※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【笑顔】


涙は哀しいとき以外にも流れるのだということを、知った。

「譲くん・・・どうしたの?」
「俺は、悔しいんです。先輩を守れるのが俺だけじゃないことが。
 たとえ俺がいなくなっても、他の誰かが先輩を守れる。
 どうして俺だけに与えられた使命じゃなかったんだ・・・・!」

悔しくて悔しくて。
溢れる感情が止まらない。

そんな俺を見る先輩は優しい目をしていた。
まるでそっと包み込んでくれるような。

先輩が俺に一歩ずつ近づいてくる。

「あのね、譲くん。私は誰にも守ってほしいなんて思ってない。
 ただ守られるだけのお姫様なんて嫌なの」

落ち着いた声色。
俺から視線を外さない。

「だけどっ・・・・俺は貴女を守りたいん・・・」
「私も譲くんを守るよ。
 譲くんだって、見てるとけっこう冷や冷やしちゃうんだから」

にこっと笑って先輩は続ける。

「私が弱いところを見せられるのは譲くんだけなんだよ?
 君が守ってくれなくて誰が守ってくれるっていうの?」

と言いながら、人差し指で俺の額をつんっと突く。

「だから。泣かないの。ね?」
「・・・・はい」

先輩の優しさと想いに。
思わず涙が流れそうになったけれど。
先輩が笑っているから。俺も笑おう。


上手く手のひらで転がされている譲です(笑)
これを書いたときは、ヒロインが泣いてるのばっかり書いてたので、その反動でこんなSSになった気がします。
先輩らしく、ね。

何かありましたら、以下からどうぞ。
#commnet