※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【ただの私】


ただ・・・・ただ、今は何も考えたくないの。
龍神の神子って何?・・・私は、誰?

「おやすみ、あかねちゃん」

「じゃあな。あかね」

そう言って、詩紋くんと天真くんが自室へと戻っていく。

「うん!おやすみ、二人とも」

笑顔で手まで振ってみた。・・・ちゃんと笑えてたかな?
今日もいつものように、怨霊を退治して、札を集めて・・・。
怨霊たちの苦痛に歪んだ顔を、悲痛な叫びを・・・忘れることはないだろう。

「今日も疲れた・・・なぁ・・・」

ぼそっと呟いた。
誰にも吐いたことのない弱音。
誰も聞いてるはずがないと。・・・思っていたのに。

「どうしたんだい?神子殿らしくないね」

・・・え?どうして・・・友雅さんの声が??
っていうか!聞かれた!?

「と、友雅さん?どこにい・・・」

私の問いは全部は言葉にならなかった。
友雅さんの香が強くなったと思った瞬間。
後ろから。力強い腕に抱きしめられていた。

「こんなに華奢な体で。頑張っていたんだね・・・」

ちょうど肩のあたりに顔があって、いつになく真剣な声が耳元に囁かれる。

「ちょ・・・離してください!」

思わず体を預けてしまいそうになる優しい腕の中で。
必死で自分を保とうとした。
・・・・弱いところなんて見せたくないから。
だけど。

「・・・離さない。だって、君は本当は誰かに寄りかかりたいのだろう?
 その相手が私じゃ不満かな?」

もう何も言えなかった。
涙だけが頬を伝う。
今だけは。ただの私でいていいですか?


個人的にはけっこう好きな話です(自分で言うな)
後ろから抱きしめられるなら、友雅さんがいい!と思ったのです。
いいよね!30代!

何かありましたら、以下からどうぞ。
名前:
コメント: