作品によって異なる。もしかすると伸縮自在なのかもしれない。

『スペクトラルフォース』シリーズではトップクラスの武力と平均以上の知力を併せ持ち、
強力な専用必殺技も備える某SLGの関羽に比類する第一線級の優秀な武将。
さらに専用イベントも多数あり、非常に多くの優遇措置が与えられているものの、
一方で忠誠心が低いため引き抜きやすく寝返りやすいという特徴も備えている。

『ジェネレーションオブカオス』や『スペクトラルソウルズ』では眠りについた彼女を、隠しキャラとして仲間にする事が可能である。
GOCIVでもルートによっては異世界から召喚されたGOCI~IIIの主人公共々彼女を仲間にできる。
その際、ロゼエリル達は召喚直後にラスボスに術をかけられ操られた状態で主人公に襲いかかってくるのだが、
彼女だけはその術を簡単に跳ね返してしまってたりする。…まあ彼らより30も年上だしね。

上記の通り『アイディアファクトリーの看板娘』とだけあって、「とりあえずヒロがいるならゲームを買う」というというファンも多い。
メーカー側もその辺りが解っているのか、とりあえずヒロを出しておくのだ。
そして、「 クソゲーの常連 」と揶揄されるアイディアファクトリー作品の犠牲者を常につなぎとめている為、
S級戦犯 」「客寄せパンダ」と揶揄される事すらある。なまじデザインとキャラ設定自体は中々良いのが始末が悪い。

まぁ「デザイン・設定面は魅力的なのに…」という点はヒロのみではなく、このメーカーの作品全般にいえるのだが。
しかし、彼女のキャラが生まれた「スペクトラルフォース」は、そこまで悪くないゲームなので人気が出たのも納得せざるをえない。

参考(IF公式ネバーランド年表より参照)
年齢 登場作品(?)
9歳 スペクトラルタワー2(死神)
14歳 爆炎覚醒ネバーランド戦記ZERO
17歳~ スペクトラルフォース等
20歳~ スペクトラルフォース~愛しき邪悪~等
40歳 (ひきこもる)
50歳 ジェネレーションオブカオス等
54歳 ジェネレーションオブカオスIV
72歳 スペクトラルソウルズ
73歳 スペクトラルソウルズ2
98歳 ブレイジングソウルズ
221歳? スペクトラルフォースジェネシス

格闘ゲーム『スペクトラルVSジェネレーション』におけるヒロ


『スペクトラルフォース』シリーズと、その後世の『ジェネレーションオブカオス』シリーズの登場キャラが対峙する2D格ゲー『スペクトラルVSジェネレーション』にも主人公枠で出場。
歳も考えず 魅惑のヘソだしスタイルである。
飛び道具設置・対空・ワープと技は一通り揃っており、Cボタン攻撃の判定も強い。
空中の相手にC昇竜からいける永パ(通称 足コキ )もあり、キャラランクとしては上位に位置する。

開幕昇竜が当たると死ぬゲーム

いわゆる暴走キャラのヒロ2(魔粧覚醒ヒロ)もいるよ!


MUGENでのヒロ

IF氏が製作したものが存在する。現在は代理公開先のサイトが削除されており入手不可。
システムや必殺技関連を一通り実装しており再現性は高い。
弾き類似システムの「カオスブレーキング」や、特定の攻撃を当てたときに相手の動きを遅くさせる「時の封印」等も搭載されている。
特に、体力1/3以下・1ゲージ以上ある時に発動できる「爆炎覚醒」は、一定時間ゲージMAXにできるため非常に強力。
この爆炎覚醒は、原作と違い通常攻撃にガード崩しが付く効果がない(これは他スペジェネキャラも同じ仕様)。
さらにアレンジとして前述の魔粧覚醒版の超必殺技も搭載している。
また、AIも搭載されている。AIは飛び道具を使わず積極的に前に出る戦法を取り、小技からの超必や連続コンボを繰り出す。
この積極性が仇となって弾幕系とは相性が悪く、一方的にやられる展開にもなりやすい。
また、体力がなくなると前述の爆炎覚醒を使い、ヒットするまで3ゲージ技を連続使用する。
言うならあなたがッ 受け取るまで 超必をやめないッ!モードである。
しかも3ゲージ技は動作中完全無敵であるため、相手はじっとガードして嵐が過ぎるのを待つ他ない。
受け取ってしまったらクーリングオフはできません。合掌しましょう。技終了後も、残り時間があれば2発目が待っています。
しかし、3ゲージ技のラスト・ヘブンがロック系必殺技なために相手がアーマー持ちだと
初撃をヒットさせることができず、延々とダッシュを繰り返すお茶目さも。
なお、同氏の最新版ロゼにこの「何度も奥義」を封印し、ラスト・ヘブンの性能も変更されるパッチが付属されている。

また、ヒロのボイスをカオスウォーズ版にするパッチが公開された。
カオスウォーズ版のCVは、新世紀エヴァンゲリオンの惣流(式波)・アスカ・ラングレーや、
ストリートファイターZERO、EXの春麗等でおなじみの、宮村優子女史である。

1月22日に更新され、AIを導入すると前述の性能に変更されるようになった。


また、Azmix氏製によるAIも公開されている。こちらは細かい調整ができる仕様になっている。

さらに、通常必殺技をヒロ2っぽくするパッチも、ラルフォイ氏によって公開された。

こちらのAIも、さらには上記ボイスパッチに手を加えた本パッチ対応のボイスパッチまでAzmix氏が作成している。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9772964

さすが看板娘、愛されている。

マイナーながら緻密な世界観とキャラ設定でコアなファンは少なくないが、一般的な知名度はやはり低く、
且つこの作品群の大半がSLGで、格闘ゲームは上記の『スペクトラルVSジェネレーション』のみと接点が少ないため
MUGEN界での活躍の場はまだ少ないものの、
数少ない出演動画ではやたら濃い登場人物達に振り回されるポジションを与えられることが多く、
ニコMUGEN界隈では中々の知名度を得ており、視聴者からは「ヒロさん」と「で呼ばれている。
そんな中、気さくな喫茶店のマスターとして主人公達を見守っていたり、強敵としてシリアス回に出演したりと最近では重要な役所に付いているストーリー動画も存在する。


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み

出演ストーリー