※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


夏の幻


部屋の窓の向こうに 面接官が何人?
今日起きてから君のことばかり考えてた
些細なことで戸惑って不安定で無防備な
あの頃のようにすぐに切り替えて次いけたらいいのにね

近づいてくる面接の時は
痛みを伴いながら足音をたてる
考えすぎて深みにはまる
「自己PR」「志望動機」辛いなぁ

僕の面接 メール開けて一番最初に「お祈り」ほらきたよ
いつか終わるこの就活に ただこみ上げる気持ち抱いた
世界は広くエリートだらけ溢れてて自分さえ見失いそう
だけど僕は働いてゆきたいから
とまどいながらでもいい「内定」連絡頂戴ね