※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【隣を歩けたら】


「あなたの世界では、こういう服を着てるんですね」

学ランに身を包んだ彰紋さん。
うん・・・やっぱり似合う。
彰紋さんの髪色が、学ランの黒によく映える。
この世界じゃなかったら・・・隣で歩けたのかな。

「首元が少し窮屈ですけど・・・何だか身が引き締まるような気がします」

「実際は、そこまできっちり着てる人は少ないんですよ。
 ふふ・・・彰紋さんらしいです」

きっちり上のボタンまで閉めている姿は、本当に凛々しいと思う。

「そうでしょうか・・・?
 でも、あなたがそう言ってくれるなら・・・僕も嬉しく思います」

少し照れたように笑いながら彰紋さんは言う。

「そういえば・・・・
 私たちの世界では、卒業するときに、
 その制服の第2ボタンを想いを寄せる人に渡す・・・
 という風習があるんですよ」

「それは興味深いですね。
 だけど・・・残念です。
 この制服は借り物ですから・・・・」

「・・・え?」

彰紋さんの顔が近くなり・・・・
ふわりと額に触れた、柔らかな感触。

「ボタンの代わりに・・・僕の想い、伝わりましたか・・・?」

「・・・は、い・・」

もうそれしか言えなくて。
ボタンよりも・・・嬉しい。
私も彰紋さんも、きっと顔が真っ赤に違いない。


もし現代に一緒に帰れたら・・・
そんな空想を繰り広げるのは簡単だ。
今はまだ言わない。
だけど、それを言葉にしていいときがきたら。
・・・伝えたい。

・・・・私の隣を歩いてくれますか・・・?



彰紋さんが着るなら、学ランかな?と思って、書きました。
ブレザーっていう感じでもなさそうだし。
でこちゅーにしたのは、彰紋さんの歌が意外とエロいことに
気付いたからです(笑)

何かありましたら、以下からどうぞ。
  • やりたい -- くるみいく (2008-03-28 16:06:56)
名前:
コメント: