※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【特別な日】




「…どうしたんですか、先輩」

今日は、譲くんの誕生日。
何を用意したらいいのか…何ヶ月も前から散々考えて。
結局、無難なものになっちゃった。
それでもいいかと思って、放課後、譲くんの教室まで来たのはいいけれど…

「えと、今日は、譲くんの誕生日…でしょ?
 良かったら、一緒に帰らない…?」

意を決して、私は譲くんにそう告げた。
しかし、譲くんは…とぼけた顔でこう言ったのだ。

「…誕生日? あぁ…それで、プレゼントが…
 いえ、あの…俺、今日が自分の誕生日だってこと忘れていたんです」

…そんなことだろうと思ったけど。
譲くん、ずっと忙しそうだったし。
でも、今…プレゼントって言った?

「だから、女の子がプレゼントを持ってきていたんですね…
 俺、貰う理由が分からなかったので、全部断っていたんです。
 …悪い事をしてしまったかな」

そんなに申し訳無さそうな顔をさせているのは、私じゃない。
でも、他の誰かのために、そんな顔をしているのも嫌。

「譲くん…」

「あぁ、すみません。気にしないでくださいね。
 先輩…一緒に帰ってくれるんですか?俺と」

…意外に天然だったんだ、譲くん。
…ってそんな事言ってる場合じゃない!
譲くん、モテるし…他の子の事なんか構ってられないよ。

「うん。譲くんと一緒に帰りたい。
 …私でいい?」

「もちろんです…俺も、先輩がいいって思ってましたから。
 じゃあ、すぐに準備してきますね」

さらっとスゴイ事を言って、鞄を取りに行く譲くん。
譲くんと二人で帰るなんて、初めて…じゃないかな。
いつもは、将臣くんと一緒だったし…
急に緊張してきた…どうしよう。

そんな事をごちゃごちゃ考えてる間に、譲くんが戻ってきた。

「お待たせしました、先輩。…先輩?
どうしたんですか、そんなに顔を赤くして。熱でもあるんですか…?」

「違う違う!大丈夫だから!」

首をブンブン振って、必死で否定する私。
だって、大人しく家まで帰る気なんてないんだもの。

「それならいいんですが…じゃあ、帰りましょうか」

譲くんは少しも照れた顔せずに歩き出すから、
何とも思ってないのかなって少しだけ不安になる。
でも…今日は、頑張るって決めたんだ。

「今日は、少しだけ寄り道していかない?
 ね…いいでしょ?」

歩みを止めて、そう誘い出す。
心臓の高なりが止まらない。
だけど…今日でなくちゃ意味がないから。
「ええ、構いませんが…何かあるんですか?」

「たまには、ね。二人で寄り道っていうのもいいじゃない?
 ほら、あの公園に行こうよ!」

「…えっ、先輩…?」

驚いたような譲くんの声を聞きながら、
私は彼の手を取って走り出す。
…恥ずかしいから、顔を見られたくないだけ。
この手の震えがどうか伝わっていませんように。

「昔は、よく遊んだよね。公園で3人でさ。
 ふふ…懐かしい」

「将臣くんと私が無茶ばっかりするから、
 譲くんの怒った顔しか見てなかった気がするなあ」

「それは…」

早く…早く。急かすのは私の鼓動。
心の扉を開けて、と。

「誕生日おめでとう…譲くん。
 今日は、どうしても二人でいたかったの。
 私からのプレゼント、受け取ってくれるかな…?」

「…っ…」

譲くんの口から言葉が発せられるのが怖くて。
矢継ぎ早に私は言葉を紡いだ。

「あのね…それで…えっと。
 私……」

「待ってください、先輩。
俺の話を聞いてくれませんか?」

「え…?」

「子どもの頃、兄さんと先輩が無茶するのを見ていて…
 …俺は、羨ましかったんです。
 兄さんは、先輩を楽しませることができる。
俺はこんな性格だから、先輩を心配することしかできなくて。
だけど、俺にも負けたくないものがあるんです。
ずっと…先輩の事が好きです。兄さんには譲れない。
だから、先輩からのプレゼントを断るわけがないでしょう?
嬉しいです…俺」

「……」

突然の事に、何を言っていいか分からない。
えっと…好きって言った?
譲くんが私の事を…?
…本当、に…?

「…先輩?」

言葉がない私を気遣う声。
顔なんて、まともに見れないけど。
私も伝えたい想いがある。
他でもないあなたに。だから、ちゃんとしなくちゃ。
私の瞳に映るは、愛しいその人。

「…私ね、譲くんの事が好きだよ。
 将臣くんと比べた事なんてない。
 だって、比べるまでもないんだもん。
 私は…ずっと、譲くんだけだよ」

い、言えた…?
…良かっ…

「え…」

身体が力強い腕に絡め取られた。
心地よい鼓動の音が聴こえる。
…そっか。私だけじゃなかったんだ。

「今日、俺にとって最高の日になりました。
 ありがとうございます、先輩」


今日は、特別な日。
あなたが生まれてきたことに心から感謝するの。
そして…二人が始まった日。
これからも、二人で祝おうね。
大事な日だから。





お待たせしました…譲の誕生日SS(だったもの)です(苦笑)
私、プロットとか書かない人なんで、
書きかけの状態で置いてあると、どうしたかったのか理解できません。
なので、これも最初に思い描いていた結末とは違うかも。
けど…まあ、彼が幸せならいいんじゃないでしょうか。
誕生日だしね!

そんなわけで、何かありましたら、以下からどうぞ。

名前:
コメント: