イグニス

※どちらのイグニスをお探しですか?

1.SNK(プレイモア)の『THE KING OF FIGHTERS』シリーズのボスキャラ → 本項で記述
2.ニトロプラスのPCゲーム『塵骸魔京』のヒロインで、『ニトロ+ロワイヤル』に登場するキャラ → 最も気高き刃のイグニス

「ネスツ闇の支配者

     ――我こそ最強――

          見事超えてみせよ!」

格闘スタイル: 音巣対流拳(ネスツリュウケン)
出身地: ?
誕生日: 10月19日( 56歳
身長: 189cm
体重: 85kg
血液型: AB
趣味: UFOウォッチング
大切なもの: 神
好きな食べ物: 宇宙食
嫌いなもの: 神
得意スポーツ: 座禅

『THE KING OF FIGHTERS 2001』のラスボスにして、KOFネスツ編('99~2001)の最終ボス。
スペルは「Igniz」。CVは若本規夫。美形の青年に見えるが実年齢は56歳である。
秘密結社ネスツの本来の総統である父・ネスツを暗殺して組織を私物化、裏で糸を引いていた。
そして衛星軌道上にある直径2000m、高さ3000mという巨大な要塞衛星「エイダス」を本拠地とし、自らが 新世界の神 になろうとしていた。
実にとってつけたような身勝手な野望ではあるが、以下ネスツ編全体の一応の筋が通るように解釈した顛末を記しておく。


創設者・ネスツはもともと 「世界に新たな秩序を築く」 という明確な志をもとに自らの名を冠した秘密結社を造り上げ、フォクシーやダイアナといった古参の幹部はこうした目的に同調し、自らネスツに加入していた。
クローンや肉体強化といった科学技術はあくまでそのための戦力として研究されたものであり、オロチの力やそれを倒した草薙の力に目を付けたのも、本来はこれらの計画の一環であった。
イグニスは創始者ネスツの息子であり、組織の最高幹部の一名であった。

+ ところが…(ネタバレ注意)


外見的にはまさに美形の中の美形、名だたるSNK美形キャラも驚く端正な顔だちだが、
これは当時のプレイモアのスポンサーであった韓国のイオリス社から、
'''「『美形!』 『美形!』 『美形!』 と百回くらい言われた」'''ため。
韓国市場では美形キャラのニーズが高くそれ以外のキャラは軽視される傾向にあるかららしい韓国チームは泣いていい。
大プッシュの甲斐あってか、海外ファン受けは日本よりも良かったとか。

やたら良く動くこのマントは擬似生命体「イーリスランス」。
両腕に備え付けられている円盤には、同じく擬似生命体の「ガーリアン・ソード」が入ってある。
…そこ、スポーンのパクリとか言わない。あっちは夫婦だし。

言動といい設定といいかなり傲慢な性格の持ち主なのだが、声とその圧倒的な強さだけに評判は悪くない。
KOF2001はストーリー評価の低さが目立つが、イグニスの残したインパクトは大きい。
ちなみに原作のイグニス戦のBGM「我こそ最強」はKOF2001でも屈指の名曲とされている。
2002UMで登場した際のテーマ曲「Save the Universe」は最早格ゲーのBGMじゃなく
RPGかスパロボの大ボスかと錯覚するような壮大さを持ち、聴く価値は十分。



また左図のMAX超必殺技「ブルータルゴッドプロジェクト」の台詞、「望み通りに天から堕ちよ」が「天からお塩」に聞こえるため、
ところどころで「お塩」の呼び名を貰っている。
他にも空耳のバリエーションが豊富で、「バイエルン!(ファイエル!)」「まいうー(舞い降りよ)」
「お塩…(堕ちよ…)」「梨を得たとき死んでゆく(成し終えた時死んで往く)」等がある。
「お塩」に引きずられてるのか何なのか、食べ物関係が妙に目立つ。
オーラの色も白いので、冗談で「塩を撒いて攻撃している」と言われることも。
ちなみに「ファイエル」とはドイツ語のようであるが実際は『銀河英雄伝説』で帝国軍が砲撃の合図で「ファイエル」と言うところから引用したもの(帝国軍のロイエンタールのCVは若本)。
また、銀河英雄伝説での「ファイエル」は作者の田中芳樹による造語である。
ドイツ語の「撃て(発射)」の綴りは「Feuer」で、ネイティブの発音では「ホイヤッ!」または「フォイアー」などが近い。
(ちなみに動詞化して「Feuern(フォイエルン)」というのもある。はこっちかもしれない)

なお、プロフィールにも突っ込み所があり、大切なものに「」と設定されながら嫌いなものにも「」と設定されているので、大切なのか嫌いなのかハッキリしない。そして得意スポーツは「座禅」と設定されているのだがそれはどう考えてもスポーツではない

原作中の性能

KOFのラスボス兼ネスツ編のラスボスだけあって凄まじい性能を誇る。
最大の特徴はほぼ全ての 必殺技に相手の体に喰らい判定を残したまま浮かせる ことが出来、
そして更にほぼ全ての必殺技から必殺技にキャンセルが可能であると言う事。
つまり他の必殺技超必殺技等につないで 永久し放題 なのである。
例:チェーンブレイド トランスアキシャルスライス×n ( 波動拳コマンドを繰り返すだけ
実は彼の必殺技には終わり際に隙があるため本来ガード後は不利になるはずなのだが、
この狂ったシステムのおかげで見事に関係なくなってしまった。
唯一の救いはスカした場合はキャンセルがかけられないという事ぐらいだが、はっきり言ってそれが普通である。
ここまでの時点で既に狂っているが、これら永久の一番の問題は CPUが遠慮なく使ってくる という点。
まあ3~4回くらいで止めてくれるが、タクティカルオーダーシステムにより場合によっては即死、
そうでなくても大抵致命傷だしやばいことに何ら変わりは無い。

イグニスの代表的な技が「チェーンブレイド トランスアキシャル スライス」と「チェーンブレイド サジタルエッジ スライス」で、
両方ともチェーンを振り回す技だが前者は地上で振り回し、後者は飛び上がりながら振り回す。
どちらも非常に広範囲かつ凄まじい浮かし能力を持っており、上記の通りチェーンブレイドTは永久のパーツなので
イグニスと戦ったらチェーンブレイドしか出されてないのに負けていた、というのはよくある事である。
またチェーンブレイドSの方は着地後もチェーンの攻撃判定が長く残っているため、反撃しようとして逆に攻撃を喰らうことが非常に多い。

もう一つ代表的なのが「ネガ・ジェネシス」という技で、マントを振り下ろすだけという見た目は地味でリーチも短いが、
出が早く飛び道具反射能力+ クリティカルワイヤー判定 一撃ガードクラッシュ能力 があるというとんでもない性能を誇る。
しかし真に恐ろしいのは、この技から高確率で「ブルータル ゴッド プロジェクト」に繋げてくるという点である。
ヒットしていればワイヤーダメージなので普通に入り、ガードをしていても一撃ガードクラッシュからスパキャンで入れてくる。
要するに マントに触れると即死確定 である。ひどい。
ちなみにガークラの後、ブルータル~ではなくチェーンブレイドでキャンセルする時もあるが、そこから永久をしてきたりもするので結局一緒。
他にもCPUはこれまたワイヤー判定のある当て身「ヴォイド ジェノサイド」からも繋いで来るため、
ネガ・ジェネシスを嫌がり牽制や起き攻めで出した 小足 に対し的確に当て身を決められ(一応地上の通常技及び特殊技しか成立しない制約はある)、
そこからブルータル~を入れられてあっという間に死亡、という惨状は稼動初期からよく見られた。

また超必殺技「イーディアン・ブレイド」は画面上下まで全てに判定があり前進する複数の光の柱を出す技なのだが、
前転での回避が困難な上にガードされても有利で削りダメージも大きく、更に出がかりに長い無敵があり、
フルヒットさせると相手の体力を半分以上持っていく上、CPUはこの技を飛び込みや相手の技に対して超反応で出してくる。
加えてフルヒットしなければ喰らい判定が残るため、フルヒットしなかったらしなかったでちゃんと後述の技やブルータルで追撃を入れてくる。

この他、弾速も速いうえ超技すら貫通する 通常 飛び道具「ディバインアロー:エア」や、
下段判定なため動こうとして良く当たってしまう「ディバインアロー:グランド」、
これらの技も相手に喰らい判定を残すため、これからチェーンブレイドTにつなげてそのまま永久なんてことも可能(画面端で当てないと繋がらないが)。
特にエアは一見するとどこでも判定にも見えるような空中での追撃判定の高さが凶悪で、プレイヤーが連発すると数発連続でヒットする他、CPUも各種必殺技やイーディアンブレイドのワイヤーからの追撃として、ブルータル~と並びダメ押しに入れてくる事が多い。
そしてグランドの攻撃判定が広くなったような超必殺技「ケイオスタイド」など、
全ての必殺技が非常に強力。判定が強かったり出が早いのはもはや当たり前と言った感じである。

その恐るべき性能がこちら。適当に技を振るだけでこの有様である。

このように凄まじい技性能・超反応・永久を使ってくるラスボスであり、ネスツ編はおろかKOF史上でも屈指の強さを誇るボスである。
しかしやはりKOFの伝統と言うべきか、いくつかのパターンが存在するのでキャラによっては非常に簡単に勝ててしまう。
一番解りやすくかつ簡単なものは「 ダウンするスライディングをガードしない 」というもので、
チャンクーラだと起きあがりにスライディングを重ね続けるだけで勝ててしまう。
しかし逆に言えば、こういった楽なパターンを持たないキャラでイグニスに勝つのは非常に困難。
また、出の早い技を持ってるキャラならある程度はなれて小技出す→イグニスが反応して必殺技出す→前転で回避・反撃と言ったパターンで勝てない事は無い。
正攻法で戦っても勝つのはおそらく無理であろう。パターンなぞ使ってんじゃねぇ!

再登場した2002UMではしゃがみ動作や地上の通常技に新規のモーションが追加され、チェーンブレイドが根元でヒットしないと浮かなくなったりのサジタルエッジ スライスの無敵時間の減少など、ある程度の調整されたものの、
必殺技キャンセル必殺技や前述の永久が 削除されていない と理不尽さは変わらず。
さらに新たに搭載されたMAX2「ディスインテグレイショナル ユニバース」は、KOFスタッフをして「全キャラ中最強」と呼ぶ程の桁違いな大技...というより格ゲー全体を見通しても最強クラスの大技である。
+ ぼくのかんがえたさいきょうのちょうひっさつわざ
調整不足で強くなったのではなく、意図的に強くしたと考えるべきだろう。KOF2002UM公式サイトのナビゲーター・ネオジオ博士をして
「ネスツ編の最終ボスであるイグニスは、本作でもその絶対的な力を持って登場します。」というコメントや、MAX2の性能からそれが窺える。
家庭用では一応プレイヤー操作もできるが、かの大門が霞むほどのお手軽厨性能な強さのため対人戦での使用はお勧めしない。
一人用モードで息抜きとして使えるほどの性能である。あるいはノーダメージで勝利等の称号の解放には最適といえる。
だが2001と比べるとアルゴリズムが緩くなり永久も殆どしなくなった、ちょっと回り込めばチェーンブレイドをスカらせるのでそこから連続技なを入れるなりして簡単に倒すとができる。


「人は何かを成す為に生を受け、

          成し終えた時死んで往く」

勝利ポーズで登場するこの女性は、同じくネスツ最高幹部の一人・ミスティ(こっちのミスティみすちーではない)。
腹に一物を据えてネスツに参加しているが、正体は不明。飛賊の長である龍(ロン)とは協力関係にある。

MUGENにおけるイグニス

TightRiam氏製作のもの以外は原作に無い技やシステムを搭載するなど何かしらのアレンジが加えられている。

+ GONZO-氏製作 2001+アレンジ仕様
+ TightRiam氏製作 2001仕様
+ ONG氏製作 2001仕様
+ Archangel氏製作 2002UM+XI仕様
+ イルルヤンカシュ氏製作 2002UM+アレンジ仕様
+ 珍屋氏製作 アナザーイグニス
+ 熄 癈人氏制作 プルニス
+ PP氏製作 Igniz-Boss
+ (笑)氏製作 精霊サラマンド

他にも神イグニスや、海外で作られたハイパーイグニスなどの海外のキャラも存在している。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12979921

+ 実はこんなにあるイグニス改変

+ 大会ネタバレ

+ ニコニコMUGENでの扱い

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧

「我に拳を当てた事、褒めてやる」
※当ててなくても言います。