ケーブル



キャラクター紹介

マーベルコミックの人気アメコミ、『X-メン』『X-フォース』のキャラクター。
未来から来た謎の戦士で、本名はネイサン・クリストファー・チャールズ・サマーズもしくはネイサン・ディスプリング・アスカニサン。
ケーブルというのは偽名であり、現代と未来、この世界とパラレルワールドをつなぐ絆となるべくこの名前を名乗っている。

正体はサイクロップスジーン・グレイのクローンであるマデリーンとの息子。
時間旅行者に預けられて育ったため、彼の両親よりも年上となって現れた。
強力なサイキックパワーを持っているのだが、魔人アポカリプスによって肉体を機械化するテクノ・ウイルスに侵されており、
母親譲りの大変強力なサイキックパワーのほとんどをその進行の抑制に使っているため、戦闘は銃器等に頼っている。
が、本人は銃器の達人であるため、そんなに問題は無いらしい。
というかそのサイキックパワーを制限された状態ですら、
銃弾を弾くサイキックフィールドを張る・相手の思考を読む・相対した敵の脳を破裂させる・
自らの身体を念動力で浮遊させ飛行する・戦闘機部隊を一瞬にして爆発させる・国を一つ丸々念動力で浮遊させる、
さらにはMARVEL最強クラスのヒーローであるシルバーサーファーと互角に戦うといった芸当すら可能である。
しかしながら、それでも基本的に銃器を多用する理由として
本人の趣味嗜好以外に、能力をあまり他人に知られたくないといった事情や
使用できる能力に制限があるため、ギリギリまで節約するといった理由があるようだ。

加えて前述のテクノ・ウィルスに感染した左腕は様々な電子機器・無機物に干渉する能力を備えており
この左腕でコンピューターにクラッキングを仕掛けたりタイムマシンを操作したりも出来る。
父親からの遺伝で、左目から制御可能なオプティックブラストを撃ったりもできる。
ここぞというときには、ウィルス侵食の危険を顧みずサイキックパワーを発動し凄まじい力を発揮するため、事実上最強のミュータントである。

ちなみにそのサイキックパワーをフルに活用した場合、かなり限定的だが現実改変能力が発揮可能なようで
オンスロート戦で大量に死亡してしまったヒーローを蘇生させようとしたり(結局失敗したが)
無から有を作り出したり、といったことも可能なようだ。

また他に一風変わった能力として精神接続(訳者によっては思念接続とも)と呼ばれる能力があり
他人の能力を操ったり、自らの能力として間借りしたり、接続した相手の能力を増幅させて使用するといったことも出来る。
これは借りる相手が気絶していても有効で、さらにケーブルにとって負担も少ないようでかなり多様されている。

あと、赤いアイツと『普通に仲がいい』。 一方的に絡んでるだけ 『普通じゃなく仲がいい』アイツの交友関係の中で、これは特筆すべき事項。何故。
しかもデッドプールとコンビを組んでいる際、ボケはケーブルでデッドプールがツッコミというおよそ信じられない間柄である。
ちなみにケーブル&デッドプール第二話のやりとりがこちら↓
デッドプール「blow my mind(驚いたぜ)!ケーブル、何でアンタがこんな所にいるn」
ケーブル(デッドプールの頭を吹き飛ばしながら)「blow mind(精神を破裂させろ)って言ったのはお前だろ?」

…うん、ケーブルも十分に頭がおかしい。ちなみに当然数ページ後にはデッドプールも復活してきます。

性格としては育った環境故か、かなりドライな性格であり、デッドプールとの活躍を描いたケーブル&デッドプール誌で
別々の仕事を請けおったためにデッドプールと敵対することになったのだが、この時点で既に友人と言っていい間柄だったにも関わらず、
戦場で出会った瞬間にその頭を吹き飛ばしている。2ページ後に復活したけど。
他にも、長い逃亡生活故に弱音を吐く娘のホープに逆に厳しい言葉を投げかけるなど、ウルヴァリン達以上にヒーローというより兵士としての側面が強い。
しかし一方でピンチに陥っているデッドプールに未来から武器を送ったり、
ホープが欲しがっていた女の子向けの小物セットを極限状態の中で手に入れてプレゼントするなど不器用な優しさを持つ面もある。

現代でアポカリプスに対抗する傭兵チーム「シックスバック」に所属した後、
X-MENの下部組織の少年チーム「ニューミュータンツ」のリーダーになり、後にチーム名を「Xフォース」に改める。
恋あり友情ありの少年少女の学園チーム物をバリバリのヒーローコミックに変えた張本人。
「メシア・コンプレックス」事件にて、自らの未来でアポカリプスに対する抵抗軍を率いてミュータント・人間双方の救世主となり、
長く続いたミュータント差別を終わらせることになる赤ん坊をビショップから守り抜き
(その子はビショップの未来では極悪人に育つらしく、ビショップは己の未来を守るためにその子の命を狙ってケーブルと戦った)
その子にホープ(希望)と名付け、最終的に成長したホープとともに現代に戻ってきた。
ちなみにその子は女の子で育ての親と同じように未来の銃火器を中心に戦う。そしてかわいい。

+ 希望

+ 帰還後の運命


補足

彼に限った事ではないが、原作付きのゲームにおいては原作との「齟齬」をきたしてしまうことが多い。
(詳細は「格ゲー補正」を参照)

『MVC2』でのケーブルの見た目は若者っぽいが、原作やアニメなどでは筋肉隆々の年上の姿で描かれており、
どことなくアーノルド・シュワルツェネッガー似である。
ちなみにアニメの吹き替えでは、そのシュワちゃん役でおなじみの玄田哲章氏が声を担当したことがある。

ビーム脳(後述)でもなければ、まして年がら年中テクノ・ウイルスに苦しんでいるようなひ弱な「病人」などでは断じてない。

アポカリプスに治療を持ちかけられた時も「自分の体の面倒ぐらい見れるぜ」と断っており、
病人と言うより持病を強靭な精神力でねじ伏せる病人。

ついでに、現在テクノウィルスが完治してしまったので、日本の格ゲーマーが思い浮かべるケーブルの要素
「ビーム脳」「片手が機械」「近未来病人」は全部原作に該当しない。

原作のファンの中には、ケーブルが「ビーム脳」「近未来病人」と扱われているのを見て、
好ましからざる気持ちを抱く人もいる事を忘れてはいけない。
どうせすぐ近未来病人に戻るから心配ないとか言っちゃダメ


ゲーム性能



 「バイパービーム♪ バイパービーム♪」

「ハイパー♪バイパービーム♪」

格闘ゲームでは『MARVEL VS CAPCOM 2』に出演。
バランスが世紀末なこのゲームの中でも四強と恐れられているが、他のメンバーと違いコンボは苦手。
攻撃力も防御力も並、身体が大きく動きも鈍い。空を飛んだりも出来ない。
では何が強いのか?ハイパーコンボ「ハイパーバイパー(HVB)」が強いのである。詳しくはここを参照のこと。
親父のビームはまっすぐだが、彼のビームはなぜかねじれててすごく避け辛い、卑怯とかいうな。
ちなみにバイパーとは毒蛇の事。だからねじれてるのね……って、納得できるかい。

強キャラ達の大半を苦手とするものの、四強の一人であるセンチネルに対して非常に相性がいいこと、
アシストでも使える高性能対空「シミター」の力もあって四強なのだろう。
ゲージが無いと弱いのだが、マヴカプのゲージは最高5ゲージであり、それに合わせるようにゲージも溜まりやすい。
気をつけておけば、そう簡単にゲージ切れを起こすことも無い。先鋒で使う場合は別だが。

このゲームにおける最高のチキンとはケーブルのことであり、ケーブルに対するチキンは最高の褒め言葉である。
何故か?それは彼のメイン戦法が格ゲー史上稀に見る超ガン逃げだからである。もはや「チキン」が戦闘スタイルとなっている。
強Pで弾幕を張り逃げる。弱バイパーで隙を覗いつつ相手の飛び道具をかき消しながら戦略的撤退
飛び込まれたらとっさにこいつこいつをアシストで出し切り返し、または盾にしエスケープ
それもこれもすべてはHVBによる1発逆転を狙うためである。5発HVB撃ったとか言わない。
ゲージ残量がMAXかつ相手が不用意にアシストを出したとき、ケーブルの真価は発揮されるのだ。

参考動画

ラスボスアビス第三形態も、ゲージのある彼にかかれば瞬殺である。
ハイパーアーマーに多段ヒットの高威力飛び道具。ダメージレベルがデフォルトなのにHVB1発でアビスの体力は軽く7割は消し飛ぶであろう。
もはやカモ。アビスはきっと出るゲームを間違えたのだろう。南無。
病人の身で戦いとは感心しませんな。格ゲーの病人どいつもこいつもやんちゃで困る。


MUGENにおけるケーブル

  • Cloudius氏製
基本的に原作再現。デフォルトAIは搭載されていない。
かつてはプレイヤー操作での出番がメインで、ガン逃げ戦法、シミター空振り→空中ハイパーバイパーのコンボなど、
ケーブルの基本に忠実な戦法で強さを見せ付けてくれる。
ずるいとか言うな!AI殺しに頼るのも立派な戦法の一つなんだぞ!

ゲジマユ用に作られたAIが存在したが現在は公開されていない。
作者曰くゲジマユだと即死コンになるため自重してた行動も解禁しているとのこと。
他にも色々修正されているらしく、簡易AIにもかかわらず通常状態でもかなり強い。
近寄る相手をシミターやアドバンシングガードで突き飛ばして強Pとバイパービームで固め、
反撃しようとすれば超反応で低空ハイパーバイパーを決める様はまさに地獄絵図。

+ 大会ネタバレ
うんこマン氏による改変パッチが存在したが現在は公開されていない。
こちらのパッチを適用するとセンチコレダーという最強アシストも搭載されるため、原作でのスーパーチキン戦法も可能になる。
ちなみにボイススネークこと大塚明夫氏になるボイスパッチも搭載。
ボイス元はナムカプに出演した「ロストワールド」の超戦士(1P)のものだと思われる。ある意味惜しい。
何故か地上ハイパーバイパーの発生が異常に早い。(5+4F、弱攻撃からですら繋がる)
ただ、硬直は原作と同程度で非常に大きいので、ガードされれば反確なのはもちろん、
地上で(HVP×n)という世紀末コンボはできないので空中HVPよりはいくらか有情と言える。
(一方の空中版は7+1Fなので3+1Fの原作と比べて微妙に遅い。それでも十分優秀だが。)

ikuiku氏によるうんこマン氏によるパッチ適用したものに対応した外部AIが公開されている。
コンセプトは様々な階級で戦えるようにでありアシスタントのON、OFFによってかなり強さが変わる。
レベル1にいたってはビームどころか武器すら使わず殴りまくるといったかなり異色な光景が見れる。
ちなみにレベル5ではアシスト無しでもマスターギースに勝てる。
ひたすら距離を取りながらバイパービームで翻弄し、ゲージがあればハイパーバイパーを連発するのでまさに原作のような鬼畜戦法が見られることだろう。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16429951

  • kong氏製
デフォルトAIが搭載されておりガン逃げならぬガン攻めになっている。
ビームはほとんど使わず男らしく突っ込んでいくケーブルを見ると、
ビーム脳という先入観を持っている人はちょっと違和感を覚えるかもしれない。
しかしながらkong氏AIの定番としてそれなりには強く、先述のようにケーブルは本来はオールマイティに強いミュータントであり
バイパーしか能がないということは決してない ので、キャラ設定的にはバイパー頼りよりも正しいと言える。
なお、このケーブルの空中ハイパーバイパーはただ空中で地上版を撃つだけなので上記のようなチート性能は無い。
またダメージも大幅に低くなっているため、実際のところビームに頼った戦法がそこまで強力というわけでもない。

Cloudius氏のものにくらべるとこちらのキャラのほうが入手が容易なこと、
自重しまくっているおかげで程よい強さに収まっていることなどから、動画での出番も多い。
しかしビーム脳という印象が先走ってしまっているために凶~狂クラスの動画に無理に引っ張り出された挙句ボコられることも少なくない。

+ 大会ネタバレ注意

また、『エイジ・オブ・アポカリプス』世界の同一存在であるネイト・グレイ(別名X-マン)も製作されている。

  • Ethan Lives氏製「Heavy Strike」
Brazil Mugen Teamが製作している改造キャラたち「Special Operations」の一体。
ケーブルを素体にしたキャラで、ヒゲのおっさんになっている。また、カラーによってはタイツ部分が肌色になりガチムチの変質者のおっさんと化す。
性能はケーブルと同じく重火器がメインで、ファイアーモード・エレクトリックモード・プラズマモードを切り替える事で技が変化する。
それぞれに多数の必殺技が搭載されている。
デフォルトAIが搭載されている。

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー


プレイヤー操作


関連項目:ビーム脳